カテゴリー「映画の感想--カ行」の11件の投稿

2006/12/24

【映画】007/カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE)

製作:2006年アメリカ/イギリス 監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト 他

【STORY】 殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。そして最初の任務は、世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフルの資金を絶つことであった…。
-------------------------------------

生まれて初めて、まともに"007"シリーズを観ました。007のことで知ってることったら、イギリス情報部の諜報員で、女たらしで、殺しのライセンスを持ってるってことだけ。あと、ボンド・カーってのがあったわね。

ジェームズ・ボンドのことをまーったく知らないので、00(ダブル・オー)の称号を貰った直後のボンドという設定は分かりやすかったし、違和感も先入観もなく楽しめました。

いきなり、ド派手なアクションからはじまって、ハラハラ・ドキドキ。敵さんを追い掛けるジェームズ・ボンドの無鉄砲さ。よく死なないよね~。通れない壁は壊すって、スマートな諜報員がそれでいいのか!? スパイには欠かせない秘密のアイテムもたくさん飛び出して、「ホー」なんて言いながら感心して見てました。

脚本には今や売れっ子のポール・ハギスも参加していて、かなりしっかりしてます。ちょっと切ないラストも良かったわ~。

続きを読む "【映画】007/カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/22

ゲド戦記

製作:2006年日本 監督:宮崎吾朗
ジャンル:アニメ
声優:岡田准一、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、風吹ジュン、香川照之 他
-------------------------------------

『ゲド戦記』を観に行ってきました。私はジブリ作品って観ていないのも多いし、ここ数年、アニメもほとんど観てない人。それに前評判があまりにも悪いので全然期待していなかったんですよ。本当のことを言っちゃうと、時間が間に合えば、『ブレイブ・ストーリー』のはずでした。

さら~と感想。ストーリーや声優さんに関しては、悪くなかったと思います。香川さんの「ウサギ」なんて最高だったし、劇場で「ババァ」っていう台詞で笑いがこぼれてた。

CMなどでもお馴染みのテルーの歌も良かった。素朴な歌い方と声は心に響きます。

あと、私のツボに入ったキャラクターが悪役の「クモ」。最後の方の「死んじゃった~♪死んじゃった~♪」って台詞と仕草には笑った、笑った。美形キャラの豹変ぶりも注目です。

残念だったのは画かな。なんというか、配色が単調だったし(茶色ばっか)、背景に深みが無かった(と思う)。あと、キャラクターの線も汚いかな~。最後の方のクモのグチャグチャなんて、「何十年前のアニメだよ!」って思いました。

長い長い物語の一節だけを映画化したということらしいので、原作が読んでみたくなりました。って今までも色々と書いてますが、いつになった読むんだろ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/30

キング・コング(King Kong) ★★★★★

製作:2005年ニュージーランド/アメリカ 監督:ピーター・ジャクソン
ジャンル:アドベンチャー/アクション/SF

出演者:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、コリン・ハンクス、ジェイミー・ベル、アンディー・サーキス 他

【STORY】 1933年、大恐慌時代のアメリカ・NY。売れない喜劇女優のアン・ダロウ、野心家の映画監督カール・デナム、脚本家のジャック・ドリスコルと撮影クルー達は危険な航海へと乗り出した。霧の中、たどり着いたのは"髑髏島"と呼ばれ、恐れられている幻の島。そこで彼らは恐ろしい生き物達に出遭う…。
-------------------------------------

3時間超の作品と聞いていたので、気合いを入れて仕事納めの日に見に行ってきました。仕事が忙しくさえなかったらジャパン・プレミアに応募したかったんですよねー(シクシク)。

見終わって思ったこと、PJ監督は本当にキング・コングが大好きなんだなぁ~。とにかく、コングに対する愛情が最後まで溢れてました。

続きを読む "キング・コング(King Kong) ★★★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

50回目のファースト・キス(50 FIRST DATES) ★★★★★

50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
製作:2004年アメリカ
監督:ピーター・シーガル
ジャンル:コメディ

出演:アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア、ロブ・シュナイダー、ダン・エイクロイド 他


【STORY】 交通事故に遭って以来、"前日のことを全て忘れてしまう"という短期記憶喪失障害を抱えているルーシー。そんな彼女にプレイボーイのヘンリーが一目惚れする。今まで本気で女性を愛せなかったヘンリーだったが、毎日ルーシーに自分を好きになってもらいたい一心であの手この手を使い、ルーシーとデートを重ねていくのだが…。
-------------------------------------

今年後半見た中で1番好きな作品。登場する人物、誰もかれもが優しくてコメディ映画なのに前半から涙ポロポロ。

昨日の自分のことを忘れられていると分かっていても彼女と話をしたい一心で毎日、あの手この手で出会いのキッカケを作ろうとするアダム・サンドラーの姿が何ともいじらしい。

といっても、タマゴ頭のアダムくんがモテモテのプレイボーイって設定からして、「笑えよ、お前ら」なんだけど(笑)

続きを読む "50回目のファースト・キス(50 FIRST DATES) ★★★★★"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/04/23

コンスタンティン(CONSTANTINE) ★★★★

製作:2005年アメリカ
監督:フランシス・ローレンス
ジャンル:アクション/サスペンス/ファンタジー
出演:キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ、ティルダ・スウィントン 他

【STORY】 幼い頃に犯した罪を贖うために、天国と地獄のエージェントとなった男、ジョン・コンスタンティン。彼は人間世界で善悪の均衡を破る悪魔達を倒すことにより、「自殺」という大罪から逃れられると信じていた。だが、コンスタンティンは末期ガンと宣告され…
-------------------------------------

これは好き嫌いが分かれそうな作品ですね。というのも、神様と悪魔、天国と地獄、キリスト教などに一切興味がない人には「何ですか?これ」って感じの作品だと思います。しかも、予告編のスピード感が本編にはない。わりとゆーっくりと展開していく感じでした。まだ公開されたばかりの作品なのでネタバレはしませんね。

とりあえず、喫煙者には耳の痛い映画かも。ハリウッドって面白いよね。『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフがパイプをくわえるシーン一つでも、禁煙協会(?)のこと考えて、いろいろ気を使ったそうですからね。

それと、虫がダメな人には「ウギャ~」な場面が何度かあります。私は『ハムナプトラ』を何回も見てるおかげで虫がたくさん登場する映画も大丈夫になったかも~。慣れってすごいねぇ。

続きを読む "コンスタンティン(CONSTANTINE) ★★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/04/20

カレンダー・ガールズ(CALENDAR GIRLS) ★★★★

カレンダー・ガールズ 特別版
製作:2003年アメリカ
監督:ナイジェル・コール
ジャンル:コメディ/ドラマ

出演:ヘレン・ミレン、ジュリー・ウォルターズ、シアラン・ハインズ、ペネロープ・ウィルトン、セリア・イムリー 他


【STORY】  ヨークシャーの田舎町ネイプリーでは、地元の婦人会が主婦たちの社交の中心。退屈な定例ミーティングに婦人会のメンバーで大親友のクリスとアニーは心底うんざりしていた。そんな中、アニーは最愛の夫ジョンを白血病で亡くす。悲しみに沈むアニーの気分を晴らそうと、クリスは毎年恒例の婦人会のカレンダーの売り上げを伸ばして、ジョンが世話になった病院に寄付をするために自分たち自身がカレンダーでヌードモデルになろうと言い出す…。
-------------------------------------

可愛いオバちゃま達と美しい風景が心に残る作品。カレンダー・ガールズ達が太極拳する緑の美しい丘に行ってみたい! あんなところで一日中、寝転がってみたい! 絶対に心が美しくなれると思う。

この話が実話だってことは見る前から知っていたのだけど、どんなカレンダーだったのかってことは知りませんでした。年齢なんて関係ないですね。女性が人前でヌードになるなんて簡単に出来ることじゃないもの。

続きを読む "カレンダー・ガールズ(CALENDAR GIRLS) ★★★★"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/02

ケミカル51(THE 51st STATE) ★★★

ケミカル51 DTS版 スペシャル・エディション
製作:アメリカ/イギリス/カナダ
監督:ロニー・ユー
ジャンル:アクション/コメディ

出演:サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・カーライル、エミリー・モーティマー、リス・エヴァンス、ミート・ローフ 他


【STORY】 天才ドラッグブレンダーのエルモは究極のドラッグ”POS51”を完成させた。このドラッグで得た金で足を洗おうとしていたエルモはLAの麻薬組織を裏切り壊滅状態にし、イギリス・リヴァプールへと向かう。取引先でエルモを待っていたのは、大のアメリカ嫌いでフーリガンのフィーリクスだったが…。
-------------------------------------

サウスパーク以上に「ファッキン!ファッキン!」って言ってるんでビックリしました。フィーリクス(ロバート・カーライル)が言ってた、「Fried Fucking Chicken」ってどんな食べ物なのかしらね(汗)。

下ネタ(お尻ネタ)も多くって、かなりお下劣度も高めなので日本人ウケは悪そうだな~。でも、サミュエル・L・ジャクソンはじめ、キャスト全員がやけに楽しそうに演技してるし、オバカちゃんがたくさん出てきてかなり笑えました。

続きを読む "ケミカル51(THE 51st STATE) ★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/05

キル・ビル Vol.2(KILL BILL: VOL.2) ★★★

キル・ビル Vol.2
製作:2004年アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ
ジャンル:アクション/サスペンス

出演:ユマ・サーマン、デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、マイケル・マドセン 他


【STORY】 かつて結婚式のリハーサル中にビルの襲撃を受け、愛する夫とお腹の子どもを殺された“ザ・ブライド”。昏睡から奇跡的に目覚めた彼女はビルへの復讐を誓い、かつての仲間たちを次々と仕留めていった。残るのはバドとエル・ドライバー、そしてビルだった。
-------------------------------------

「あはは~。タランティーノってバカでしょう」という映画。でも、ユマ・サーマンは女優冥利に尽きる役立ったんじゃないでしょうか。泥だらけ、鼻血まみれになればなるほどキレイに見えたもの。あと、クシャクシャの笑顔を見せてくれる時がすっごく可愛い。でも、鼻おっきいよね~。

