« 【映画】ドリームガールズ/DREAMGIRLS | トップページ | 【映画】ディパーテッド/THE DEPARTED »

2007/02/25

最近観た映画(2月12日~2月21日)

今回はIMDbのTOP250作品の中から選んで鑑賞しました。新しい発見がたくさんありましたよ。「面白い」とか「好き」と思われている映画には人を惹きつけて止まない理由があるってことね。

アメリ

  • アメリ (2001)

  • 人生、天の邪鬼で生きてると損することが多いのよね~。この映画、実は敬遠してました。当時の反響がすごかったから、「そんな女の子映画、観ないよ!」ってね。(実は『タイタニック』もそういう意味でまた観てないヤツです)。こんなに面白い作品だとは思わなかった。今まで観なかった自分をバカだと思いますワ。

    空想好きで人とうまくコミュニケーションを取ることが出来ないアメリ。アメリはいつしか人を幸せにすることに喜びを覚えるようになるのだが、自分の幸せを見つけることには無頓着。で、そんなアメリが恋をしたら大変。素直に打ち明けられないもんだから回りくどいのなんのって。なんつー可愛い女の子なんだ(笑)。

    それにしても意地悪な八百屋さんに対するアメリの嫌がらせの凄さには唖然。そのくらい嫌なヤツだったから仕方ないけど、悪戯がどんどんエスカレートしていくところが怖かった。でも、それもどこか滑稽で可愛いから許せちゃう。

    とにかく、「食わず嫌いはダメよ」っていう良い見本の映画でした。恋を成就させたアメリがすぐにベッドインってどーなのよ。コメディだからいいのか(笑)。


    未来世紀ブラジル

  • 未来世紀ブラジル (1985)

  • 爆弾テロが多発し、徹底したコンピュータ管理によって人間を拘束している未来のある国。コンピュータの小さなミスで善良な市民を誤認逮捕してしまい、それからある男性の人生が狂っていく…という物語。

    すごく不思議な作品。好き嫌いがハッキリと分かれそう。コメディなんだけど、すごく陰気で憂鬱になってしまう。こういうテーマがモンティ・パイソンのメンバーだったテリー・ギリアム監督の持ち味なんだろーか。

    ラストは完全に裏切られた。観客を幸福な気持ちにさせておいて、一気に奈落の底に突き落とした。でも、主人公のサムは幸せだったみたいだし、何が幸せなのかなんて他人には分からないんだよね。なんか、すごい重いテーマかも。

    ちょこちょこ出てくるロバート・デ・ニーロがいい味出してる。デ・ニーロってあまり好きではなかったけど、こういう脇役にも徹することが出来るんだ!と思ったら好きになった。(単純でゴメンよ)

    フルメタル・ジャケット

  • フルメタル・ジャケット (1987)

  • ”フルメタルジャケット”って弾芯が金属で覆われている弾丸のことなんですと。ベトナム戦争を舞台とした反戦映画なのですが、前半と後半でまったく様相が違うところが面白かったです。

    前半部は海兵隊の訓練キャンプが舞台。鬼教官から虫けら以下の扱いを受ける訓練生達。そこでは精神を崩壊する者も出てくる。このシゴキが凄いの何のって。しかも、訓練中に歌を歌うんだけど(よく映画なんかで軍隊の訓練生達が歌うアレね)、その歌詞の下品なことったら。これには目的があるってこと初めて知りましたよ(Wikipedia参照)。

    後半部はベトナムの戦場。特別なヒーローがいる訳でもなく、一発の砲弾であっけなく死んでいく兵士たち。何だか生々しいな~。スナイパーとの攻防戦は緊張感があったけど、スナイパーの正体にはビックリ。ミッキーマウス・マーチの歌で終わるところがこれまた不思議。


    L.A.コンフィデンシャル

  • L.A.コンフィデンシャル (1997)

  • 縄張り争いが激化する50年代のロス。ある日、刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。その事件をきっかけに隠された真実が浮き彫りとなっていく…というミステリー映画。ちょっとでも目を離すと話しについていけなくなるから大変。真剣に観ましょう~。

    すごく豪華な映画でした。ラッセル・クロウにケヴィン・スペイシー、ガイ・ピアースにキム・ベイシンガー。これだけの出演者にお腹いっぱいになりました。やっぱりラッセル・クロウとケヴィン・スペイシーって系統一緒じゃない? 似てるよね?

