カテゴリー「映画雑記 04年6月-10月」の16件の投稿

2004/10/18

キアヌ・リーヴス

観たい観たいと思っていたキアヌ・リーヴスの伝説のバカコメディが遂にDVD化されます。わ~、おめでとう、ありがとう。発売は11月10日です。

  • ビルとテッドの大冒険

  • ビルとテッドの地獄旅行
  • さて、購入すべきかレンタルで間に合わせるべきか悩むところだな。12月は『ロード・オブ・ザ・リングSEE』と『ハムナプトラDVD-BOX』が発売される予定だし。でも、買っちゃいそうだな~。

    続きを読む "キアヌ・リーヴス"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2004/10/14

    特攻野郎Aチーム-映画版

    allcinema ONLINEより引用

    「特攻野郎Aチーム」映画版、いよいよ始動?(2004/10/13)
    かねてから噂されていた80年代の人気TVシリーズ「特攻野郎Aチーム」の映画化で、脚本家として「007」シリーズを手掛けるブルース・フィアスティンが起用されることが明らかとなった。TVシリーズの生みの親スティーヴン・J・キャネルも映画版のプロデューサーとして参加する。映画版ではコミカルな要素を抑え、よりシリアスな、「ダイ・ハード」や「リーサル・ウェポン」シリーズのようなトーンになるとのこと。また、キャネル氏によると、オリジナルの人気キャラクター、B・A・バラカス役を演じたミスター・Tもおそらくカメオで出演するだろうとのこと。

    E!Online "A-Team" Movie Ramping Up (2004/10/12)

    ブレンダンがキャスト候補になっていた、という噂があったのでメモっておきます。ただし、今回の情報ではキャスティングについてはまだ触れられておりません。

    特攻野郎Aチームとは?と思った方は、日本のファンサイトさんへレッツゴー!
    特攻野郎Aチーム情報サイト Complete the A-team

    ここのサイト見た限りでは、ブレンにはフェイスマン役もいいけど、コング役も似合っているよーな気が…。だって、「実は恵まれない子供たちの施設に寄付していて、子供たちにとても人気がある人」なんですってよ(笑)。
     
    camelliaさん、ネタを勝手に頂きました。ありがとうございます♪

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2004/10/13

    レジェンド・オブ・ハムナプトラ DVD-BOX

    ハムナプトラシリーズ3作品を初めて完全収録したDVD-BOXが発売されます。しかも、ファンには嬉しい2枚組"デラックス・コレクターズ・エディション"仕様のようです。

    何が違うって、そりゃ~特典映像たっぷりのDISKが1枚付いちゃう訳ですよ。現在、『ハムナプトラ』のデラックス・コレクターズ・エディションの単体は在庫切れでなかなか入手困難なようなので、「ハムナプトラファンだけどDVD持っていないよ~」な方はこの機会に買っちゃうのもいいかもしれませんね。

    特に『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』に収録されている"オーディド・フェール、ケヴィン・J・オコナー、アーノルド・ボスルーの音声解説"と『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』DISK2に収録されているNG集はファンは必見。撮影現場の楽しい様子が伝わってきて、DVDの特典としてはとても満足の出来るものです。

    Micharaは中古で購入したツインパックを持っているのだけど、状態があんまり良くないから新品買っちゃおうかな~。『スコーピオン・キング』はまだ観ていないし。

    レジェンド・オブ・ハムナプトラDVD-BOX
    Mummy BOX(The Mummy(1999)/The Mummy Returns(2001)/The Scorpion King)

    発売日:2004年12月22日(Amazon.co.jpで購入

    価格:税込6,279円(税抜5,980円)
     ・ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999) [2枚組]
     ・ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(2001) [2枚組]
     ・スコーピオン・キング(2002)

    続きを読む "レジェンド・オブ・ハムナプトラ DVD-BOX"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/09/21

