« 【映画】守護神/THE GUARDIAN(2006) | トップページ | 最近観た映画(2月12日~2月21日) »

2007/02/21

【映画】ドリームガールズ/DREAMGIRLS

製作:2006年アメリカ  監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ 、ジェニファー・ハドソン 他

【STORY】 ブロードウェイの大ヒットミュージカルを「シカゴ」の脚本を手がけたビル・コンドン監督が映画化。エフィー、ローレル、ディーナの仲良し3人は“ドリーメッツ”というグループを結成し、音楽での成功を夢見ていた。あるオーディション会場で中古車販売会社のカーティスと知り合い、いつしか彼女たちは世界中から注目される存在となっていく…。
-------------------------------------

これを書いてる途中で記事を消してしまって、今モー烈にショックです(涙)。バックアップはこまめにね。気を取り直して、また一から書き直してます。まだ公開されたばかりなので、ストーリーに関するネタバレは一切なしで書きますね。

ジェニファー・ハドソンの存在感と歌声に驚きっぱなしの2時間10分でした。稲妻のような歌声に鳥肌が立つ。ビヨンセやジェイミー・フォックスが霞んでしまうのも無理ない。本当に素晴らしかったです。

ミュージカル映画なのでストーリーそのもののは王道。深みがないという意見も聞くけど、前半の息つく暇もない程の展開にはハラハラしたし、後半の女性達の悲しみや絶望感にはウルウルしたし、とても楽しめました。

でね~、ジェニファー・ハドソンの賞レースでの快進撃には「納得」の一言ですよ。助演という位置付けだけど、ストーリーの中心は彼女。彼女が演じたエフィーという役はとても強烈で演じ甲斐のあるキャラクターだったし、ビヨンセが貧乏くじを引いてしまった感じも否めないけれど…。

でも、ビヨンセが演じたディーナは「生きたバービー人形ちゃん」なので、田舎娘が美しいディーヴァへと変身していく様子を演じきっていたと思いますよ。ビヨンセの美貌はスクリーン上でもすごく映えてました。

ボボーンな体格をしてソウルフルで強烈な歌声のジェニファー・ハドソンと、華奢で(映画のためにダイエット)ポップな歌声のビヨンセという対比がとても活きてたと思います。ビヨンセも「ディーナは軽い感じで歌うのよ~」って言ってたけれど、実際のビヨンセはもっとコブシの入った豪快な歌い方だもんね。ビヨンセらしい歌は劇中の”Listen”で聞けますよ。

そうそう忘れてならないもう一人といえば、エディー・マーフィー。完全に助演に徹してたと思います。歌も上手だった~。今までもよく歌う姿は目にしてたけど、本気で歌う姿を観たのは初めてかも。今までの功労賞の意味も込めてオスカーの助演獲れるかな?

音楽が大好き、ミュージカル映画が大好きという人には自信を持ってオススメ出来る1本です。この映画は絶対に劇場で観た方がいいです!

(2007年2月・映画館I)

Official Site : http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html

|

« 【映画】守護神/THE GUARDIAN(2006) | トップページ | 最近観た映画(2月12日~2月21日) »

映画の感想--タ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/14012116

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ドリームガールズ/DREAMGIRLS:

« 【映画】守護神/THE GUARDIAN(2006) | トップページ | 最近観た映画(2月12日~2月21日) »