« 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES | トップページ | 最近観た映画(~6月17日) »

2008/06/14

【映画】JUNO/ジュノ

監督: ジェイソン・ライトマン   制作:2007年アメリカ
出演: エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン  他

【STORY】16歳のジュノは、予期せぬ妊娠をしてしまう。中絶することも1度は考えたが、直前になり気持が揺らぎ、赤ちゃんを産んでから養子に出すことにする。養子先も見つかり、日に日に大きなお腹になっていくジュノだったが…。
-----------------------------------

本日は『JUNO/ジュノ』の公開初日。そしてそして、その映画館では『ハムナプトラ3』の前売り券(特典付)も扱ってる♪ こりゃー、行くっきゃない。

もともと、愛車を修理に出しにディーラーに行く予定だったので休日のわりには早起き。『ハムナプトラ3』の前売り券と特典グッズもゲットし、『JUNO/ジュノ』の初回上映にも間に合い、ホクホクdeliciousした気持ちで映画を観ることが出来ました。

アカデミー賞ほか数々の映画賞で脚本賞を受賞した作品ということは知っていましたが、最近は事前情報をほとんどいれずに映画を観るので、過度の期待をしてなかったのが良かったかも。私はかなり楽しんで観ることが出来ました。

なーんていうか、この作品、「16歳の妊娠」以外に大きな事件は起きないんですよね。しかも、その大きな事件を"大きいこと"として表現していない。「妊娠→出産」までを、まるでジュノの平凡な日常の一部であるかのように表現してる…というか。

ジュノという女の子も、妙チクリンで変な考え方の持ち主で、観客全員が彼女の生き方に共感することは出来ないと思う。一見すると低年齢の妊娠と出産を賛辞しているかのようにも取れる映画にも見えるし、一歩間違えば非難を浴びてしまったかもしれない。でも、観客たち、映画賞はこの映画を受け入れた。何故なんでしょ。

ジュノ自身、妊娠してしまったことに対しては「失敗した。間違いを犯した」と分かってる。でも、子供を産むということ、育てるということがどのくらい大変なことなのか、映画を通してジュノはまるでわかっていないように見せている気がしました。出産シーンですら、サラリと描いている。

でも、わざとそういう風に撮ったんだろうなぁ。確信的というか…。子供に対して責任感なんて、最初はちーっとも感じていないかったジュノが、本当に少しずつなんだけど変化しているんですよね。

「産んだ子供の成長なんて見なくていいから」と子供に対して責任感なんてまったくない発言をしていたジュノ。でも、産んだあと、子供を抱くこともなく、父親のポーリーも子供の顔を見ることもなく里親のヴァネッサに託すことにしたっていうのは、彼女たちが今出来る精一杯の"自分の子供"に対する愛情表現だと私は思ったんですよ。ヴァネッサが愛情を持って子供を育ててくれるという信頼感もあったと思うし…。うーん、うまく言えないんだけどね。

若くして妊娠・出産し、その子供を養子に出すっていうのはアメリカではそれほど珍しいことではないのかもしれない。ドラマや映画などでもよく見かけるエピソードだし、この辺は日本とアメリカの倫理観の違いが大きくあるような気がします。

あー、うまく説明出来ないなぁ、もうannoy。画面上には見えないところに、この作品の本質が実はあったりするんじゃないかな、と深読みしてみました(笑)。

マイケル・セラくんの繊細な演技は良かったけど、どー頑張っても陸上選手の体型ではありませーん(笑)。エレン・ペイジは『ハードキャンディ』でパトリック・ウィルソンを凌ぐ怪演を見せてくれたけど、今回のジュノ役も手堅いなぁ。美人じゃないところがイイのかもね。将来、この2人はどんな俳優になっていくんでしょーね。楽しみだなぁ。

|

« 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES | トップページ | 最近観た映画(~6月17日) »

映画の感想--サ行」カテゴリの記事

コメント

期待しすぎは禁物・・・と分かってはいても、あのジェイソン・ライトマン監督の新作で、しかも全米大ヒット(それも口コミで)、オスカーまでノミネートされたとあっちゃぁ、、、つい、ねぇ。。。
んでもホント、期待しすぎたせいで自分は「うぅーーーん。。。」な感想を持っちゃった、てのはあると思う。。。

姐さんも書いてられるように、ジュノの性格は誰でも共感できるモンじゃないし、「低年齢の妊娠と出産を賛辞しているかのようにも取れる」、と私も思う。すべてをさらっと受け流すジュノとこの映画のノリに私がついてけないのは、「日本とアメリカの倫理観の違い」なのかも知れないですね。ふむぅーーー。

Mセラがあのゴボウみたくほっそい脚で(しかも脚ツルツルw)陸上選手てのは(おまけにしまい、何か好タイムで勝ってるしw)、ファッション込みで笑えて良かったっス♪ 見えないといえば、エレン・ペイジが「16歳の高校生」てのもビミョーに、、、時おりムリあったかなぁともww

投稿: cite | 2008/06/16 05:23

実はねーやんのBLOGで「うーーーん正直、期待したほどでも・・・」ってのを
読んだので、期待しないで観にいきました~coldsweats01

もともと、オスカー受賞作品とかノミネート作品ってのとは相性悪いこと多いし(笑)
それが良かったのかもwww

>Mセラがあのゴボウみたくほっそい脚で(しかも脚ツルツルw)

あの脚で大会新記録は無理だろ~みたいなw
そういえば、ジュノがポーリーと仲直りするために、彼んちのポストに
オレンジ・ミント(だったかな)を100個入れとくエピソード好きでしたよ~。
"ミント・ジャンキー"って叫びながら走っていくとことね。

>エレン・ペイジが「16歳の高校生」てのもビミョーに

確かに…(笑) エレン・ペイジって妙な落ち着きがありますもんね。

投稿: Michara | 2008/06/16 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/41545243

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】JUNO/ジュノ:

» JUNO/ジュノ [from butthole with love]
映画『JUNO/ジュノ』('07/"Juno")の試写会に行ってきた。 望まぬ妊娠をしてしまった16歳の女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)が、自分なりの方法で現実と向き合ってく話。 わずか7館での公開から口コミで大ヒット。 アカデミー賞で作品、監督、主演女優、脚本の....... [続きを読む]

受信: 2008/06/16 05:24

« 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES | トップページ | 最近観た映画(~6月17日) »