« ブレンダン、こちょこちょニュース(07/03/01) | トップページ | 最近観た映画(3月6日~3月11日) »

2007/03/04

最近観た映画(2月26日~3月4日)

今週もIMDbのTOP250作品の中から4作品をチョイス。どの作品も面白かったです。うーん、侮れん、IMDbのTOP250。

博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

  • 博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか (1964)

  • ピーター・セラーズが出演ってことなのでシリアスな作品ではないと思ってたけど、無茶苦茶ブラックなコメディ映画です。凄すぎて観終わった後、言葉も出なかった。こんな作品、今では作れないんじゃないかなぁ。

    冷戦下、正気を失ったアメリカ軍基地の司令官がソ連への爆撃命令を発した。米大統領はソ連と連絡を取り事態解決に努めるが、ソ連は攻撃されると地球上を死の灰で覆ってしまう自動反撃装置を既に設置していた…というストーリー。

    この粗筋だけでもぶっ飛んでしまうような内容だけど、観るともっとスゴイ。この時代にこんな作品を撮ってしまったキューブリックはもっともっとスゴイ。最後、人類はどうなってしまうんだろうとドキドキしてしまう。あんなラストってないよ…。地球の人類の運命を握っている、お偉いさん達の緊張感のなさに真実味があった。

    ピーター・セラーズが一人三役も演じてたなんて気付かなかった。マッドサイエンティストと英国大佐は分かったけど、まさか米大統領まで演じてたなんて…。ドイツ出身の科学者が興奮すると「ハイル・ヒトラー!」ってやりたくなる姿が滑稽。でも、元ナチスの科学者を顧問にしちゃうアメリカってのもどうかな。

    原題は"DR. STRANGELOVE: OR HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BOMB"。こちらも長い。


    お熱いのがお好き〈特別編〉 [スタジオ・クラシック・シリーズ]

  • お熱いのがお好き (1959)

  • ギャングの抗争に巻き込まれ大虐殺を目撃した2人のバンドマンがギャングの追っ手をかわすため、女ばかりの楽団に女装して紛れ込むというドタバタ・コメディ。

    モノクロ映画だったけど古臭さを感じさせない、とーっても楽しい内容でした。特にジャック・レモンさんのコメディアンっぷりが素晴らしい。こういう女性いるよ~。すっかり女装が身について、富豪の男性にプロポーズされて本気になってしまうところとか楽しいです。

    殺人事件を目撃し変装して逃げるという作品はたくさんあるけれど、この『お熱いのがお好き』が走りだったりするのかな?

    マリリン・モンローもキュートでした。あまりにも有名な"I Wanna Be Loved By You"はこの作品の中で歌っていたのね。古い映画を観ると、いろいろな謎が解明されていって面白いな~。

    プラトーン〈特別編〉

  • プラトーン (1986)

  • 当時、この映画がとっても話題になったこと覚えてます。まだ、中学生だし、戦争映画も苦手で大人になってもほとんど観なかったので、とんでもない勘違いをしていました。

    DVDジャケットにもなっている、あまりにも有名な←このシーンの男性。チャーリー・シーンじゃないんですね。これにはビックリ。

    ある種の正義感から大学を中退してまで戦争に志願してきたクリス・テイラー(チャーリー・シーン)。いきなり前線に送り込まれてしまった彼は、想像を絶する過酷な体験をしていくことになる…というストーリー。

    重いです。まともな精神のままで、人間があの過酷な戦場で生きていくことは難しい。「死」を意味するのも同じこと。だけど、まともな人間であり続けたいと願う者、生きていくためにはどんなことをしても当たり前と思う者。彼らが対立し合うのも、あんな状況下だから余計にだったのかも…。

    「僕たちは自分自身と闘った。敵は自分の中にいたんだ」というクリスの言葉が、このベトナム戦争の悲惨さを物語っているのかなぁ。

    そうそう。一瞬出てくるジョニー・デップを発見。クレジットまであったけど、出番ってあれだけ? オリバー・ストーン自身も出てたね。チャーリー・シーンは若いし華奢で初々しい。ウィレム・デフォーさん、昔から怪しい雰囲気を持ってたのね。さて、両手を挙げた男性はこの中の誰でしょうか!?


     トイ・ストーリー2

  • トイ・ストーリー2 (1999)

  • 続編は前作を超えられないというジンクスを打ち破った良作でした。脚本がイイ。『スターウォーズ』のパロディ部分も楽しい。

    オモチャに心があったら?って考えると大切に可愛がってあげないといけないなぁと考えちゃいますね。大人になるに従って、オモチャやお人形よりも違うものに興味が移っていく子供たち。その様子を悲しい表情で見つめるオモチャたち。

    私は日本語吹替で観たのですが、バズ・ライトイヤーの担当した所ジョージさんのオトボケ具合が相変わらず愛しい。前作ではウッディが命がけでバズを助けたんだけど、今度は他のお人形達がウッディのことを一生懸命に助ける姿や、前作では勘違いだらけだったバズがすっかり人形社会に溶け込んでいたのが面白かった。

    |

    « ブレンダン、こちょこちょニュース(07/03/01) | トップページ | 最近観た映画(3月6日~3月11日) »

    映画の感想--他2 」カテゴリの記事

    コメント

    この長いタイトル!!に、惹かれて昔借りた覚えがある。そうなんだ~!3役してたんだ~!!気付かなかった(滝汗)
    「お熱いの~」も観てみるよ!ぷぷっぴどぅー!

    投稿: ゆめ・へヴんりー | 2007/03/10 13:38

    ☆彡ゆめちゃん

    >この長いタイトル!!に、惹かれて昔借りた覚えがある。

    さすが~。ゆめちゃんはマニアックな作品もたくさん観てるよね。
    私も2役しか気が付かなかったよ。

    >「お熱いの~」も観てみるよ!ぷぷっぴどぅー!

    昔の映画だけど、結構面白かったよ~。
    マリリン・モンローがボンキュッボンというよりかボンボンボンで驚いた(笑)

    投稿: Michara | 2007/03/11 17:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/14113416

    この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2月26日~3月4日):

    « ブレンダン、こちょこちょニュース(07/03/01) | トップページ | 最近観た映画(3月6日~3月11日) »