« アカデミー賞ノミネーション発表 | トップページ | 田舎暮らしの必須アイテムといえば »

2007/01/26

最近観た映画(1月15日~1月26日)

スカイ・ハイ

  • スカイ・ハイ (2005)

  • ヒーロー養成学校”スカイ・ハイ”に通うはウィルは世界最強のスーパーヒーローを父母に持つ。しかし、みんなの期待とは異なり、自分の特殊能力が何か分からず、ヒーロー達をサポートする”サイドキック”クラスに振り分けされてしまうのだった…というのがあらすじ。

    全然期待していなかったのだけど、「子供っぽい映画が観たいなぁ」と思って、たまたま観たら大当たり。なかなか面白かったです。ディズニー製作なので毒はなく、親子で楽しめる作品。自分に自信を持てなかった少年がどんどん成長していく姿は見ていて楽しいし、ベタな展開が安心できる。

    『ハイスクール・ミュージカル』と『Mr.インクレディブル』をミックスしたような感じかな。スーパーマンやスパイダーマン、ファンタスティック・フォーみたいなアメコミ要素もたっぷりあって、大人も結構楽しめると思います。

    カート・ラッセルがスーパーヒーローってのも面白かったし、デイブ・フォーリーが「通称Mr.Boy」っていうキャラクターだったのでブレンダン・ファンとしては思わずクスッ。そうそう、炎を操る少年ウォレンくんが可愛かったの~(コレ)。でも、IMDbで短髪の画像見たら普通(コレ)。長髪マジックか?


    ギャングスター・ナンバー1

  • ギャングスター・ナンバー1 (2000)

  • 現代のロンドン・アンダーワールドのナンバー1に君臨する老練なギャングスター。しかし、彼の元ボスが30年ぶりに出所し、ギャングスターは心の動揺を隠せなくなる…。

    ポール・ベタニーのキチガイっぷりに萌え(笑)。ハリウッド映画では出せない味わいがたっぷり。最初、「ちょっと退屈かも~」と思ったんだけど中盤から過激になっていきます。

    身なりもよく全てが完璧で強い権力も持っているフレディに憧れる若きギャングスター(P・ベタニー)。同姓への憧れって、異性に対して持つ憧れよりも始末が悪いかも…。ギャングスターは認めないだろうけど、これって「愛」だよね、愛。フレディに恋人が出来た瞬間に「裏切られた」気持ちになったのが何よりの証拠。

    印象的なのはブリーフ姿で斧振り下ろして惨殺するシーン。高価なスーツが汚れないように下着で殺人ってのが何だか笑える。かなり、サイコな映画だな(笑)。

    ポール・ベタニーの30年後の姿をマルコム・マクダウェルが演じてます。マルコム・マクダウェルって『時計じかけのオレンジ』の人だ!! もしかして、サイコ繋がり?

    ミザリー 特別編 [MGMライオン・キャンペーン]
    ・ミザリー (1990)
    ○○洋画劇場で昔観たことがあるのだけど記憶が飛んでいるので再鑑賞。確か、すごく痛いシーンがあったような…。

    半端なく怖いです。怖いんだけど滑稽。登場人物が少ないのに緊張感があるのは、キャシー・ベイツとジェームズ・カーンの演技が素晴らしいからなんでしょうね。

    人気作家ポールの自称No.1ファンであるアニー。雪山で事故に遭ったポールを助けたアニーは自分のロッジで看病するのだが、次第に彼女の狂気が浮かび上がってくる…というのがあらすじ。スティーブ・キング原作というと、「途中までは面白いのにラストはなぁ」と思う映画が多いのだけど、『ミザリー』は大成功だと思います。

    キャシー・ベイツさん、怖い。怖すぎ。でも、こういう人いるいる。こういう狂信的なファンにはなりたくないなぁ。記憶にあった痛いシーンは「足折りの刑」でした。あれは今見ても痛い。


