« 春ですから | トップページ | ミディアム~霊能者アリソン・デュボア »

2008/04/18

最近観た映画(~4月18日)

K-PAX 光の旅人
・光の旅人 K-PAX(2001)
タイトルからしてあまり面白そうではなかったので全然期待していなかったのですが、これが期待を裏切る面白さ。めちゃくちゃ良かった。"INKHEART"のイアン・ソフトリー監督作品ということで義務感で見たところがあるのですが、こんな作品があったとは観て得したなぁと思いました。

ケビン・スペイシーが地球にやってきた自称・宇宙人プロートという役柄を何とも可愛く素敵に演じていて、まわりの人間みんながプロートを大好きになってしまうというのに説得力がありました。大泣きする映画ではないけれど、心ほのぼのする作品。

宇宙人だと名乗る中年男性プロートは精神病院送りになってしまうのですが、まわりの患者達もそして医師までも彼に癒されます。プロートは本当に宇宙人なのか、それともただの精神病を患った人間なのか。その疑問は最後まで判明せず、判断は観客に委ねられます。私もプロートは宇宙人だった説に1票。だって、その方がずーっと夢があるもん。

洗脳
・洗脳(1998)
最近、むちゃくちゃお気に入りのジェームズ・マースデン君みたさに、こんなDVD買ってしまいました。あはは、1回しか観ないかも(笑)。

X-ファイルを手掛けたことのあるデヴィッド・ナッター監督の作品とのことで、なーんというか古式ゆかしい学園ホラーというかスリラーというか。問題児たちを次々と洗脳して、優等生に改造してしまう小さな村。警察官や親達もそれを黙認し、洗脳された子供たちは頭脳と引き換えに、感情をコントロール出来なくなっていく…。

という訳で、ついているキャッチフレーズが「いい子、ときどき殺人」(晴れ、ときどき殺人ではありませんよ)。ケーティ・ホームズやニック・スタールといった知ってる顔も出ていたし、ちょっぴり若い(高校生役にしては老けてるけど)ジェームズ君が見られたからいいや。


最`愛'絶叫計画
・最`愛'絶叫計画(2006)
頭の悪い映画って本当に楽しいですね(爆)。いろいろな映画のパロディ・シーンがてんこ盛りで、映画ファン、コメディ・ファンなら「あ、あれ、あれ。あの作品」な感じで楽しめること間違いなし。でも、お下品なシーンも満載な上、内容は別にない映画なのでご注意を(笑)。

『愛しのローズマリー』なみにおデブなジュリアという女の子が主人公。ダースベーダー並みの改造手術を受け、美人に大変身。運命の恋人グラントと出会ったジュリアだったが、2人の前には次々と障害が…。ジュリアとグラントは無事、結婚出来るのか?

私がわかったパロディシーンは他に、『ウェデング・プランナー』『バス男』『ミート・ザ・ペアレンツ』『キル・ビル』『ロード・オブ・ザ・リング』『Mr.&Mrs. スミス』『ポリー my love』『プリティ・プリンセス』『ドッジボール』『ウェデングクラッシャー』『キング・コング』などなど。他にもたくさんのパロディが入っているらしいけど、よくまぁ、これだけの映画を詰め込むものだなぁと感心します。

でも、内容は別にないから。ジュリアの父ちゃんが黒人で、母ちゃんがインド人で、妹が日本人ってのが意味分かんないけど面白かった。それから、ユダヤ人の血も入ってるんだったかな。

|

« 春ですから | トップページ | ミディアム~霊能者アリソン・デュボア »

映画の感想--他4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/40874568

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(~4月18日):

« 春ですから | トップページ | ミディアム~霊能者アリソン・デュボア »