« 『クラッシュ』のディレクターズカット・エディションが発売されるらしいのですが… | トップページ | 【映画】エラゴン 遺志を継ぐ者(Eragon) »

2006/12/12

のだめカンタービレ

たまに抜けてますが、久々に月9を観ています。今、話題の『のだめカンタービレ』。ちょっとハマってます(笑)。

少女漫画が原作のドラマは今までもたくさん制作されていましたが、漫画的な表現をそのまま実写で再現していて、かなり笑えます。そして、何よりクラシックが聴きたくなるんです。

最初は興味がなくて、まったく観ていませんでした。3回目か4回目くらいから観始めたのですが、のだめ役の上野樹里ちゃんが可愛いし、千秋先輩役の玉木宏くんもカッコイイし面白い。1番衝撃を受けた場面は、和製ビッグバンドが演奏した「ラプソディ・イン・ブルー」。カッコ良かったし、あそこのシーンだけ何回も観たいなぁ。

ドラマの最初を見逃しているので登場人物の相関図がまーったくチンプンカンプンで、結局コミックを買ってしまいました。現在16巻まで発売されているのですが、とりあえず9巻まで。ドラマの最終回は10巻あたりになるのではないかと予想。

コミック買ったのも4、5年ぶり。ドラマはかなりコミックに忠実に作られていて名場面もちゃんと再現してます。のだめが千秋のお部屋にフラフラと侵入する時の「戸締り用心。のだめです~」って台詞もそのまんま(ここ好き)。コミックもとても面白くてオススメです。

昨日、iTunesStoreで「classic@comics Vol.1 コミックで出会った名曲たち」というアルバムを買いました。お値段900円。のだめで使用された曲が13曲収録されています。「ラプソディ・イン・ブルー」って実は17分近くもある長い曲なんですね。

Amazonでものだめカンタービレグッズは大盛況。いろいろと揃えたくなっちゃうな~。

|

« 『クラッシュ』のディレクターズカット・エディションが発売されるらしいのですが… | トップページ | 【映画】エラゴン 遺志を継ぐ者(Eragon) »

Music」カテゴリの記事

コメント

Micharaさん、お久しぶりです。タイトルに惹かれてふらふら出てきてしまいました(笑)。私もしっかりはまってます。
コミックに興味を持ちつつ、読まないうちにドラマが始まってしまい、初回から玉木君の『千秋先輩』にすっかり夢中です♪
だって綺麗なんだもーん♪♪あの髪型が大変お似合いでいらっしゃる☆
ドラマもコミカルで面白いしね。他の出演者たちもバランス良いし。でも、竹中ミルヒーだけは・・・別の人でもよかったんちゃうのん(ーー;)
ただ、一生懸命「この弾むような、素晴らしいテクニック、」など等の説明せりふを聞いてるとまるで『美味しんぼ』みたいで、笑ってしまいます。
クラッシックにも疎く、大して良い耳も持たない私のような視聴者には音楽シーンの細かいところまでは聞き分けられませんし、
見せる側もなかなか大変ですよねー。

PCの壁紙を『千秋先輩』の玉木君に替えようかとしばらく前からお悩み中。
ドアップでめっちゃ綺麗なのを見つけたのですが、人ではブレンちゃん以外にその名誉を与えたことはないので・・・一途な私が、貞操の危機です(笑)。

来週はいよいよ最終回ですよー。楽しみだけど、寂しいよぉ。今回は9巻までがドラマ化だって玉木君が言ってましたよ。私は終わってからゆっくり漫画を見ようと思います♪

投稿: ちゃーちゃん | 2006/12/21 21:19

Michara様、こんばんは。ちゃーちゃん様、はじめまして。

いよいよ、最終回なんですよねー。
毎週、楽しみにしていた番組なので、寂しいです。
でも、いつか海外編も、制作してくれるのではないかと思っています。

>人ではブレンちゃん以外にその名誉を与えたことはないので・
玉木宏さんは、和製ブレンダンだと思っています。(私だけかも?)
目の色っぽさとか、顔の綺麗さとか、
シリアスもコメディも演じる所とか・・などなど。
名誉は、ブレンダンのまま、玉木さんのこれからを期待したいです。

投稿: neko | 2006/12/21 22:51

☆彡ちゃーちゃんさま

こんばんは~、お久しぶりです。
ちゃーちゃん(敬称略で良いです?)も『のだめ』ご覧になっているんですね。
私も見逃したのが悔しくて「DVDが出たら欲しい!!」と思うほど、ハマッってます。

そして、玉木くんの千秋先輩がいいんですよね~(笑) コミックの千秋とは
イメージが少し違うのですが、玉木くん素敵です。

>でも、竹中ミルヒーだけは・・・別の人でもよかったんちゃうのん(ーー;)

そうそう。ミルヒーだけデフォルメしすぎなのは何故なんでしょうね?
コメディとはいえ、結構ギリギリ。のだめも、真澄ちゃんもハリセンも
コメディから抜け出てきたような配役なのに。

>人ではブレンちゃん以外にその名誉を与えたことはないので・・・一途な私が、貞操の危機です(笑)。

おお、本当ですか? 玉木パワー、恐るべし!
頑張れ、ブレンちゃん。ちゃーちゃんの壁紙が玉木くんになっちゃうぞ! 
最終回までに壁紙が玉木くんになってしまうのか? こちらの結果も気になります(笑)

>私は終わってからゆっくり漫画を見ようと思います♪

はい~、漫画もとーっても面白くてオススメです。でも、漫画を読んだ後に、また
ドラマ版も観たくなってしまうんですよ。やっぱり、DVD買ってしまいそう~。


☆彡nekoさん

久しぶりにハマったドラマだったので私も、最終回が来るのは寂しいです。
のだめと千秋の恋の行方は~!?(もしかしたら、漫画と少し違うかもしれないので
どうなるのか楽しみなんです♪)

nekoさんも玉木くん熱は上昇中なんですね。ブレンファンのハートをも
ガッチリ掴んでしまうってことは、共通してる部分があるのかもしれませんよね~。

トーク番組などに出てる玉木くんを何度か見ましたが飾らなくて、
「面白い顔」とか何度もやってくれて、普通のお兄ちゃんって感じで
好感持てました。あ、こういうとこも似てるのかも。

来週はオケの指揮をするシーンがあるので、タキシード姿でビシッと
決めてるところが見られそうですね。ウキウキ

投稿: Michara | 2006/12/22 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/13037433

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ:

» のだめカンタービレ、主人公「野田恵」のモデルは実在します! [今日の気になるニュース@総合]
のだめカンタービレ1巻の表紙(講談社) 「のだめカンタービレ」は、講談社の女性漫画誌「Kiss」で連載されていて、じわじわと人気を呼び、今年の10月から月曜日午後9時フジテレビ系のドラマ枠「月9」でドラマ化されたことにより一気にブレークしました。 「のだめカンタービレ」のストーリーは、上野樹里さんが演じる、天才的なピアニストでありながら、ゴミためのような部屋に暮らす、桃ケ丘音楽大ピアノ科の野田恵(のだめ)が主人公で、同じ桃ケ丘音... [続きを読む]

受信: 2006/12/15 18:12

« 『クラッシュ』のディレクターズカット・エディションが発売されるらしいのですが… | トップページ | 【映画】エラゴン 遺志を継ぐ者(Eragon) »