« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の2件の投稿

2007/11/18

最近観た映画(11月1日~11月16日)

プライドと偏見
・プライドと偏見(2005)
これは女性のための映画ですねー。「乙女は観なさい!」と言っときます(笑)。

18世紀のイギリスの田舎町に暮らすベネット家の5人娘達。女性には父親の遺産を相続する権利がないため、娘達は資産家と結婚することを夢見ていた。次女のエリザベスは舞踏会で資産家のダーシーと出会うが…。

キーラ・ナイトレイが何となく苦手で公開当時は敬遠していたのですが、美しいロケーションを映画館で堪能しておけば良かったと後悔しました。イギリス映画って緑が綺麗に出ている作品が多いような気がします。キーラは『パイレーツ・オブ・カリビアン』より断然良かったし。

お金持ちと結婚して幸せになりましたとさ、というシンデレラ・ストーリーは、この当時のイギリスの女性にとっては夢物語だったんでしょうね。ただ、『いつか晴れた日に』でも同じでしたが、ジェーン・オースティンが描く女性って1本芯が通ってて、好感が持てます。長く愛されている理由もそこなのかな。

コリン・ファースが出演していたTVドラマ版が伝説になるほどコアなファンがいることは知っていたのですが、映画を観たらドラマ版も観たくなっちゃいました。

面白い映画があるよーとオススメしてくれた姉やん、ありがと~♪


ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
・ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005)
母親を亡くした子供たち7人が父親の気をひこうと悪戯をして乳母を次々と辞めさていくが、そこに不思議なナニー・マクフィーが現れる。ナニー・マクフィーは子供たちに5つの大事なことを教えていき、子供たちは少しずつ何かを身につけていくのだった…。

楽しくてロマンチックで子供と一緒に楽しんで観られるようなファミリー映画でした。小憎たらしい子供は大好き(笑)。セットがカラフルで、ロケーションも綺麗。『メリー・ポピンズ』に似てるけど、もっと毒がある。『レモニー・スニケット』ほど毒々しくはなく観やすい作品だと思います。

ヘンテコリンなメイクをして真面目な顔しているエマ・トンプソンがおかし~。料理係のイメルダ・スタウントンのコメディエンヌっぷりも最高でした。あと、末っ子の赤ちゃんが超かわいい。

続きを読む "最近観た映画(11月1日~11月16日)"

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007/11/05

なんということでしょう…

先週末の旅行で台風に直撃しズブぬれになったせいでしょうか。帰宅してからも調子が悪く、しかも残業続きで、やっぱり金・土・日と寝込んでしまいました(涙)。

なーんか、BLOGが病気報告になっているような気がする今日この頃。まだまだ残業続くので本日はこれにて。

映画も観に行ってないし、テレビの録画もたまりまくってるよ~(えーん)。2007_10270020


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »