« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の7件の投稿

2007/06/17

最近観た映画(6月10日~6月17日)

アメリカン・ビューティー

  • アメリカン・ビューティー(1999)

  • 思っていた以上に面白かった。アカデミー賞作品賞を受賞したということで、もっと堅苦しいストーリーを想像していたんだけど、ちょっと頭を使うブラック・コメディという感じで、最後の最後までよく出来ている。

    娘の親友(アンジェラ)に電撃的に恋をしてしまうハゲ親父をケヴィン・スペイシーが何ともネットリ演じている。アンジェラを見る親父目線が何ともイヤらしい。うまい!!(笑) 「筋肉のある、たくましい男性が好き」というアンジェラの話を聞き、即効でトレーニングし始める姿がイタいけど、妻にも娘にも相手にされなくなった男性が若い女の子に現をぬかしてバカやっちゃうって気持ち、分からなくないよね~。

    そこから、この一家の平凡だった生活は一転し、どんどん狂っていく。彼らのまわりの人間を巻き込んで…。「美しくなりたい」「平凡な女の子にはなりたくない」「認められたい」「誰かに愛されたい」「真実が露見することだけは避けたい」「目を閉じ、現実を見たくない」などの人間なら誰もが抱える心の叫びが、たった一つの歯車が狂ったことで予想し得ない方向に発展していくという展開は秀逸。


    続きを読む "最近観た映画(6月10日~6月17日)"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2007/06/16

    7月からの海外ドラマ・メモ

    7月版のスカパー番組見どころガイドが送られてきたのでチェック。うーん、7月から海外ドラマがたくさん始まってしまう。6月スタートのドラマも結構あるってのに。

    来月は仕事&プライベートで行事満載なので忙しくなりそうだなぁ。今のうちにHDDレコーダーの容量を空けておかなくちゃ。

    プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX 

  • プリズン・ブレイク シーズン1 

  • FOXチャンネル(CS ch.722)・7月4日から

    ようやくFOXチャンネルで話題の『プリズン・ブレイク』がスタート。地上波での放送を訳あって見逃してしまったので、「待ってました。つか、遅いよ!!」ですよ。毎週、キレイなウェントワース・ミラーを見られるのも楽しみ~♪(キレイなお兄さん好きで悪いか~?)

    職場の友人も「途中から観たのにハマってしまった。次シーズンが楽しみ」と力説してました。海外ドラマ好きでもないのに珍し~い。すごーく楽しみにしてます。


    プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1

  • プリズン・ブレイク シーズン2

  • 日テレ・私んとこは本日から

    シーズン2が日テレでスタート。私の住んでいるところでは本日深夜から。こちらは録画しておいて、シーズン1を観終わった後に一気観することになりそう。こりゃ贅沢だぞ~。

    続きを読む "7月からの海外ドラマ・メモ"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2007/06/10

    最近観た映画(6月1日~6月9日)

    ピンクパンサー コレクターズ・エディション

  • ピンクパンサー(2006)

  • 昨年、仕事が忙しかったため映画館に観に行けなかった『ピンクパンサー』をWOWOWで観た。近年、ドジだけど一生懸命で憎めないパパ役が多いスティーブ・マーティン。ファミリー・コメディはちょいホロリ~な展開も多いだけに、久々のドタバタには笑わせてもらいました。やりすぎでもいーの、いーの(笑)。

    ピーター・セラーズのクルーゾ警部は2本しか観ていないのだけど、新シリーズの『ピンクパンサー』は旧作にすごく敬意をはらっていると思った。コッテンコッテンのギャグや展開がオリジナルと一緒なんだもん。

    ジャン・レノ(大きい田中邦衛さんにしか見えなかった)のコメディアンぷりがイイ。旧作でクルーゾ警部には東洋人の弟子ケイトーがいて、修行といってはメチャクチャなカンフーをやっていたんだけど、その代わりをジャン・レノが演じたみたい。まさか全身タイツまで見せてくれるとは思わなかったから大爆笑しちゃいました。それと006役でカメオ出演したクライヴ・オーウェンもオモシロー。

    口ばっかりで何も出来ないクルーゾ警部が、実はちゃーんと中国語の意味が分かってたなんてオチも面白かった。旧シリーズの流れをくむなら、次シリーズではドレフュス警視がクルーゾに復讐しようとするのかな?