    ヴァン・ヘルシングと吸血鬼ハンターD


    "ヴァン・ヘルシング"と"吸血鬼(バンパイア)ハンターD"が似ている、と巷で噂になっています。

    ワタシは作者の菊池秀行さんの小説は結構読んでいるのですが、残念ながらバンパイアハンターDは未読。アニメも観ていないんですよね。でも、天野喜孝さんが描いたDのイラストは知っていたので、初めて『ヴァン・ヘルシング』の風貌を見た時は「バンパイアハンターD?」と思った一人です。

    ヴァン・ヘルシング インサイダー」に、ソマーズ監督がバンパイアハンターDを若いスタッフに薦められて見たというコトが書かれているそうです。
    実際に「ヴァン・ヘルシング インサイダー」を読まれた方の日記がありましたのでリンクさせていただきます。

     --さて次の企画は(2004-09-03)--

    こういう作品のクリエーターさんって日本のアニメやマンガの影響、かなり受けていそうですよね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/09/19

    SNL時代のマイク・マイヤーズ


    サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ マイク・マイヤーズ を観ました。

    マイク・マイヤーズって芸達者なのね」感が楽しめるDVDでした。でも、ワタシは「SNL ベスト・オブ アダム・サンドラー」の方がいっぱい笑えたんですよね。マイク・マイヤーズの笑いはなぜか難しかった。『オースティン・パワーズ』はあんなにバカなのに…。

    ゲストはアダム版より豪華。トム・ハンクス、ニコール・キッドマン、エアロ・スミス、ミック・ジャガー、マドンナなど。ゲスト見るだけでも楽しいですね。

    マイク・マイヤーズは持ちキャラがたくさんあったみたいですね。でも、いっぱいありすぎてDVD1枚に収めるのは難しかったのか。逆に内容が薄く感じちゃった。アダム君のオペラマンみたくお腹いっぱい見られるキャラがあっても良かったのに。

    一番面白かったのはやっぱり「ウェインズ・ワールド」かな。ウェインとガースのコンビはバカで好きな感じ。ガースのママもイイ味出してました。次は映画版も見てみようと思います。

    そうそう。実はワタシ、マイク・マイヤーズがあまり好きにはなれなかったんです。オースティンみたいな人を想像してたから。でも、MTVムービー・アワードやインタビューの様子を見ると、すごく大人しくって真面目そうな人で印象が変わりました。

    バカな事をやっている人が日常でもバカだとは限らない…。これ、本当ですよね~。

    IMDb見たら、『シュレック3』製作ももう決まっているんだ。『オースティン・パワーズ4』はもうないのかな?

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/09/09

    ブツブツ独り言

    今週は毎日BLOGを書いてやろう、と思っていたのにネタ切れです。なので、ブツブツ独り言。

    ・ヴァン・ヘルシングって・・・
    明日は金曜でレディースデーなので『ヴァン・ヘルシング』でも観に行こうかなと思っていたのですが、プロレスの生中継があるので止めておこうっと。それにしても、ヴァン・ヘルシングってカタカナにすると、どうしてこんなにカッコ悪いんだろう。日本人だって国際化しなくちゃいけないと思うのですよ。"Van Helsing"くらいそのままのタイトルでもいいじゃん。ちなみに『ヴァン・ヘルシング』のお目当てはデヴィッド・ウェンハム氏とケヴィン・J・オコナー氏のみ。だって評判イマイチだし。

    ・R1のDVDは来週には届くのかしら
    今朝、DVD Fantasiumさんから「DVDの発送が完了しました」メールが届いていました。きっちり1週間。楽しみです。でも、またまた英語に悩まされるのね~。トホホ。

    ・2時間分の番組がCD1枚に
    職場で隣りの席のお兄さんが2時間分の番組をCD1枚のサイズにエンコード出来るソフトを購入したとか(DVD1枚が4.7GBでCDは700MB位だから映画が6本から7本収録出来ちゃう)。PC上でしかも専用のプレーヤーがないと鑑賞出来ないんだけど、650MB前後のサイズとは思えないキレイな画質でした。ワタシときたら、お勉強不足で動画関係の新しい情報は皆無なんですよね~。

