« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の6件の投稿

2007/08/30

"Hairspray"興行収入1億ドル突破

話題としては少々乗り遅れましたが、先々週のWeekend Box Officeで"Hairspray"の興行収入(全米のみ)が1億ドルを越えました。わーい、パチパチ。しかも、公開7週目でまだ10位以内に入ってますよ。

ミュージカル映画としての収入ランキングは、『グリース』『シカゴ』『ロッキー・ホラー・ショー』に続き、第4位となっています。

初登場1位を取れなかったのに1億ドル突破したってことは、作品の評判が良くってリピーターが多いってことかな? あー、楽しみ。はやく観たい!!

ちなみにニッキーちゃんとザックくんは来週、シドニーで行われるプレミアに出席するそうです。2人とも日本に来てね~♪

続きを読む ""Hairspray"興行収入1億ドル突破"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/08/26

あああ...

新サイトの早急なメンテナンスが必要な箇所が多くて、Blogの更新がストップしてます~。映画も何本か観てるんだけど、感想書いてる暇がない…。相変わらず、仕事も残業続きだし…。

ってことで、とりあえず観た映画のタイトルと簡単な感想だけメモっておきます。

-------------
劇場で観た映画
-------------
・トランスフォーマー
ロボット達が車やトラックからトランスフォームする姿がカッコイイ!! 日本では絶対にウケないコテコテのギャグがてんこ盛りで私的には大ウケでした。硬派なオプティマスプライムがカッコイイぞ。主役のシア・ラブーフくん、かわいい~。サムとバンブルビーの友情にはちょびっと涙。劇中で『アルマゲドンの100倍すげー。カッコイイ』みたいな台詞があったけど、ここ笑うところ。マイケル・ベイはこういうバカな映画を撮ってる方がいいと思う。

・ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリーはどんどん可哀相になってくる。こんなに真っ暗な話でいいの~? 可哀相過ぎて見てられません。

続きを読む "あああ..."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

お知らせ

ブレンダン・ファンの皆さま、毎日毎日暑いですが夏バテしてませんか? 

本日はちょっとしたお知らせがあります。実はブレンダン用情報共有サイト(ファンサイトとも言う)を作ってみました。随分と前にボヤいていたモノ(1年越し)が何となく出来てきたので思い切ってお知らせします。

ブレンダン・フレイザー<期間限定>情報共有サイト

まだ、本格運用とまではいきません。実は、システム的にかなり不安定で自信がないので、テスト期間として皆さまに色々と触っていただいて感想や不具合情報を頂けたらな~と思ってます。

このサイトは<期間限定>にする予定です。もし、"Mummy"や"Inkheart"が大当たりして再ブレイクするようなことがあったら調子に乗って延長する可能性もありますが(笑)、とりあえずは来年いっぱいの期間限定にしようと考えています。

続きを読む "お知らせ"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

夏休みに観た映画 Part.1

連日、暑いですねー。私の住む信州某所でも日中は気温が35度以上上がり、室内の温度は38度くらいまで上昇します。エアコンが苦手なので扇風機は4台ありますがエアコンはありませーん。

ただし、今年は夜になると気温がグンッと下がるので扇風機も必要ないのが救い。…って山に住んでるからかな(しかも墓地だから見た目にも涼し~)

あまりの暑さにテレビを観る気にもなれず、ノルマがちっとも減っていかない。昨日は映画館に行ったのに満席で『ハリポタ』も『トランスフォーマー』も観られなかった(ションボリ)。

僕の大事なコレクション

  • 僕の大事なコレクション(2005)

  • citeさん大絶賛の『僕の大事なコレクション』を観た。といっても、私の目的は"おたく青年イライジャ"見たさ。『ロード・オブ・ザ・リング』で美しきホビットを演じた後の彼は、それまでのキャリアを捨てさせるかのようなヘンテコリンな役を演じている。

    DVDジャケを見てもらえば分かりますが、七三分けにド近眼メガネをかけたイライジャ(ぶっちゃけ、キモッ)。フロドの面影はどこ???

    ユダヤ系アメリカ人青年のジョナサン(イライジャ)は家族にまつわる品物をジップロックに入れて壁にコレクションするのが趣味。ある日、彼は亡くなった祖父の故郷ウクライナで、祖父の恩人アウグスチーネを探す決意をする。

    ブロークンな英語の通訳アレックスと、盲目(のフリ)の運転手のアレックスの祖父、そしてバカメス犬のサミー・デイヴィス・Jr.Jr.をガイドにオンボロ車で目的地を探すのだったが…というのが、あらすじ。

    軽~く観てたら、最後の最後に「えええええ???」な展開が待っていた。ずっと本当のことを隠し通して生きてきたアレックスの爺ちゃん。今まで誰にも理解出来ないような重荷を引きずって生きてきたんだろーな。そんな暗い過去を忘れる為には、爺ちゃんの中から元凶そのものを抹殺するしかなかったのかも…。自身のルーツを捨てるって、どんなに辛いことだろう。

    アメリカかぶれのウクライナ人アレックスとジョナサンの友情が深まっていく様子がとても良かった。英語分からんチンな私は、アレックスのブロークン英語の笑えるポイントがイマイチ理解できず。ガックシ。

    イライジャの繊細な演技は以前から定評があるが、今回も手堅い。メガネの中からこぼれ落ちそうな大きな瞳が印象的。この子の青いガラス玉みたいな瞳はハリウッドでも貴重品です。保険掛けてるかな? 大事にしてね。

    アレックス役のユージン・ハッツがめちゃめちゃイイ。無知でオバカちゃん、だけど憎めない青年を見事に演じきってました。アレックスは狂言回し的役割なんだけど、彼の存在が重たくなりそなラストをホンワカとさせてくれた。

    そして、サミー・デイヴィス・Jr.Jr.が愛しい。うちのバカ犬ジロとどこか似てる(笑)。

    監督は俳優でナオミ・ワッツの彼氏のリーヴ・シュレイバー(私的には『スクリーム』の人なんだけど)。この作品で監督デビューだそうです。リーヴってトニー賞も受賞してるんですと。才能豊かですねぇ。ヒマワリ畑のシーンは圧巻でした。

    続きを読む "夏休みに観た映画 Part.1"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2007/08/13

    最近観た映画(7月30日~8月12日)

    プルートで朝食を

  • プルートで朝食を(2005)

  • 師匠からDVDを借りて観たのですが、あのキリアン・マーフィが女の子の心を持った青年を演じていたとは知らなかった。いいもの観ました。

    独立闘争が進む1970年代のアイルランド。母親に捨てられ、孤独な幼少時代を過ごしながらも、力いっぱい生きていくパトリック(本人はキトゥンと呼んでねと言ってますが)。キトゥンはいつも笑顔で楽しそうに生きているけれど、本当は心に深い暗闇を抱えてる。でも、笑顔で生きていないと自分が悲しくて惨めになっちゃう。シリアスなんて大嫌い。この辺、「もー、わかる、わかる」って感じ。

    キリアンってすごくハンサムって訳でもないし(どっちかというと悪役顔)、スタイルがいい訳でもない(つーか痩せっぽっち)。でも、あの青い瞳がスクリーンでアップになると吸い込まれそうになってしまう(『28日後...』は相当ヤバイ)。

    次に観るのは『麦の穂をゆらす風』かな(10月にWOWOWで放映)。こちらは1920年代のアイルランドの独立闘争が舞台となっていて、2006年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したそーな。絶対、泣きそう…。


    ゴスペル

  • ゴスペル(2005)

  • 映画情報番組でこの作品の予告を観たときに「すごく観たい!!」と思っていたのですが、日本では未公開でした。有名な俳優さんが出てる訳でもないし仕方ないか。

    牧師である父親と対立し、聖職者の道へ進むことを辞め、R&Bシンガーとなったデイビッド。そんなデイビッドが病で倒れた父のもとへ帰り、教会の再建に協力し始めるようになる…というあらすじ。

    ゴスペル・ライブが見どころとなっていますが、なぜかWOWOWの放映では曲には字幕がつかず…。ただのライブ映像になっちまってるジャン(涙)。

    ゴスペルとか教会について知識皆無なのですが、牧師様のお説教タイムがあんな風にショービズ化してるのが何とも面白いというか。信者を増やす為にどこも苦労してるんだろうな~とか生臭いことを考えちゃう。

    途中まではストーリー展開も分かりやすく面白かったのですが、最後の最後で主人公の精神世界論みたくなっちゃって訳分からなくなってしまいました。惜しい…。主人公デイビッドを演じたボリス・コドジョーがカッコ良かった。

    続きを読む "最近観た映画(7月30日~8月12日)"

    | | コメント (2) | トラックバック (2)

    2007/08/05

    【映画】レッスン!/TAKE THE LEAD

    製作:2006年アメリカ  監督:リズ・フリードランダー
    出演:アントニオ・バンデラス、ロブ・ブラウン、ヤヤ・ダコスタ、アルフレ・ウッダード、カティア・ヴァーシラス 他

    【STORY】 ニューヨークの公立小学校で教育の一環に社交ダンスを取り入れ大きな実績を挙げた実在のダンサー、ピエール・デュレインのエピソードをヒントに描かれた青春ストーリー。
    -------------------------------------

    先々週、東京遠征の時に渋谷のシネマGAGA!でお友達と一緒にアントニオ・バンデラス主演の『レッスン!』を鑑賞してきました。革張りのシートが非常に気持ちのいいシネマGAGA!、オススメです(笑)。

    手に負えない悪ガキたちをダンス指導で更生させようと決意するピエール(アントニオ・バンデラス)。スラム街で育った彼らは将来に夢や希望を持つこともなかったが、ダンスを学ぶ喜びを知り、少しずつ変わっていく…という物語。

    続きを読む "【映画】レッスン!/TAKE THE LEAD"

    | | コメント (0) | トラックバック (2)

    « 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »