« 【DVD】俺たちフィギュアスケーター/BLADES OF GLORY | トップページ | 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 »

2008/05/27

最近観た映画(~5月27日)

サンキュー・スモーキング (特別編)
・サンキュー・スモーキング(2006)
話術を武器にタバコのPR活動をする宣伝マンの話。ラストのオチはかなり痛快。しかも、これはかなり知的やーん。

でも、観たかった理由は主演のアーロン・エッカート。あと少し待てばWOWOWで放映されたのだけど、どーしてもアーロン・エッカート祭を開催したくてレンタルしちゃいましたheart02

死の商人・モッズ特捜隊の会合シーンが好き。アーロンがタバコ業界、マリア・ベロがアルコール業界、デヴィッド・コークナーが銃製造業界のそれぞれ宣伝マンで、自分の業界がいかにたくさんの死者を出しているかを競い合っているなんてところが、とてもブラックで笑っちゃったわ。

タバコが体に悪いなんて誰でも知っていること。タバコを吸うか吸わないかを決めるのは結局自分…。そう、そうなのよ。今の世の中、たくさんの情報が溢れていて、私たちはその情報の中から何が正しいのか、自分にとって必要な情報は何なのかを選択しなくてはいけない訳で…。情報に操られるような簡単な人間になっちゃいけないってことを言いたい訳なのよね、この作品。

インターネットが普及して世界中の情報がリアルタイムで手に入る世の中なのに、世界のどこかの国では自分たちの力を誇示しようと、外からの情報をシャットアウトしたり、情報操作をしている国もあったりする訳で…。そういう意味では、たくさんの選択肢がある私たちは、間違った選択をすると痛い目に遭うっていう大変さもあるけれど、選択肢がある幸せを実感しなくちゃいけないんだよねぇ。なーんて、ちょっぴり真面目に考えてみたりするのでした。

ニック・ネイラー(A・エッカート)の息子の宿題「なぜ、アメリカ政府は素晴らしいのか(だったかな?)」という課題に笑った。日本ではそんな宿題絶対に出さないもんね。

Conversations(s)/カンバセーションズ
・カンバセーションズ(2005)
こちらもアーロン祭り用作品。WOWOWで見逃した~(涙)と思ってレンタルしたんだけど、来月また放映ありやしたgawk

ニヤけアーロンが好きな人は観るべし、観るべし(笑)。別れた女性を引きずりまくりの、ちょっと情けなーい感じの男性を演じていて、観てるこっちがニヤけてしまいますheart04 相手役はティム・バートンのパートナーとして有名なヘレナ・ボナム・カーター。ティム作品で特殊メイクとかオバケっぽい顔をしてる彼女しか見たことがなかったので、年相応の大人な女性を演じている姿が新鮮でした。

アーロンとヘレナが一夜を共にするシーンがあるのだけど、勢いよくTシャツを脱ぎ始めたアーロンに対して、ヘレナが「あなた、昔と比べて太ったわ」と一言。すると、脱ぎかけたシャツをまたアーロンが着ちゃうんですよ~。ここが超かわいくってね~heart04

作品のほとんどは、アーロンとヘレナの会話のみで進んでいきます。しかも、画面2分割という手法を使っていて、デ・パルマ作品(画面分割)がちと苦手な私としては、最初から最後までほぼ分割された画面に慣れるのに苦労しました。恋愛映画ってほとんど観ないんだけど、たまにはこーゆーのもイイかも…。


Gガール 破壊的な彼女 (出演 ユマ・サーマン)
・Gガール 破壊的な彼女(2006)
超B級なヒーロー映画っぽい作りで、私はこれ、嫌いじゃないなぁ。観てる間はガハガハ笑えて、観終わった後は何にも残らない。そんなコメディ映画でした。

ユマ・サーマンがスーパー・パワーを持つGガール。彼女の素性を知らないルーク・ウィルソンは、ユマを軽い気持ちでナンパしちゃうわけ。ところがGガールは異常なまでに嫉妬深く、ルークから片時も目を離さないものだから、さぁ大変。てな感じのストーリー。

とにかくユマがド迫力。あの顔とスタイルで思いっきりコメディしてくれるんだから、それを見られるだけで十分楽しい。ルークは優しいけど頼りない男を相変わらずイイ感じで演じてるし、アンナ・ファリスちゃんも『最終』シリーズ以上にお口アングリ開けてビックリ顔してくれてた。

バカバカしいコメディを観たい人は、これ結構イイっすよ~。最後のオチが気に入るかどうかだけど…ね。


主人公は僕だった コレクターズ・エディション
・主人公は僕だった(2006)
ウィルはコメディ以外もイケるのね。シリアスな顔してると、あのつぶらな瞳が益々つぶらに…(笑)。

頭が悪い私のために、どうしてハロルドの人生と執筆中の小説がシンクロしてしまったのか理由付けが欲しかった…な(笑)。確かに、ハロルドの退屈な人生を劇的に変える大事件ではあるんだけど。難しく考えずに寓話だと思って観るといいというレビューを読んだら、「そっかー」なんて思ってしまう私の単純っぷり。

悲劇しか書かない、しかも最後には必ず主人公を殺してしまう作家カレンの過去の作品でも、もしかしたら人生がシンクロしてしまった人がいて、小説の主人公たちと同じような死を迎えた人がいるかもしれないんだよね。カレンは今後も悲劇小説を書き続けるんだろーか?

朴とつしたウィルとは対照的に、太陽のようなマギー・ギレンホールが素敵だった。正統派の美人ではないけれど、何という魅力のある女優さんなんだろうと思っちゃった。スランプの作家、エマ・トンプソンの小汚い感じも良かったな。

大好きなクイーン・ラティファは、別にクイーンでなくてもよかったのでは?って感じの役だったのが残念。そういう意味では逆に新しいのかもしれないけれど。ダスティン・ホフマンのノホホーンとした適当な感じは良かったんだけど、ハロルドのこと、最後まで必死に助けて欲しかったなぁ。でも、最終的にハロルドは自分自身の考えで行動を起こした訳だし、大人に成りきれなかった男性の成長物語と思えばいいのかも。

|

« 【DVD】俺たちフィギュアスケーター/BLADES OF GLORY | トップページ | 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 »

映画の感想--他4」カテゴリの記事

コメント

うわわ、ちょーど観ようと思ってた作品&観た作品ばっかで、ちょと嬉しい♪♪♪

『サンキュー・スモーキング』、いーですよねーーー!!! メッセージ性(中身)とスタイリッシュさ(見た目)の両立、てだけでも拍手モンなのに、さらにユーモアの黒さも程よい(=笑えない、てほどキツくなく、クスリと笑える程度のブラックさ。んでもピリリと効いてる~!)。 これ観たあと、この監督の今後が楽しみ~!!!て思てたら次の作品があの『JUNO』!・・・で実は私、明日『JUNO』の試写会なんす♪ んっもーーー楽しみでなりませんっ!!!(今晩は早く寝なくちゃw)

『主人公は僕だった』は、、、これ私の周りのウィル・ファンにはけっこー評判悪くてw 着想は面白いんだけど、姐さんも書いてられるように、そもそもどーしてハロルドの人生と小説がシンクロ?とか、そもそもカレンが執筆中の小説、そんな素晴しい出来栄えかよ?とか(苦笑)、全体的に裏付けが弱い。
ぃや、面白くなかったワケではなく、、、ウィル・ファンとしては、この映画に過大な期待をかけ(すぎ)てたんですよね。。。アダム・サンドラーにとっての『パンチドランク・ラブ』みたいな作品(←ぜんぜんコメディじゃない、けど、アダムの良さ/魅力を十分に理解し、存分に生かした、まさにアダムのために作った作品!)を期待してたんですけど、『主人公』は別にウィルじゃなくても良かったかなぁとも。。。

『カンバセーションズ』は前からすっごい観たくて観たくて!!! WOWOWの録画してんですが、うちの旦那がこれ観るのすんごイヤそーなんすよ。。。(これ観るつもりでツタヤ行ったら、ジーン・ハックマンの『カンバセーション-盗聴-』にすり替えられちまったことすらあるw ぃや、こっちの『カンバセーション』も面白かったけども。)
ニヤけアーロン、大好物でっす!!!(←ヨダレ全開!!!
私も「画面2分割」てのは、どーだろ?て思てたんですが、あぁやっぱ、「慣れるのに苦労する」んスね・・・。でもニヤけアーロンのためならそんな苦労なんてっ!!!

『Gガール』もWOWOW録り置きしてんですが、、、なんか常に「これ観るのはまた今度でいいやw」て位置にいるww そして、そんな扱いがルークにはよく似合う、ってぇ気がww

投稿: cite | 2008/05/27 20:26

★citeねーやん

『JUNO』の試写会、うらやましーーーhappy02
マイケル・セラくんもかなーり旬ですよね。私もはやく観たいです。
citeねーやんは試写会当てる天才ですね。尊敬~!!

>これ私の周りのウィル・ファンにはけっこー評判悪くてw

うむむ。確かにウィルの持ち味を活かしきれてるか、といわれると難しい。
泣いて騒いで暴れて…。外見はオッサン(笑)、でも中身はワンパク坊主。
ウィルって、そんな印象です。

>ジーン・ハックマンの『カンバセーション-盗聴-』にすり替えられ

ぶーっdash マジでフキました(笑)
citeねーやんのBlogに感想ありましたよね。何でまたジーン・ハックマン?と
思ってたんですよ。そんな理由があったとは~。旦那さん、そんなに拒絶してるんだsweat01

確かに女性向きの作品でした。でもでも、アーロンが脱ぎかけたシャツを、
また着直すシーンは、絶対にねーやんも気に入ると思いますよ。
絶対に見て、見て。せめて、そこだけでもw

>なんか常に「これ観るのはまた今度でいいやw」て位置にいるww 

なんか分かる。そして間違いなく、その程度の作品でしたw
ルークは嫌いではないけれど、やっぱりその程度の存在です。
でも、誰かの作品にチョロって出ていると、ちょっとだけ得した気分に
なる、そんな奴…(笑)

投稿: Michara | 2008/05/28 01:55

『カンバセーションズ』よーやく観ましたーーー!!!
んっもーーー姐やんのおっしゃる通り、ニヤけアーロン好き必見すね===!!! たまらんかったどすlovely
画面2分割も、奇をてらった感じかと思いきや、実に効果的で! セリフもすんごく良いし!! なんだか恥ずかしいくらい、ツボりまくりでした。(そして旦那は、そんな私を冷めた目で見てたw)
ぃやホント、姐やんに背中押していただき、感謝、感謝でっすぅ~~~!!!

投稿: cite | 2008/06/02 02:29

★citeさん

旦那さんの冷めた目なんてカンケーねぇ(笑)。

>ニヤけアーロン好き必見すね

ホント、ホント。電話を立ち聞きするシーンとか、かなりヤバいですよねheart01
こっそり留守電聞いちゃうところとか、思わずニヤニヤしながら観てしまいました。
(↑傍から見たら、かなり気持ち悪いでしょ~w)

>ぃやホント、姐やんに背中押していただき

いえいえ、何をおっしゃいますか。
私も『スーパーバッド』を観たい一心でレンタル屋嫌いを克服出来たんですよ~。
citeねーやんが背中を押してくれたおかげです^^

投稿: Michara | 2008/06/03 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/41320634

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(~5月27日):

» サンキュー・スモーキング [from butthole with love]
映画『サンキュー・スモーキング』('05/"Thank You for Smoking")観た。 日に1200人を殺すタバコ業界の「顔」=タバコ研究アカデミーの広報部長としてバリバリ働く男の活躍を描いた、偽ドキュガンダ(※)映画。ぃや、ドキュガンダのパロディかも! ※「ドキュガ...... [続きを読む]

受信: 2008/05/27 20:28

» 主人公は僕だった [from butthole with love]
映画『主人公は僕だった』('06/"Stranger Than Fiction")の試写会に行ってきた。 国税庁に勤め、規則正しい(つか、几帳面すぎて何の面白みもない)毎日を送っていたハロルドの頭ん中に、ある日突然、女性のナレーションが聞こえてくる。その声は彼の行動を正確に描写し...... [続きを読む]

受信: 2008/05/27 20:29

» カンバセーションズ [from butthole with love]
映画『カンバセーションズ』('05/"Conversations with Other Women")観た。 10年ぶりに再会した男女の、一晩のやりとり、てシンプルな内容で、セリフはほぼ2人の会話(カンバセーション)のみ。画面に登場するのもほとんど2人だけ。で、全編デュアル・フレーム(画....... [続きを読む]

受信: 2008/06/02 02:18

» 来日は新しい女を見つけるため?「Lの世界」キャサリン・メーニッヒ [キャサリン・メーニッヒ「Lの世界」で演じたレズは本物でした!]
キャサリン・メーニッヒは本物のレズ!?女と絡む時ほど激しく演じるキャサリン・メーニッヒに迫る [続きを読む]

受信: 2008/06/05 11:53

« 【DVD】俺たちフィギュアスケーター/BLADES OF GLORY | トップページ | 【映画】ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 »