    オープニングのアニメが好き。マーティン版クルーゾは白髪なので、アニメのクルーゾも白い髪の毛になってるんだよね。次シリーズの製作も決定したはずなので、今度は劇場に観に行くぞ~!!

    続きを読む "最近観た映画(6月1日~6月9日)"

    | | コメント (3) | トラックバック (1)

    2007/06/06

    CRハムナプトラ

    大変です。ブレン・ファンとして、これを見逃してはいけません。

    な、な、なんと、2001年の大ヒットから6年経った今、なぜ今、”Mummy3"製作を知った関係者でもいたのか。たくさんの疑問が浮かびますが、パチンコホールに「CRハプナプトラ」が登場しました

    セブンラッシュ@スポニチから引用

    本機は2001年に公開された映画「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」とのタイアップ機。劇中同様腕輪が鍵を握ると言っても過言ではなく、盤面右側にはアヌビス腕輪役物を搭載。様々な場面で可動すればチャンス到来となる。他にも予告演出やリーチアクションに実写映像を多数採用、世界観溢れる仕上がりとなっている。

    パチンコ好きなMicharaさん、本日ホールで見つけちゃいました。本当はやりたかったけど、2台しかなかった上、2台ともお客さんが座っていたので後ろの席でチラ見してきたぞ。

    リックもエブリンもアレックスくんも「ハム2」のキャラクター総出演でしたよ~。くそー、いいなぁ。やりたいなぁ。

    パチンコ・ホールに行く勇気はないけど、どんな感じなのか見てみたいなぁという方は、メーカーホームページに演出シーンの動画がありますので、ご覧になってみてください。映画の名シーンが大当たりを呼び寄せる演出となってます。日本語吹替がちょっとマヌケですが、ブレン・ファンとしてはニヤけてしまう(笑)。

  • タイヨーエレック/製品紹介/CRハムナプトラ
  • | | コメント (9) | トラックバック (0)

    2007/06/05

    ミュージカル映画を観るのだ

    タモさんのミュージカル嫌いは有名ですが、皆さんはミュージカル映画お好きですか?

    ここ数年、ハリウッドがミュージカル映画をバンバン製作してくれるおかげでミュージカル映画を観る機会が増えてきました。ミュージカルってワクワクしますよね~? 古い作品はまだまだ観てないのも多いので、そのうち観たいな~と思ってます。

    その前に、鑑賞済みのミュージカル映画。一応、有名どころは押さえてる?

  • 巴里のアメリカ人(1951)

  • ウエスト・サイド物語(1961)

  • マイ・フェア・レディ(1964)

  • メリーポピンズ(1964)

  • サウンド・オブ・ミュージック(1964)

  • オリバー!(1968)

  • ジーザス・クライスト・スーパースター(1973)

  • ファントム・オブ・パラダイス(1974)

  • ロッキー・ホラー・ショー(1975)
  •  →DVD所有
  • グリース(1978)

  • ブルース・ブラザース(1980)

  • アニー(1982)

  • リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)

  • エビータ(1996)

  • ノートルダムの鐘(1996)

  • リトル・ヴォイス(1998)

  • サウスパーク 無修正映画版(1999)

  • ムーラン・ルージュ(2001)

  • シカゴ(2002)

  • オペラ座の怪人(2004)
  •  →DVD所有
  • プロデューサーズ(2005)
  •  →DVD所有
  • レント|Rent(2005)
  •  →DVD所有
  • ハッピー フィート(2006)

  • ドリームガールズ(2006)
  • この中でオススメは、やっぱり『ロッキー・ホラー・ショー』かしら(爆)。『フットルース』や『サタデー・ナイト・フィーバー』をミュージカル映画にカウントしてる人もいるのですが、あれってダンス映画じゃないの? 『フル・モンティ』はミュージカル映画じゃないよね~?