    ・エミー賞
    今年はAXNでエミー賞、見ようかな。昨年まではアカデミー賞もMTV Movie Awardsもあまり興味が無かったんだけど、今年はしっかり見てます。でも、ブレンダンは出てない。DVDレコーダーも購入して、バッチリ待機してるのに。MTV Movie Awardsは2003年,2004年を保存版で録画したも~ん♪

    ・スーパーマン5追跡調査委員会<私設>
    ブレンがクラーク・ケント役の候補になったコトがある、というのがキッカケで『スーパーマン5』の動向が物スゴク気になっているMichara。こうなったら、最後まで調査を続けます! 公開されたら絶対に観に行きますよ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/09/07

    間違ってます

    ネットをウロウロしていると、よく見掛ける間違いをいくつか。面白いですね。

    マット・ディロン(Matt Dillon)マット・デイモン(Matt Damon)
    マット・デ○○ンが合ってるだけで、顔とか全然違うのですが。確かに間違いやすいかも。

    ショーン・ペン(Sean Penn)ジョー・ペシ(Joe Pesci)
    これはショーン・ペンにバレたら殴られませんかね?

    ジョン・キューザック(John Cusack)ジョーン・キューザック(Joan Cusack)
    姉弟ですな。

    アシュレイ・ジャッド(Ashley Judd)シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)
    顔が似ているとかでよく間違われています。確かに、金髪のアシュレイ・ジャッドとシャーリーズ・セロンは似てるかも。

    あ、ネタ切れ。もっとあったんだけど、忘れてしまいました。また、面白いのを見つけたら書きますね。

    そういえばMicharaは子供の頃、大原麗子と松坂慶子の区別が出来ませんでした。今見ると全然違うんですけどね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/09/06

    米国盤DVDオンラインショップ

    寝る前にリージョン1の『GODS and MONSTERS』をパソコンでガーッとチェックしてました。「やっぱり(画質)キレイだな~」と思いながら、PowerDVDのスナップショット機能でバチバチお気に入りのシーンをキャプチャ。フフフ…。

    実は先日も3枚ほど、リージョン1のDVDを購入しました。どこで購入しているのかというと、"DVD Fantasium"という米国盤DVD専門のオンラインショップです。ここ、日本語で購入出来るので英語がまったく出来ないMicharaでも大丈夫なんです。

    先日注文したのは、ブレンダン・フレイザーさんが出演している日本ではDVD未発売の作品。"Still Breathing","Mrs. Winterbourne","The Twilight of the Golds"の3本。

    以前から"Still Breathing"は売り切れになっていて、Amazon.comを見ても廃盤。「ああ、もう入手は出来ないンだろうな~」と諦めていたんですよね。少し前に何気なしにDVD Fantasiumさんをチェックしていたら、作品の欄に<中古盤リクエスト>っていうボタンがあるじゃないですか~。

    「なんだ、中古盤リクエストなんて出来るの~?」って、もう即行クリックですよ。既に廃盤だけど中古盤が取り寄せ出来る場合もある、という説明が付いていたのでダメもとで問い合わせしました。

    その翌日の夜には回答がメールで…。「品切れの場合もありますが取り寄せします」ですって。そりゃ、すぐ注文ですわ。ついでに"Mrs.Winterbourne"とサイトのリストになかった"The Twilight of the Golds"もリクエスト。そしたら、コッチも注文受け付けてくれるって。しかも回答が早いんですよね。気持ちがイイ!

    "Still Breathing"が取り寄せ注文なので時間が少し掛かるのかな~。たしか、通常は発送まで1週間、取り寄せの場合は2週間くらいって書いていたっけ。とにかく、品切れでないコトを祈ります~。

    それでですね、DVD Fantasiumさんをますます気に入ったコトが本日あったのですよ。ショップの取り扱いリストに"The Twilight of the Golds"は入っていなかったはずなのに、本日見たらばBrendan Fraser"で検索すると"The Twilight of the Golds"もリストアップされてくるんですよ~。これってテレビ作品だし、そんなに需要ないと思うけど。「きっと、ワタシが注文したからよね」と一人悦に入ってます。

