カテゴリー「映画の感想--ヤ行」の1件の投稿

2005/07/24

やさしい嘘(Depuis qu'Otar est parti...) ★★★★

やさしい嘘 デラックス版
製作:2004年フランス/ベルギー
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
ジャンル:ドラマ

出演:エステール・ゴランタン、ニノ・ホマスリゼ、ディナーラ・ドルカーロワ、テムール・カランダーゼ 他


【STORY】 グルジアの首都トビリシに暮す、エカおばあちゃんの楽しみはパリに住む息子オタールから届く便り。生活は楽ではなかったが、エカおばあちゃんと娘のマリーナ、孫娘のアダの3人で平穏に暮らしていた。 そんなある日、パリからオタールが事故に遭い亡くなったと知らせを受けるマリーナ。おばあちゃんに真実を言えないマリーナとアダは…。
-------------------------------------

CSの映画情報番組で宣伝されている時に、「見たいな~」と思っていた作品です。前知識なしで見たので、どこが舞台なのか、どんな時代設定なのか一切分からない状態で見ました。フランス語と何語を話してるんだろう。全然分からなかった。

「レーニンの頃は・・・」とお婆ちゃんが話していたのでロシアかなぁと思っていたら、1991年にソ連から独立した”グルジア”という国が舞台でした。

続きを読む "やさしい嘘(Depuis qu'Otar est parti...) ★★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)