続きを読む "キル・ビル Vol.2(KILL BILL: VOL.2) ★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/10/15

カンガルー・ジャック(KANGAROO JACK) ★★★

カンガルー・ジャック 特別版
製作:2002年アメリカ
監督:デイビッド・マクナリー
ジャンル:アクション/アドベンチャー/コメディ

出演:ジェリー・オコンネル、アンソニー・アンダーソン、クリストファー・ウォーケン、エステラ・ウォ-レン 他


【STORY】 チャーリーとルイスは20年来の親友同士。ある日、彼らはギャングのボスでチャーリーの継父でもあるサルを激怒させ、罪滅ぼしとしてお使いに出される羽目に。そのお使いとは、オーストラリアにいるミスター・スミスへ5万ドルもの大金が入っている封筒を届けるというもの。オーストラリアでレンタカーを駆って目的地へと向かう2人。だが、一頭のカンガルーをうっかり跳ねてしまう。
-------------------------------------

ブレンダン大好きなオネエサマ達に「ジェリー君、可愛いのよ~」とオススメされ、『カンガルー・ジャック』を見ました。これはMTVムービーアワードのバーチャル演技賞にノミネートされていたし、あのジェリー・ブラッカイマーが製作を手がけたってことで知っていた作品。

ただ、すっごく忙しい時に見たので特典映像もオーディオコメンタリーも全部楽しまずに返却しちゃったんですよ。オーディオコメンタリーは途中まで聞いたけど、キャスト達がワイワイギャーギャー騒いでいてすごく楽しそうでした。オマケ好きとしてはゆっくり聞きたかったな~。

この作品、DVDジャケットやトレイラーを見た人は「カンガルーが主人公のお話」と思っちゃうでしょうね。ワタシもそうだと勘違いしてました。だから、途中から「え~!」ってビックリしましたよ。

男性の友情物語は好きなので、ラストなどはほのぼのハッピーでなかなか心が温かくなるストーリーでした。オネエサマ達オススメのジェリー君はホッペが印象的で笑顔のキュート(というかオノンキ笑顔が強烈)な好青年。

作品見てて全然気づかなかったんだけど、なんとジェリー君も背が高い。ブレンダンと同じ190cmですってよ。あちらには背の高い人がゴロゴロいらっしゃるのですね~。もう、ワタシなんてチビッコだから憧れちゃう。とにかく、可愛い男性を教えてくださったオネエサマ達に感謝です。

そういえば、雑誌の立ち読みをしていたら、小さな記事にジェリー君とレベッカ・ローミン=ステイモスが交際中って書いていましたよ。『フルハウス』大好きだったワタシとしては、「ジェシーおいたんを捨てた女」なレベッカ・ローミン=ステイモスは「ゲッ!」って感じなんですけどね~。

(2004年10月・DVDレンタル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/22

奇跡を呼ぶ男(LEAP OF FAITH) ★★★

製作:1992年アメリカ 監督:リチャード・ピアース
ジャンル:コメディ
出演:スティーヴ・マーティン、デブラ・ウィンガー、リーアム・ニーソン、ルーカス・ハース、ロリータ・ダヴィドヴィッチ

【STORY】 サーカスのように各地を転々と巡るインチキ伝道師とその仲間たち。彼らがたまたま立ち寄った地で、足が悪く松葉杖での生活を続ける少年と出会う。少年は一団を信じ込み、奇跡を願って彼らが開く金集めのショーに姿を現すが…。
-------------------------------------

えー、この作品、劇場未公開なの?って感じです。日本人が好きそうな題材だと思うのに。ストーリーに目新しさはないけれど、最後ホロッってしちゃいましたよ。

観始めた時はインチキ伝道師の話だとは思ってなかったんですよね。手っ取り早く言っちゃえば、ニセ新興宗教の教祖様って感じ(キリスト教を信仰宗教と言っちゃ、マズイけど)。宗教絡みの作品は、どっちかというとあんまり観る気がしなくて、「ヤバイ、観るの止めようかな」と思ったんです。でも、やっぱりスティーヴ・マーティンはうまい。サギ師だろうが、ニセ教祖だろうが、何か憎めないんですよ。

嘘っぱちの牧師さんが、なぜかラストで奇跡を起こしちゃう。もちろん彼の力ではないんだけど、何もかもが良い方向に進んでしまう。

ウソの中で生きてきた彼だけど、心の奥底では神様を信じたかったんだろうな~。両親に愛されずに育った彼だけに、本当は人に優しくされたかったし、優しくしたかったんだと思う。(そーゆー場面がさり気なく、チョコチョコ出てくる)

人間ってツライ時には何かにすがり付きたくなる生き物でしょ? それが"嘘"かもしれないと気付いていてもね。

だから、宗教の教祖様達に一言。騙すなら、最後まで責任持って騙しなさいよ。途中で投げ出すなんて、一番卑怯なコトだよ!(って誰に言ってるんだ、ワタシは)

ラストは涙ホロリ。ちょっぴり幸せな気分になれる映画でした。

(2004年8月・CS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)