« 【映画】パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER | トップページ | 【映画】ステップ・アップ/STEP UP »

2007/03/20

【映画】ハッピーフィート/HAPPY FEET

製作:2007年オーストラリア/アメリカ  監督:ジョージ・ミラー
声の出演:イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ 、ロビン・ウィリアムズ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング

【STORY】 皇帝ペンギンは自分だけの”心の歌”を見つけることで、将来、最愛の人と巡り合うことが出来る。しかし、国一番の歌い手であるメンフィスとノーマ・ジーンの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴だった。しかも、心の声を表現しようとすると勝手にステップを踏んでしまう。いつしか、マンブルは仲間外れにされるようになり…。
-------------------------------------

昨年の秋くらいから劇場の予告でアデリー・ベンギンの5人組”アミーゴス”が「マイ・ウェイ」を高らかに歌い上げるシーンとか、フワフワのペンギンが可愛いステップを踏む様子を何度も観ていて、「あ、この映画、絶対に観たい!!」と思っていたんですよ。

アカデミー賞の長編アニメ賞も受賞したので、「こりゃ、絶対にハズさないね」と思ったんです。思ったんですよ~。

でもね、期待してたほどではなかったかも…。というより、予告で一番面白いとこ見せちゃってるかも。しかも、最後の展開はあれでいいんですかね~? なんか、人間のバカっぷりが非常に現実的で、それまで幻想の世界に浸ってただけに、何だか微妙な気持ちになっちゃいました。それがネライなんだろうけど。

でも、CGは素晴らしかったし、赤ちゃんペンギンはめちゃくちゃキュートで連れて帰りたいほど可愛かった。流れる曲もノリノリで”ファイブ・アミーゴス”は大好きなキャラクターだったし、異端児のマンブルが最後の最後まで「僕は僕なんだ!!」って頑張ってる姿も良かった。あと、勘違い教祖のラブレイスも「いるいる。こんなヤツ」っぷりが笑えた。

マンブルを担当したイライジャの声は本当に可愛いし、ブリタニー・マーフィの歌もハスキーでよかったし、ヒュー・ジャックマンは渋かったし、ロビン・ウィリアムズのハチャメチャっぷりも面白かった。

なのに、このモヤモヤは何? やっぱり、あのラストがイヤかも…。これは本当に賛否両論ありそうな展開なんですよね。人間絡めない方が良かったのに。

といっても、自然破壊は良くないよ~ってことを訴えてる部分もあるので、これは仕方ないんだろうなぁ。もし、皇帝ペンギンたちがタップダンスしてるところを見られた最高でしょうね。そりゃ、世界も変わるわ。

(2007年3月・映画館I)

Official Site : http://wwws.warnerbros.co.jp/happyfeet/
HAPPY FEET

|

« 【映画】パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER | トップページ | 【映画】ステップ・アップ/STEP UP »

映画の感想--ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/14420100

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ハッピーフィート/HAPPY FEET :

« 【映画】パフューム ある人殺しの物語/PERFUME: THE STORY OF A MURDERER | トップページ | 【映画】ステップ・アップ/STEP UP »