    ビー・クール
    ・Be Cool/ビー・クール (2005)
    『ゲット・ショーティ』の続編。取り立て屋から映画プロデューサーに転身したチリ・パーマー(ジョン・トラヴォルタ)だったが、今度は音楽業界に興味を持つ。

    前作に引き続き、まったり感は健在。でも、ユマ・サーマンにヴィンス・ヴォーン、ザ・ロックにスティーヴン・タイラーまで出てるってんだから、出演者が超豪華。遊び心たっぷりでクスッと笑える。

    実はアメリカン・プロレスがあまり好きではない私は、ロック様の良さが今まで分かっていなかった。でも、次代のアクション・スターと言われてるロック様のゲイのエリオットくん最高!! ピチピチ・パンツにご満悦なロック様の迷演技に「萌え~」でした。

    ファーゴ
    ・ファーゴ (1996)
    身代金を騙し取ろうと妻の偽装誘拐を計画したジェリー(W・H・メイシー)。しかし、その誘拐事件がとんでもない殺事件へと発展していく…。

    実話じゃないんだ。えー、騙された!!! 

    人間悪い事を考えちゃダメですよ。悪い考えはよくない流れを生みます。思いもしない悪い結果を導きます。現代の寓話だね、これ。

    ブシェミ最高です。こういうキレた役を演じたら、右に出るものはいません。彼の最期っぷりも最高。あまりにもアホな登場人物達のおかげで、残虐な犯罪も滑稽に見えるから不思議。ウィリアム・H・メイシーさんのノラクラした感じもイイ。

    |

    « アカデミー賞ノミネーション発表 | トップページ | 田舎暮らしの必須アイテムといえば »

    映画の感想--他2 」カテゴリの記事

    コメント

    『ギャングスター・ナンバー1』とっても観たいです。
    イギリスやフランスのギャング映画、好きなんですよ~!
    先ほど『ブラザー・ハート』ってのを観ました。クライヴ・オーウェン主演。『Sin City』以来、微妙に魅かれています(笑)。
    そこでもマルコム・マクダウェルさんはかなりサイコな役でした~(笑)。

    え?ロック様あまりお好みでは無かったんですか?あら~。。。(笑)
    あの髪型とプロモビデオのシーンで爆笑しましたわ。

    『ミザリー』キャシー・ベイツさん怖い!(笑)でも、大好きな女優さんです。『フライド・グリーン・トマト』にアフトンも出てたってホントですか?全然わからなかったんだけど~(笑)。

    投稿: linkrick | 2007/01/27 06:39

    ☆彡 linkrickさん

    >イギリスやフランスのギャング映画、好きなんですよ~!

    おお、そうなんですか!?
    おフランス映画はまだ「Taxi」シリーズくらいしか知らないのですが、
    イギリス映画は最近少しずつ観るようになりました(笑)。
    ハリウッド映画とは雰囲気とか全然違いますね。

    >クライヴ・オーウェン主演

    私は以前、linkrickさんがオススメしてくれた『グリーンフィンガーズ』を
    近々観る予定です。(やっと録画出来た!)

    >え?ロック様あまりお好みでは無かったんですか?あら~。。。(笑)

    実はそうなんですよ(内緒ね)。
    でも、『Be Cool』であんな役を演じちゃうロック様に惚れました。

    >『フライド・グリーン・トマト』にアフトンも出てたってホントですか?

    『フライド・グリーン・トマト』、まだ観てませ~ん。でも、出てるって
    話は聞いたことがある。アフトンさんって今の貫禄が凄くて、
    華奢な頃の写真見ても、「これ誰~?」って思いますよねぇ?

