カテゴリー「映画の感想--ハ行」の34件の投稿

2008/08/18

【映画】ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor

制作:2008年アメリカ  監督:ロブ・コーエン
出演:ブレンダン・フレイザー、マリア・ベロ、ルーク・フォード、ジョン・ハナ、ジェット・リー、ミシェル・ヨー 他

【STORY】1946年、ロンドンで幸せに暮らすリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ“シャングリラの眼”を上海の博物館へ戻しに行く、という任務を外務省から託される。すると現地には、ハーバード大学に留学しているはずの息子アレックスがいた。実は彼は、2000年前の皇帝陵を発掘する大偉業を成し遂げていたのだった。しかし、一家がその皇帝のミイラを見に博物館を訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が“シャングリラの眼”を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう…。(allcinemaより)
---------------------

3回観てから書く予定でしたが、3回目をいつ観られるか分からないので感想書いちゃいます。(あと、最低3回は観るんだよ~heart02)。

「奥さん役がレイチェル・ワイズじゃない」とか、「舞台がエジプトじゃない」とか、「息子が老け過ぎ」とか、「監督がS・ソマーズじゃない」とか、様々なマイナス要素を抱えている本作ですが、しかも北米では「やっちまった感」がメチャクチャ出まくっている作品ですが、がsign03

2003年以降にブレンのファンになった私としては、「大画面でブレンダンがいっぱい観られるなんて、それだけで超うれし~~heart04」なので、まともな感想になる訳がない。はい、まともな感想を読みたい人は他所へ行ってください。

続きを読む "【映画】ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008/06/09

【DVD】パンズ・ラビリンス(2006)

パンズ・ラビリンス 通常版
今年観た映画作品の中で、1番になってしまいました。この映画、評判通り凄かった…。日本で放映されていたTVスポットを鵜呑みにして、ただのダーク・ファンタジーだと思って観たら、カウンターパンチを食らいます。これは出来ることなら劇場に観に行きたかった。こんな片田舎じゃ上映してなかったもんなぁ。

言葉ではとても言い表せないほど、ダークで切なくて、そして美しい物語。ファンタジーというジャンルでは片づけられない、衝撃的なラストに観終わった後、しばらく涙が止まらなくて、自分でも驚きました。

ファンタジー映画だからといって、子供と一緒に観賞なんてことおススメしません。小さい子供は、この映画観ちゃいけないよ。

続きを読む "【DVD】パンズ・ラビリンス(2006)"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/10/20

ヘアスプレー(Hairspray)

製作:2007年アメリカ 監督:アダム・シャンクマン
出演:ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ニッキー・ブロンスキー 他

【STORY】1962年ボルチモア。ダンスとオシャレが大好きでちょっと太めな女の子トレーシー。彼女は、“コーニー・コリンズ・ショー”に出演することを夢見ていた。
-------------------------------------

Hairspray
片道2時間、走行距離80kmかけて、『ヘアスプレー』が上映されている映画館まで観に行ってきやがりました。私、ゴールド免許の優良ドライバーですが、出不精と方向音痴なもので片道30km以上の運転をするのは生まれて初めて(笑)。好きなもののチカラってスゴいわ!!

2時間かけて観に行った甲斐がありました。もー、大満足です。この作品の楽曲が大好きなので曲順に簡単な感想をば。以下、ネタバレガンガン含みますので、これからご覧になる方はご注意くださいませ。

続きを読む "ヘアスプレー(Hairspray)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

【映画】ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習/BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN

製作:2006年アメリカ  監督:ラリー・チャールズ
出演: サシャ・バロン・コーエン、ケン・ダヴィティアン 他

【STORY】 カザフスタン国営テレビの看板レポーターのボラットが、“祖国”カザフスタンの発展のためにアメリカの文化を学び、カザフスタン国民へ向けてレポートをすることになった。アメリカへと旅立ったボラットだったが…。
-------------------------------------

これまた、10日以上も前に観た映画の感想です。あー、あんなに強烈な映画だったのに記憶の隅っこの方へと行ってしまってます(涙)。

強烈な映画でした。ここまでバカやっていいのかしら? こんな映画を大ヒットさせたアメリカってすごいかも。フトコロ深いかも。あんなにバカにされているのにね。

お下品な描写も半端じゃなくあります。エロ描写やお下劣描写が苦手な方には絶対にオススメ出来ません。汚いオッサンの全裸尻相撲を笑って見られる人は是非お試しあれ。

ドキュメンタリータッチのチープなカメラ・ワークなどもステキです。エンドロールのカザフスタンっぽい感じも◎。

続きを読む "【映画】ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習/BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/06/03

[映]パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END)

2007年アメリカ  監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ 他

【STORY】デイヴィ・ジョーンズと東インド会社のベケット卿が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウだった。しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていて…。
-------------------------------------

「2」で散々、文句言った私ですが、完結編は観に行かねばなりますまい。ということで有休取れた日に観に行ってきました。朝の10時半から映画観るのは初めてだったけど、みんなが働いている時に遊んでるって気分がいいね~。

それもあってか、「2」のストーリーや人間関係、はたまた終わり方まで全部ぶっ飛んでいたけれど(ジャックはどうやって、あそこに行ったんだっけ?)、「3」の方が個人的には楽しめました。何が凄いってCGが凄い!!(笑)

続きを読む "[映]パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

【映画】ブラッド・ダイヤモンド/BLOOD DIAMOND

製作:2006年アメリカ  監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、アーノルド・ヴォスルー 他

【STORY】 1999年、内戦が続くアフリカ、シエラレオネ。漁師ソロモン・バンディーは反政府軍RUFの襲撃により家族と引き離ダイヤモンドの採掘場で強制的に労働を強いられる。そこでソロモンは大粒のピンク・ダイヤを発見し、誰にも知られない場所に隠した。ダイヤの密輸を生業にしているダニー・アーチャーはそのダイヤの噂を聞きつけ…。
-------------------------------------

めざましテレビで「ブラッド・ダイヤモンドのディカプリオは一味違う」と大絶賛してたんですよねぇ。もー、軽部アナったらいいすぎじゃないの~?と思ってたんですけど、この作品、私的には『ディパーテッド』よりも数倍面白かったし、ディカプリオちゃんの演技も断然良かったと思います。

密輸ダイヤの実態を多少でも知ることが出来るし、爆発ドカーン・銃撃バキューンで迫力は満点だし、ジェニファー・コネリーにジャイモン・フンスーというイイ俳優も揃えてる。社会派ドラマの中にエンターテイメント性もあって、とても見ごたえのある作品になってました。

続きを読む "【映画】ブラッド・ダイヤモンド/BLOOD DIAMOND "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

【映画】ハッピーフィート/HAPPY FEET

製作:2007年オーストラリア/アメリカ  監督:ジョージ・ミラー
声の出演:イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ 、ロビン・ウィリアムズ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング

【STORY】 皇帝ペンギンは自分だけの”心の歌”を見つけることで、将来、最愛の人と巡り合うことが出来る。しかし、国一番の歌い手であるメンフィスとノーマ・ジーンの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴だった。しかも、心の声を表現しようとすると勝手にステップを踏んでしまう。いつしか、マンブルは仲間外れにされるようになり…。
-------------------------------------

昨年の秋くらいから劇場の予告でアデリー・ベンギンの5人組”アミーゴス”が「マイ・ウェイ」を高らかに歌い上げるシーンとか、フワフワのペンギンが可愛いステップを踏む様子を何度も観ていて、「あ、この映画、絶対に観たい!!」と思っていたんですよ。

アカデミー賞の長編アニメ賞も受賞したので、「こりゃ、絶対にハズさないね」と思ったんです。思ったんですよ~。

続きを読む "【映画】ハッピーフィート/HAPPY FEET "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

【映画】パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER

製作:2006年ドイツ/フランス/スペイン  監督:トム・ティクヴァ
出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン 、ジュゼッペ・バルディーニ 、 アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 他

【STORY】18世紀のパリ。魚市場で産み落とされた赤ん坊はグルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。産まれた落ちた瞬間から、彼には類稀なる才能が備わっていた。何キロ先の匂いでさえも嗅ぎ分けられる超人的な嗅覚。ある日、彼は一人の少女の匂いに惹かれ、その匂いを保存したいと執着するようになっていく…。
-------------------------------------

月並みな言い方だけど、「なんか、すごい映画だ!」。

原作の小説を読んでいないので、もしかしたら余計に楽しめたのかもしれません。まったく展開が想像出来なかったし、あのラストには驚きました。

続きを読む "【映画】パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

製作:2006年アメリカ  監督:ゴア・ヴァービンスキー
ジャンル アドベンチャー/アクション/コメディ
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ 他

【STORY】 ジャック・スパロウ船長は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズにもうじき魂を奪われようとしていた。ジャックを逃亡させた罪で死刑判決を受けたウィルとエリザベスは、そんなジャックのもとへと向かい…。
-------------------------------------

体調悪くして、1ヵ月間「禁・映画館」で過ごしました。久々の映画館。しかも、世界中で大ヒット記録を打ち立てている作品。評価も高いし、レビューでも皆が「面白い、面白い」って書いている。ワクワク・ドキドキでした。

セットもお金が掛かっていて豪華だし、CGも大迫力。ジャック・スパロウというキャラクターも相変わらず読めなくって魅力的。なんだけどファンの方たち、ごめんなさい。ボコられるの覚悟で書きます。

私はすごーく消化不良でした。実は1作目も消化不良だったんだけど。途中で「長いな~」って思ったもんなぁ。

続きを読む "パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)

製作:2005年アメリカ  監督:アン・リー
ジャンル:ドラマ
出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ 他

【STORY】 1963年ワイオミング。イニスとジャックはブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出会いを果たす。ともに20歳の2人は意気投合し、いつしか友情を超えた、本人達も意識していないところで深い感情が芽生え始める…。
-------------------------------------

映画館まで30分掛けて歩いて行ったせいか、頭がボーっとして、途中で「長いなぁ」と正直思ってしまった。「切ない純愛、涙が溢れて止まらない」という高い評価に期待し過ぎたのかな。私は涙は出てこなかった。(後ろの席に外国人のカップルが座っていたんだけど、女性の方が始終ゲラゲラ笑っていたのよ。なぜ?)

ゲイ映画ってことを抜きにしても評価は分かれる作品かな、と思いました。でも、オスカーで作品賞を受賞出来なかったことで、逆に神話化していきそう。良い作品と評価されているのは分かるけど、観た日の私の波長とは合わなかったのが残念。

続きを読む "ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