    続きを読む "ミュージカル映画を観るのだ"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2007/06/03

    [映]パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END)

    2007年アメリカ  監督:ゴア・ヴァービンスキー
    出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ 他

    【STORY】デイヴィ・ジョーンズと東インド会社のベケット卿が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウだった。しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていて…。
    -------------------------------------

    「2」で散々、文句言った私ですが、完結編は観に行かねばなりますまい。ということで有休取れた日に観に行ってきました。朝の10時半から映画観るのは初めてだったけど、みんなが働いている時に遊んでるって気分がいいね~。

    それもあってか、「2」のストーリーや人間関係、はたまた終わり方まで全部ぶっ飛んでいたけれど(ジャックはどうやって、あそこに行ったんだっけ?)、「3」の方が個人的には楽しめました。何が凄いってCGが凄い!!(笑)

    続きを読む "[映]パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END)"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2007/06/02

    最近観た映画(5月20日~5月31日)

    戦場のピアニスト

  • 戦場のピアニスト(2002)

  • ようやく、『戦場のピアニスト』を観た。やっぱり私、エイドリアン・ブロディの顔が生理的に好きじゃないんだわ。

    ま、それは置いといて、ナチス・ドイツに迫害を受けながらも戦火を奇跡的に生き延びた実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの回想録を基にした作品なので、ナチの非情なシーンが目を覆いたくなるほど出てきました。

    ただ前半はとても淡々としたストーリー展開。それはシュピルマンという人がピアノ以外に得意なことがなくって、ボーッとしてるような人だから? 

    ユダヤ人のシュピルマン(A・ブロディ)はピアノを弾くこと以外には何も出来ないピアニスト。そんな彼がどんな姿になろうとも、どんなことをしても生き抜きたいという姿が後半描かれていて(しかも少し滑稽に)、前半とはまったく違うテイストになっていたのが面白かった。

    前半は戦争映画、後半はファンタジー? たった一発の銃弾で簡単に死んでしまう人が大勢いる中、あんな戦況下を奇跡としか言えない方法で生き抜いた人が実在しているってことが凄いと思う。そして、どんな時代でも、どんな状況でも人間の心を忘れない人はきっといるってこと。

    でも、シュピルマンのあの優しい家族達はどうなったのだろう…。考えたくもない。


    ロンゲスト・ヤード コレターズ・エディション

  • ロンゲスト・ヤード(2005)

  • 1974年版のオリジナルは観ていないのですが、めっちゃ男臭い映画でした。刑務所が舞台の「看守vs囚人」の物語だから当たり前か。唯一の華がオカマちゃん達ってのもイイ(笑)。アメフトのルールを知らない私が致命的だったけど…。

    主演のアダム・サンドラーがいつものボケもギャグも抑えて、NFLの元トップ・プレーヤーを演じてたってのも好印象。やっぱ、一生懸命に頑張ってる人の姿を見るってのは気持ちいい。でも、アダムさんは『ウォーターボーイ』にしか見えなかったよ。

    ギャグ部分はクリス・ロックがしっかり押さえていたし、ボブ・サップの情けなキャラも面白い。短髪にしてたウィリアム・フィクナーさんも超カッコイイ。最後にちょこっと出てきたロブ・シュナイダーに感激。思わずTVの画面に向かって、「ロブ~、ロブ~!!」って手を振っちゃったよ(→バカ)。

    続きを読む "最近観た映画(5月20日~5月31日)"

    | | コメント (2) | トラックバック (3)

    « 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »