« 最近観た映画(~6月1日) | トップページ | 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES »

2008/06/09

【DVD】パンズ・ラビリンス(2006)

パンズ・ラビリンス 通常版
今年観た映画作品の中で、1番になってしまいました。この映画、評判通り凄かった…。日本で放映されていたTVスポットを鵜呑みにして、ただのダーク・ファンタジーだと思って観たら、カウンターパンチを食らいます。これは出来ることなら劇場に観に行きたかった。こんな片田舎じゃ上映してなかったもんなぁ。

言葉ではとても言い表せないほど、ダークで切なくて、そして美しい物語。ファンタジーというジャンルでは片づけられない、衝撃的なラストに観終わった後、しばらく涙が止まらなくて、自分でも驚きました。

ファンタジー映画だからといって、子供と一緒に観賞なんてことおススメしません。小さい子供は、この映画観ちゃいけないよ。

1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられるのだった。(goo映画より

この作品のネタばれはしたくないので、核心に触れるようなことは書かないことにします。変な先入観を持たずに、作品のありのままをそのまま観て欲しいから。

ホラー映画の鬼才と呼ばれるギレルモ・デル・トロ監督が製作や脚本も手がけた渾身の作品で、数々の映画賞に輝きました。

ギレルモ・デル・トロ監督というと、『ヘルボーイ』や『ブレイド 2 』のようなハリウッド娯楽作品も手がけています。ちなみに私は『ヘルボーイ』のキャラは好きだけど、ナチスが悪役っていう設定が陳腐だとほざいてました。ギレルモ監督ごめんcoldsweats01。当時、ナチス悪役映画が続いてたもんでね~。『ブレイド』シリーズは2作目が一番好きですよ(って、こんな日本の片隅で何言っても聞こえないでしょーけど)。

ゲリラたちに非常な行いをする独裁主義者のビダル大尉の存在が凄すぎます。目を背けたくなるほど残酷なシーンの連続。「人間は平等ではない」と言い張る大尉。そんな彼は物語の中盤から人間ではなく、完全に怪物と化していきます。

夢見がちな少女があまりにも残酷な現実から目を背けたいあまり、自分の身を架空世界においたのか。それとも魔法の王国は本当に存在したのか。それは、この作品を観た人がどう感じるかによると思います。重くて辛くて苦しい映画だけど、でも、最後に残るのは安堵感というか。気になった人はとにかく観てください!

そういえば、デル・トロ監督は『ホビットの冒険』の監督を務めることにもなりましたよね。『パンズ・ラビリンス』の世界観は、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』の世界観と共通する部分があるなと思いました。しかも、オタク監督ぶりがかなり似てるかも(ホラー映画出身ってところとか)。

まだまだ制作が難航している『ホビットの冒険』ですが、すごく期待しています。『ヘルボーイ2』も映画館に観にいくぞ!!


|

« 最近観た映画(~6月1日) | トップページ | 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES »

映画の感想--ハ行」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです♪
これ!!観たかったのよ!!
でも、子供と一緒に観ちゃいけないのか。。。
夜中にヘッドフォンで(笑)
イケナイDVDを観ている気になる、小心者なワタクシ。

投稿: yume-heavenly | 2008/07/29 17:52

☆yumeちゃん

お久しぶり~。元気で妊婦やってるかー(笑)
『パンズ・ラビリンス』、すっごいドロドロのグログロだよ~。
夜中にヘッドフォンは正解かも。yumeちゃんが好きそうな作品よん♪

投稿: Michara | 2008/07/29 23:55

実は "ファンタジー" てジャンルも苦手なんすけど・・・
子供が主人公の映画ってのも苦手なんすけど・・・
(ってか私、守備範囲せまいなーw)
観て良かったです!!!

ファンタジー、なのに現実の部分は徹底してリアルで、その辺のバランスが、っつかこの2つの相反するジャンル(?)がこうも見事に(1つの映画の中に)共存するものか!!!と感嘆しきり、でした。

ところで気になったのが↓
> 『ロード・オブ・ザ・リング』の世界観と共通する部分がある
そ、そーなんですか!? 実は『ロード・・・』、観ようかな~ヴィゴ出てるし~でもファンタジー苦手だしぃ~・・・と躊躇してたんですが、、、な、悩ましいお言葉だなぁ~。
そぃや『ロード・・・』シリーズって、IMDbのレート軒並み高いんですよね。(たしか30位以内に3つばかし入っててビックリした記憶・・・。) うーーーん、悩む・・・・・・。

投稿: cite | 2008/08/07 20:38

☆citeさん

>実は "ファンタジー" てジャンルも苦手なんすけど・・・
>子供が主人公の映画ってのも苦手なんすけど・・・

ニャハハ~。今月は苦手克服月間になってますね~?
自分はたまにやりますよ。戦争映画とモノクロ映画が苦手なんですけど、
その手の映画を連続して観る週間をたまに作ります。ツライんだけど
観終わった後、妙な達成感や新しい発見があったりしますhappy02

ここは思い切って、『ロード…』3部作観ちゃいましょうよ~。
最近、イケメンにも目が行くようになったでしょ~。『ロード…』はイケメンの
中年がたくさん出てますよ~(笑)。一番はアラゴルン役のヴィゴちゃん。
正統派の美系でカッコ良すぎる~~heart01heart01heart01
役柄的に小汚くしてるんですけど、それがまたイイ!!

ただ、3部作なので観終わるまでが大変なんですけどね。
1作目はちょっと退屈だし。

投稿: Michara | 2008/08/08 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/41477767

この記事へのトラックバック一覧です: 【DVD】パンズ・ラビリンス(2006):

» 京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店レストラン街 [京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店レストラン街に注目]
特集!京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店レストラン街を特集しています。 [続きを読む]

受信: 2008/06/09 09:31

» mini review 07258「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★★☆ [サーカスな日々]
1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を通じて人間性の本質に鋭く切り込む。イマジネーションあふれる壮大な視覚技術を駆使して生まれたクリーチャーや深く考察されたテーマに根ざした巧みな演出が衝撃的。[もっと詳しく] オフェリアが紡ぎだした幻想(物語)の切なさ。 この作品の特徴のひとつは、スペ... [続きを読む]

受信: 2008/06/20 16:53

» パンズ・ラビリンス [from butthole with love]
映画『パンズ・ラビリンス』('06/"El Laberinto del fauno")観た。 舞台は1944年、内戦後、独裁政権下のスペイン。母の再婚相手とともに山奥で暮らすことになった少女が、いやな現実から逃れるかのように、幻想的な世界に引き込まれていく・・・という話。 第79回アカデ...... [続きを読む]

受信: 2008/08/09 13:32

« 最近観た映画(~6月1日) | トップページ | 【映画】幸せになるための27のドレス/27 DRESSES »