    まさか、リストから漏れてたってコトもないと思うんだけど。それとも、前からちゃんとリストにあったけどMicharaが見逃していたのかな。(いや、何度も検索掛けたハズ)

    とにかく、リージョン1のDVDに興味はあるけれど、いきなりAmazon.comで買うのは怖いな~と思っているMichara並みの英語力の方には、こういう日本語で購入出来るサイトがオススメです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/08/31

    ポーリー・ショア祭

    "渋いゲストが出ている"というコトに気が付き、ここ2週間ほど『マッドTV!』を毎日録画しています。全部観ている時間がないのでバーッと早送りしてゲストをチェック(ホントは観たいんですよ、バカバカしくってブラックで面白いんだモン)。

    現在、FOXでは1996年のエピソードを放映中(9:00&25:00)。そしたらば、デイヴ・フォーリーが出てる!ポーリー・ショアが出てる!ウヒョー、大当たり。

    デイヴさんはワタシが今もっとも気になっているカナダとアメリカとの関係について毒舌してました。あれは言いすぎで逆にひいちゃう。けど、やっぱりアメリカ人がカナダ人をバカにしてるのって本当なんだろうな~って思いました。

    あと、ポーリーはクリスマスの心温まるお話を披露。のっけから観客に"LOSER!(負け犬)"ってかましてるし…(笑)。ああ、心温まる。

    『マッドTV!』って映画のパロディをよくやるんだけど、『原始のマン』のパロディもやってました。その名もジョー・ペシとポーリー・ショア主演の『カジノ・マン(CASINO MAN)』。それがちょうど本日録画した分(エピソード91)。

    もしかしたら昨日も『原始のマン』のパロやってたんじゃないのかなァ。だって、エピソード89で「次回は"CASINO MAN"を放映」って言ってたもの。でも、台風のせいで受信がうまく出来なくってエピ90は録画し損なっちゃいました。どうだったのかな、気になります。

    で、もちろんポーリーもジョー・ペシも本人ではなくって、レギュラーコメディアンが演じています。ポーリーは本人かと思うくらいソックリ。喋り方とか『原始のマン』のストーニーのまんま。

    これって1992年の『原始のマン』と1995年の『カジノ』を合わせたパロディみたい。『カジノ』は観ていないので、いまいちピンと来なかった。悔しいなァ。

    ワタシは子供の頃から「パロディ」「NG集」「舞台裏」とかが大好きで、DVDは本編よりも特典映像の方が重要派。作品自体がつまらなくっても特典が面白かったりすると得した気分になれちゃうんです。

    それにしても、ここ2週間でポーリー・ショア祭かと思うほどポーリーと出会っているワタクシ。

    ホームページのウェブリングを回っていたら、右2軒隣にはポーリー・ショア主演の『イン・ザ・アーミー』のレビューを書いている人を発見しちゃうし、『マッドTV!』では偶然とは思えないタイミングでポーリーが出演しているし。「これだけ?」って思うかもしれないけれど、今さら「ポーリー・ショア」な訳ですよ。

    そういえば、ポーリー主演の映画は『イン・ザ・アーミー』しかまだ観てないや。でも、『マッドTV!』のパロディで『カントリー・ファーム』『陪審員だよ、全員集合!』『バイオドーム』全部最悪って言われてた。えー、最悪なの?そりゃ絶対に観たいゾ(笑)。

    ところでポーリーは今どうしているのかな~。彼の公式ホームページ見たら、あわわ…。"Pauly Shore is DEAD!"だって。なに、コレ~(笑)。

    http://www.paulyshore.com/

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004/08/25

    J・ホエール監督、B・カーロフ主演の『フランケンシュタイン』

    。。

    観たい観たいと思っていた、ジェームズ・ホエール監督、ボリス・カーロフ主演の『フランケンシュタイン』『フランケンシュタインの花嫁』の廉価版DVDが8月25日発売です…。知らなかった。

    この2作品を観てから、また『ゴッドandモンスター』を観なくっちゃ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)