    ラッセル・クロウとガイ・ピアースの関係が良かった。敵対していた2人があんな風になるとはね。それにベイブのお爺さんがあんな人だったとは。ショーックみたいな(映画だってば)。娼婦役のキム・ベイシンガーが妖艶でした。ケヴィン・スペイシーの掴みどころのない感じも良かったです。本当に俳優たちが素晴らしい演技をした作品だと思う。

    この作品のキーワードはロロ・トマシ。ガイ・ピアースが演じた若い野望に燃える刑事は、『踊る大捜査線』で言うところのギバちゃんになっていくのかな~と思ってみたり…。嫌なヤツだったけど憎めないんだよね~。

    |

    « 【映画】ドリームガールズ/DREAMGIRLS | トップページ | 【映画】ディパーテッド/THE DEPARTED »

    映画の感想--他2 」カテゴリの記事

    コメント

    Michara様
    albrechtです。
    知ってる映画が多くてうれしいな♪(笑)

    『アメリ』、いいですよね~。
    自分のブログにはほとんどこれといったこと書いてないんですが、これは自分が言い足すものが何もなかったということです。観るほうはアメリの世界にどっぷりと、そして、気持ちよ~く浸ればいい、みたいな。

    『フルメタル・ジャケット』は思い出しただけで気分がぐったり重くなる映画(笑)。前半と後半でまったくちがうけど、共通するキーワードは「狂気」。「戦争の悲惨さ」みたいな次元をはるかに超え、人間が持つ底なしの狂気を見せられた気がします。

    『L.A.コンフィデンシャル』
    >やっぱりラッセル・クロウとケヴィン・スペイシーって系統一緒じゃない? 似てるよね?
    ですよねー!!!
    よかったー、同じこと思った人がいて!(笑)
    ぼくもそう思ってたんですが、なんか恥ずかしくて誰にもいえなくて(爆)。

    投稿: albrecht | 2007/02/25 22:31

    ☆彡albrechtさん

    こんばんは。少しずつですが古い映画も観始めました。
    どうしても新作に目が行ってしまうのですが…(^^;

    『アメリ』は、好きなもの&嫌いなものから始まるところで「やられた!」って
    思いました。あーゆーの弱いんですよ。

    『フルメタル・ジャケット』は狂気狂気狂気の連続でしたね。
    戦場にまともな人間を送り込んでも弾丸に当たって死んでしまって
    当然な気もしますが…。兵士って、つまりは改造人間なんですね。

    >よかったー、同じこと思った人がいて!(笑)
    >ぼくもそう思ってたんですが、なんか恥ずかしくて誰にもいえなくて(爆)。

    ええー!! 本当ですか?
    というか、もしかしてNGワードを大々的に言っちゃったのかな、私(大汗)。

    今回はちゃんと見分けがついたんですけど、ちょっと前に地上波で
    放映された時は、完全にラッセル・クロウとケヴィン・スペイシーの
    区別がつかなかったんですよ~(^^; 似てますよね?