    投稿: Michara | 2007/01/27 19:01

    こんばんは!
    「ファーゴ」好きなんですよね~。あのブシェミが頭から粉砕機にかけられているとこすごかったですねー。ギョッとしました。
    ウィリアム・H・メイシーはほんと「ノラクラ」してました。(笑)

    紹介していただいてありがとうございます。TBは送れなかったんじゃないですか?時々相性が悪いブログさんがあって申し訳ないです。

    投稿: あかひ | 2007/01/28 22:02

    『ビー・クール』、豪華出演陣が各々キャラたちすぎてるせいで、やや散漫な印象・・・て気もしましたが、全員スゴ魅力的だからぜんぜんオッケーですよね!w
    トラボルタとユマちゃんのダンスシーンが最高に素敵でした♪そぃや『ウェディング・クラッシャーズ』で超かっくいーダンス披露したヴィンス・ヴォーン観て「トラボルタばりやなー」て思たんですが、、、この時に習ったのか知らん?w

    あ、『ファーゴ』超好き~。でもかなーり前に観たんで記憶が・・・(汗)。コーエン兄弟(←好きでした←過去形)は、これと『ビッグ・リボウスキ』の頃がピークだったのかなぁ・・・。

    投稿: cite | 2007/01/29 01:11

    ☆彡あかひさん

    こんばんは~。

    >ブシェミが頭から粉砕機にかけられているとこすごかったですねー。ギョッとしました。

    ですね~。粉砕機にかけられても笑いが取れるなんて、
    さすが、ブシェミって思ってしまいました(笑)

    ウィリアム・H・メイシーさんには「何がしたいんだ!」って
    ツッコミ入れながら見ちゃいましたよ。

    >TBは送れなかったんじゃないですか?

    げっ。やっぱり、そうですか~。反映されていないなぁと思ってました(--;
    積極的にTB送るタイプではないので、時々どうなればいいのか
    忘れちゃうんです。失礼しました。映画201選、頑張ってくださいね~。


    ☆彡citeさん

    >『ビー・クール』、豪華出演陣が各々キャラたちすぎてるせいで、やや散漫な印象

    ですね~。出演者が良かったので最後まで楽しく観られたって感じ。
    ストーリー自体はまったりしてて、citeさんがおっしゃるとおり散漫でしたね。

    >そぃや『ウェディング・クラッシャーズ』で超かっくいーダンス披露したヴィンス・ヴォーン

    マジですか? 私、ダンスの上手な男性に弱いんです。メロメロなんです。
    『ロクスベリー・ナイトフィーバー』のようなベタなダンスも大好物です(笑)

    >コーエン兄弟(←好きでした←過去形)

    そうだ。citeさん、好き(だった)って言ってましたね。
    そういえば、『赤ちゃん泥棒』のDVD買ったのにまだ観てません。ひょー。
    『オー・ブラザー』はなかなか面白かったですけど、『ディボース・ショウ』
    『レディ・キラーズ』はう~~~んって思いました。

    そういえば、まだ観てないDVDに『隣のリッチマン』と『ベガス・バケーション』が…。
    早めに消化しなければ!!!

    投稿: Michara | 2007/01/29 20:27

    あらMicharaさんもダンス上手い俳優さん好きですか?私もなんです。それだけで尊敬&ラブ。

    俳優だからといって皆が上手いわけではなく、とんでもなく下手な人も見たことあります。

    最近ではヒュー・グラントが上手くてビックリ。ブレンダンもダンスシーン良かったですよね~。彼は器用なのであたりまえかぁ~。

    投稿: あかひ | 2007/01/29 22:59

    ☆彡あかひさん

    >あらMicharaさんもダンス上手い俳優さん好きですか?

    大好きで~す。
    3月に公開の『ステップ・アップ』がダンス映画なので楽しみなんですよ~。

    トラボルタが『ベイビー・トーク2』で子供たちと一緒にダンスした
    シーンを観て以来、ダンスシーンには目がないです(笑)。

    ブレンダンには『タイムトラベラー』のダンスシーンでやられました。

    ヒュー・グラント、ダンス上手なんですか?
    『ラブ・アクチュアリー』でも踊ってましたっけ?

