« 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | 【DVD】パンズ・ラビリンス(2006) »

2008/06/06

最近観た映画(~6月1日)

幸せのレシピ 特別版
・幸せのレシピ(2007)
まだまだ、アーロン祭り中(笑)。ようやく『幸せのレシピ』を鑑賞しました。オリジナルはドイツ映画『マーサの幸せレシピ』(このオリジナルの評価がかなり高いので、今度、機会があったら観てみたいな)。

キャストはキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン。お話はなーんてことなくフツー。ただ、非常にうまくまとまっているので、最後まで飽きることなく観ることが出来ました(きっと、オリジナルがイイんだろう)。

才能はあるが完璧主義者でお客であっても怒鳴り散らしてしまう女性シェフのケイトと、突然に母親を亡くしてしまった彼女の姪っ子ゾーイ。混乱する二人の前に現れた陽気なイタリアン・シェフのニック。3人の関係が少しずつ変化していく様子をハートウォーミングに描いた作品。
                             
仕事に一生懸命すぎて、独身30代女のヒステリーにも見えてしまうキャサリン・ゼタ=ジョーンズではあったけれど、まぁ、それはそれ(笑)。彼女を好きになってしまうニックは懐の広いやつだなと。そんなニックを演じたアーロンたんのモサモサ前髪下ろしの髪型が可愛いかったheart01。普段のきっちり七三より断然イイ。あと、訳わかんないハイカラでダブダブのお仕事用のズボンとか。

アビゲイルちゃんは母親を亡くした傷心の女の子という設定なので、泣いたり、暗い顔ばかりしていることが多かったけれど、途中からは笑顔をいっぱい見せてくれて良かったよかった。ケイトとニックがゾーイの前でキスするシーンなんて最高に微笑ましいところだし、最後のお店の看板を回すシーンなんて、こましゃくれ度高めで可愛いし。

ちょっと気になったのが、ケイトと同じマンションに住む男性がタイ料理を差し入れした場面。割りばしに「おてもやん」って書いてあったよーな。

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション
・スターダスト(2007)
アメリカで大コケしたけれど、公開当時からわりと日本人受けはしていたし、コテコテのファンタジーなので観たかった作品です。いや~、観て良かった。面白かったsmile

舞台設定が分かりにくかったり、理由付けが強引だったりと、悪いところはいーっぱいあるんだけど、キャストの魅力で最後まで楽しんで観られる作品でした。イケてない青年トリスタン役のチャーリー・コックスくんが、冒険や数々の苦難を乗り越えるにつれて、段々カッコよく見えてくるから不思議。彼は『カサノバ』でもイケてない三枚目の役柄でイイ味出してたのよねheart01

村一番の美女ヴィクトリアに恋をするものの、まるで相手にされず、しかも仕事までクビになってしまった冴えない青年トリスタン。そんな彼だったが、ヴィクトリアへの愛を証明するために流れ星を見つけて、彼女にプレゼントしようと旅に出る。しかし、流れ星は地上に降りると美しい女性へと姿を変えるのだった。流れ星と行動することになったトリスタンだったが、流れ星の心臓を食べることで永遠の命を得ることが出来ると知っている魔女や永遠の王位を狙う悪い王子に狙われるハメに…というのが、あらすじ。

魔女役のミシェル・ファイファーが特殊メイクでヨレヨレの老婆姿になった時の面白いことったら。魔法の力で若返ったものの、魔力を使うと徐々に年老いた姿になっていくんだけど、髪の毛がベランと抜けた時は大笑いしちゃったなぁ。

あと、最高にイイ味出しているのが海賊役のロバート・デ・ニーロ。恐怖の海賊と恐れられている存在なのだけど、実はそれは演じてるだけ。本当は女装趣味で気の弱いオッサンだったっていうから大笑い。子分たちもそんな船長の秘密を知っているんだけど、見て見ぬふりをしてるイイ奴ら。

流れ星役のクレア・ディーンズは、もっと流れ星っぽい絶世美女を起用した方が良かったんじゃない?と思ったけど、まーまー、B級映画っぽくて、ね。表情クルクルで可愛かったし、ヨシとしよう(笑)。

|

« 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | 【DVD】パンズ・ラビリンス(2006) »

映画の感想--他4」カテゴリの記事

コメント

つ、ついに『幸せのレシピ』キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
私にとって初アーロン&ホレるきっかけとなった思い出の映画っすheart04
ほんと今思い出してみてもストーリーはごくフツー。さらに、ヒス女めいたキャサリン・ゼタ=ジョーンズはキツいw んでも姐さん書いてられるように、「それはそれ」ww あのハイパー陽気&ハッピーオーラ出まくりアーロンの素敵だったこと!!!(あのモサモサ頭わたしも好きー!!!) あぁぁもっかい観たくなっちゃいましたhappy02

投稿: cite | 2008/06/07 12:39

★citeさん

そーそー、ねーやんのアローン誉めがあまりにも凄かった(笑)。
私は『ザ・コア』っていうSF映画が「初」でした。

映画の内容は微妙なのですが(自分はあの風刺の効いたラストは好きですが)
こちらの大学教授もエガったですよ~heart01 映画自体は大コケくんです。。。

機会があったらぜひ、ご覧ください!!
珍しく、純粋なヒーローを演じた映画ってことでwww

投稿: Michara | 2008/06/08 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/41397294

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(~6月1日):

» 幸せのレシピ [from butthole with love]
映画『幸せのレシピ』('07/"No Reservations")の試写会に行ってきた。 NYの人気レストランでバリバリ働く仕事バカの料理長ケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)が、亡き姉の遺児ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ったり、陽気なイタリアかぶれ男ニック(ア...... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 12:40

» DVD:「幸せのレシピ」 史上最大級のミスキャストのような気がしてならない... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』(2001)をリメイクしたものが、今回のハリウッド版『幸せのレシピ』。 これは絶対やばいと思っていたが、DVDになったので恐いもの見たさでレンタルしてみた。 結論 = めっちゃやばい!(悪い方の意味で) その確信は、最初の5分以内に押し寄せた。 料理一筋、異性関係も数年間もたず、口数が少なめの暗めのキャラ、がんこに料理道を突き進むストイックな女シェフの独白から始まる。 その主演のキャサリン・ゼタジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)... [続きを読む]

受信: 2008/06/08 09:31

« 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | 【DVD】パンズ・ラビリンス(2006) »