    投稿: Michara | 2007/02/26 00:41

    Micharaさんへ
    「フルメタル~」のトイレで自殺する兵士は「メン・イン・ブラック」でエイリアン役だった人なのですが、この映画その人目当てに観ました。
    重かったですよね~。人が戦争用に改造されるんだなあ~と私も思いましたよ。

    投稿: | 2007/02/28 21:59

    すみません。↑上のコメントはあかひからです。

    投稿: あかひ | 2007/02/28 22:00

    今晩は~。
    私は『アメリ』の部屋のインテリアがとっても好きでした!内容とはあんまり関係ないけど(笑)。

    オドレイちゃん、可愛かったね~!あんまり痩せないで欲しいわ。

    ケヴィン・スペイシー好きです。この間、やっと『私が愛したギャングスター』を観ましたよ~。『シッピング・ニュース』の寡黙な役も良かったけど、一筋縄では行かない、結局「まんまと・・・しちゃいました」みたいな役をやらせたら(笑)このヒト最高ですよね。

    戦争映画は本当に苦手なんですけど、『フルメタル・ジャケット』はどういう訳か劇場で観てしまいました。どんよりと重~い気持ちで出てきたのを覚えています。

    投稿: linkrick | 2007/03/01 00:33

    ☆彡あかひさん、こんばんは~。

    >「フルメタル~」のトイレで自殺する兵士は「メン・イン・ブラック」でエイリアン役だった人なのですが、

    えー? 微笑みデブさんがですか?
    どんなエイリアンでしたっけ?

    >この映画その人目当てに観ました。

    すごい!! ウィル・スミスでもなく、トミー・リー・ジョーンズでも
    ないところがマニアックでステキです!! さすが~。

    >人が戦争用に改造されるんだなあ~と私も思いましたよ。

    そうそう。それをちょっとコミカルに描いているからこそ、余計に
    重かったですね。戦争映画はやっぱり苦手です。


    ☆彡linkrickさん

    >私は『アメリ』の部屋のインテリアがとっても好きでした!

    うんうん。本当に隅々まで考えられてるインテリアでしたね。
    レトロで可愛かったし、オドレイちゃんも小悪魔的な部分を持ってて
    可愛かったです。

    >ケヴィン・スペイシー好きです。

    おお。ケヴィン・スペイシーはここ1年ちょっとでようやく覚えたの。
    (ラッセル・クロウと見間違えるくらいですからね…爆)
    『私が愛したギャングスター』も『シッピング・ニュース』も
    観てないです。この2本もメモっときます。

    >戦争映画は本当に苦手なんですけど

    私も苦手でほっとんど観てないです。ベトナム戦争繋がりで次は
    『プラトーン』観ようと思ってるんですけどね。。。

    投稿: Michara | 2007/03/01 22:59

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/13952240

    この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2月12日~2月21日):

    » アウトドア [2番目の話]
    アウトドアと言っても色々ある。 まず、キャンプ。 家族であれば、海水浴。 [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 09:19

    » 恋愛成就・恋愛道 [恋愛成就・恋愛道]
    東京都恋愛神社、神田神社(神田明神) 、日枝神社 、大國魂神社 、芝大神宮 、豊川稲荷、金刀比羅宮、 明治神宮、東伏見稲荷神社 、穴守稲荷神社 、東京大神宮、花園稲荷神社、今戸神社、豊岩稲荷神社、大宮八幡宮、子安神社、皆中稲荷神社 [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 10:43

    » ブリちゃん、前夫の車を襲撃!? [アイドル箱]
    ブリトニー本当に大丈夫!?ケヴィンの車襲撃!! (画像クリックでイメージ拡大)  ブリトニーは3度目の施設入りしましたね。写真は1日で施設出たあとに、元旦那・ケヴィンの車を傘で襲撃しているときのもののようです。 [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 18:11

    » 『フルメタル・ジャケット』(前編) [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    人間は醜いだけじゃなく、デフォルトで狂っているのだ。そして、気がふれた人間どもが [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 22:03

    » 『アメリ』 [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    現実にちょこっと演出をくわえてみよう。 タイトル:『アメリ』 監督:ジャン・ピエ [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 22:05

    » Freeebooard [Fewwbooard]
    幸福になる秘訣は快楽を得ようとひたすらに努力することではなく、努力そのもののうちに快楽を見出すことである。 [続きを読む]

    受信: 2007/02/25 22:38

    « 【映画】ドリームガールズ/DREAMGIRLS | トップページ | 【映画】ディパーテッド/THE DEPARTED »