    彼って顔が甘いですよね。「甘い、甘すぎる。正視できない!!」って
    思っちゃうんですよね~(^^;

    投稿: Michara | 2007/01/30 00:48

    歌が上手い男優さんも好き!ユアンとかね。あと指や手がきれいな人。多すぎですね(笑)。

    ヒューは甘い顔ですが最近さすがにしわが目立ちますね。あっ、ファンの方には申し訳ない。私は彼の事は暖かい目で見守っています。

    TBはよく送れない方がいらっしゃるんですよ~。Micharaさんのとこが悪いのではありません。こちらが悪いのです。

    投稿: あかひ | 2007/01/30 15:43

    ☆彡あかひさん

    家のパソコンが今ネットに繋がらないので、インターネット・カフェ
    から打ち込んでます(^^;

    >歌が上手い男優さんも好き!

    ですね~、ですね~。
    ダンスも踊れて、歌なんかもうまいとクラクラですね(笑)

    >私は彼の事は暖かい目で見守っています。

    あはは。ここ、ウケました。
    どういう意味かしら~?と深読みしてみたりして。

    あかひさんはクリスチャン・ベールが特にお気になんですよね~。
    作品ごとにイメージが全然違っていてカメレオン俳優ですよね。

    投稿: Michara | 2007/02/01 20:10

    Michara様
    albrechtです。
    3つ目です。もう返信不要です(笑)。

    『ファーゴ』好きです!
    スティーヴ・ブシェミにウィリアム・H・メイシーですよ!
    わき役好きにはたまらない配役ですよね!
    これにストーメアが加わって、みんな真剣に、でも、マが抜けたまま三重奏。「人間って根本的に情けないよね~」感がイヤというほど伝わってきました(笑)。

    一方の『ギャングスター・ナンバー1』はポール・ベタニーの「キレ芸」を楽しむ映画ですよね(笑)。公式HPの「プロダクション・ノート」には「60年代漂う、こだわりのディテール・アイテム」とか書いてあって、スタイリッシュ映画として売ろうとしてるみたいなんですが(爆)。

    投稿: albrecht | 2007/02/14 01:50

    ☆彡albrechtさん

    >3つ目です。もう返信不要です(笑)。

    何をおっしゃいますか。返信しちゃいますよ~。
    『ファーゴ』好きな方、たくさんいらっしゃるんですね。

    >。「人間って根本的に情けないよね~」感がイヤというほど伝わってきました(笑)。

    本当にそうですね。そして情けなさを表現するのが上手な俳優さんを
    起用してるところがミソ(笑)

    どうして、ここまで悪くなる? 
    どうして、そこまでバカになる?
    粉砕機から脚出す人間にはなりたくなわな~と思いましたよ。

    >ポール・ベタニーの「キレ芸」を楽しむ映画ですよね(笑)。

    キレ芸職人、基本的に好きです。
    でも、私は壁紙にまで目が行きませんでした。albrechtさんは
    相変わらず目の付けどころが違いますね。すごい!

    投稿: Michara | 2007/02/15 01:48

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/13595430

    この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(1月15日~1月26日):

    » ビー・クール [from butthole with love]
    映画『ビー・クール』('05/"Be Cool")観た。 前作『ゲット・ショーティ』で映画プロデューサーとして成功した元ギャングのチリ(ジョン・トラボルタ)が、友人の死をきっかけに音楽業界へ転身。インディーレーベルの女社長(ユマ・サーマン)と組んで、女性シンガーをス...... [続きを読む]

    受信: 2007/01/29 01:13

    » 『ファーゴ』 [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    『ファーゴ』の、もうとにかく「ヘンな顔」としか表現できない犯人役はスティーヴ・ブ [続きを読む]

    受信: 2007/02/14 01:28

    » 『ギャングスター・ナンバー1』 [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    イチバンは、チンケなエディのアパートの壁紙! あのテイストがたまらない!!(笑) [続きを読む]

    受信: 2007/02/14 01:30

    « アカデミー賞ノミネーション発表 | トップページ | 田舎暮らしの必須アイテムといえば »