« 【映画】ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor | トップページ | 最近観た映画(~9月7日) »

2008/08/25

最近観た映画(~8月24日)

金曜日に『ハム3』、3回目を観てきました♪ 今週の金曜日は友達を(無理矢理)誘って、もう1回観るど。どうだ! こんな映画をこんなに観るヤツいるか!(たぶん、いる。いや、いてくれ!) 英語は苦手なのでよく分からないのだけど、なっち訳で不満がいくつか…。これについては、後半に書きます。

ブレンにかまけてばかりで、他の映画を観てる暇がありません。でも、いーの。こんなこと滅多にないからheart01。お盆休みにテレビで観た映画はたったの2本。そういえば、『ラッシュアワー3』は途中まで観て忘れてた~。

シュレック3 スペシャル・エディション
・シュレック3(2007)
1作目と2作目はブラック・ユーモアがとても効いていて面白かったけれど、3作目はちょっとブラックな部分が引っ込んでましたね。やっぱり、3作目のジンクスってのあるのかぁ。私としては、シュレックに王位継承して欲しかったけれど、それじゃーますます悪さが出来なくなっちゃうか。

でも、映像は最高。CGアニメもここまで来たかという感じ。私のチッコイテレビで観てもそうなんだから、劇場で観たら、もっと迫力あったんだろうなぁ。シリーズは5作目まであるそうです。さて、どんなストーリーになるのでしょう。もっと、シュレックにはハチャメチャやってもらいたいな。


サイコ (ユニバーサル・ザ・ベスト:リミテッド・バージョン) 【初回生産限定】
・サイコ(1960)
あまりにも有名なヒッチコックの名作『サイコ』をようやく観た。いろいろな作品でパロディされていたり、オマージュを捧げられている例のお風呂場のシーン。なるほど、こういうことなのか~と納得。

何よりもすごいなと思ったのが、意外なストーリー展開。現在では決して珍しいオチではないけれど、1960年当時だったらビックリしたと思う。何となく、真犯人はアヤツだなって分かったのは、『サイコ』を真似たスリラーを何本か観てるからかな。ストーリーに関しては一切書けないのが、こういう映画のツライとこ(笑)。

次はリメイク版『サイコ』を観てみたい。何たって、主演がヴィンス・ヴォーンだし、ヴィゴ・モーテンセンにジュリアン・ムーアまで出演してるっていうじゃないですか。どんな風になってるのかな。メル・ブルックスの『新サイコ』もこれでようやく観られる。

----------------------
ここからはオマケ。

テレビで『ドリームガールズ』をやってたので、またついつい最後まで観てしまった(これで2回目)。監督のビル・コンドンって名前を見たら、久々に『GODS and MONSTERS』が観たくなったので、ひとりブレンダン祭りを本日急きょ開催。2年以上封印してたから、すごーく新鮮な気持ちで観られたし、新しい発見がいっぱいありました。

ゴッド・アンド・モンスター
・ゴッド・アンド・モンスター(1998)
ブレンには申し訳ないけど、彼の出演作の中でいまだに最高傑作だと思うのは『ゴ&モ』。大ファンのサー・イアン・マッケランと共演出来たってこともあってか、演技の気合の入れ方が違うような気がする。はやく、この作品を超える素晴らしい役に出会えるといーね。その為にももうちょっと、大人の役が演じられるようになろ~♪

久々に観たけど、イアン爺の迫真の演技はやっぱり凄い。「パンツも脱いでプール入ってもいいぞ!」なんて言う時のお茶目っぷりと、ホモ爺のイヤラシさが絶妙のバランスだと思う。ただの色ボケ爺なら、こんなに感情移入出来ない。そして、メイドのハンナ(L・レッドグレーヴ)のコミカルさもこの作品の魅力。ゲイである主人に嫌悪感を抱きつつも、決して見捨てず献身的に面倒を見るハンナ。そんなところからも、ジェームズ・ホエールの人間としての魅力を感じることが出来る。

自分が自分でなくなってしまうことほど、怖いことはないと思う。特にJ・ホエールのようなプライドの高い、知識人にとっては…。彼が望んだ最期はその影響からくる狂気の一端。自分が作り出した怪物の手にかかり安らかな死を迎えること。ガスマスクのシーンの異常さというか異質さに鳥肌が立つ。

日本版DVDの画が汚くてムカつく。あのプールでフワリフワリと浮かぶJ・ホエールの姿は、最高に美しいシーンなのに…。ブレンの演技について何にも書いてないや。えと、ジョージの後で、彫刻並みの体型を維持してる時で良かったね。まさにゲイ好み!(笑)。←演技じゃないし


タイムトラベラー~きのうから来た恋人~
・タイムトラベラー/きのうから来た恋人(1999)
お気に入りのダンスシーンだけ観ることは何度かあったけど、これまた最初から最後まで通しで観るのは久しぶり。「あれ? これってこんなユルい話だったっけ?」と思ってしまうのは、私が最近、汚い言葉や下ネタで笑わせるタイプのコメディ映画ばかり観てるから…なんだろうーな。

純真無垢な35歳のアダムくんが主人公ってことで、汚い言葉はほとんど出てこない。イヤらしいシーンも一切なし。憧れの女の子にキス出来たってだけで「ヤッター!!」なアダムくんをほのぼのと最後まで見守る映画って感じ。

以前はクリストファー・ウォーケンの怪演に驚いたものだけど、最近はこんな役ばっかりやってるもんねぇ。目覚めちゃったのかな(笑)。今回はシシー・スペイセクの変な間の演技に笑っちゃった。実はあのお母ちゃんが一番の変人かも。最後10分が説教臭くて余計かな~って思うけど、最後の最後にウォーケン父ちゃんがおかしなことをしてるのでマル。

ブレン作品って、ダンスシーンか歌うシーンがどこかに入っていることが多いのだけど、この『タイムトラベラー』はどっちも入ってるのでお得(笑)。ブレンのファンはみんな好きだよね。


・ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008)
あははー。試写会含めて3回目を観てきました。なんといいますか内容すぐ忘れしまって、「あれ?そんな設定だったけ?」なんて思ってしまう訳で…(爆)。いやー、B級映画って最高だわ。先日書いた感想とは違うことを書きます。

・何度観てもエンドロールがカッコいい
・3作目まで作られたのに『ハム』シリーズのテーマソングがないのが惜しい
・皇帝は中身がミイラ化していて外側が焼物になっているけど、他の兵馬俑たちは?(中身入ってなさそう)
・皇帝が復活した後、剣で頭を切り落とされた骸骨軍団の一人が手で顔を「ワワワsweat01」とやるシーンが好き
・皇帝と兵馬俑軍団を地中に埋めたのって誰?(復活を願った皇帝軍の人たちかなぁ)
・発掘中のアレックスがリンちゃんに襲われるシーンで、スタントさんのヘアスタイルがアレックスとまったく違う
・雪山のシーンで、誰ひとり白い息を吐いていない。ヒマラヤって寒くないの?(笑)

※なっち訳で気になったところ(英語力皆無の私が言うことなのでお流しくださいませ)

・カーチェイスシーンでリンちゃんがアレックスに「助けて!」と言ってる場面。あのくらい武道に優れたリンちゃんが車につかまっていることが出来なくなってアレックスに「助けて」と言ったように見えるのだけど、何だか変な気がする。この前観た時は、「…around…」って聞こえたんだけど、もしかして皇帝を倒すから手を貸してってこと?

・死の淵から復活したリックと、アレックスが和解する場面。2人で抱き合っているところにエブリンが寄り添って「良かったわ」っていうんだけど、英語では"My good boys!"って言ってたと思う。手の掛かる2人の暴れん坊たちに対する愛情のこもったセリフなんだから直訳の方がいいような気がする。

|

« 【映画】ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor | トップページ | 最近観た映画(~9月7日) »

映画の感想--他4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/42262352

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(~8月24日):

» 安藤証券 とプリーバについて [安藤証券 とプリーバについて]
安藤証券 とプリーバについて [続きを読む]

受信: 2008/08/25 19:34

« 【映画】ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor | トップページ | 最近観た映画(~9月7日) »