« 『X-MEN』 BLOGパーツ経過報告 | トップページ | 探検隊シリーズは好きか~? »

2006/09/23

最近見た映画(9月11日~9月23日)

キス★キス★バン★バン

  • キス★キス★バン★バン(2000年)

  • 相当前に録画していた『キス★キス★バン★バン』をようやく観ました。切ない。すごく切ない。この切なさはどう表現したらいいんだ!? 老いた殺し屋のフィリックス(ステラン・スカルスガルド)、フィリックスを慕う若い殺し屋のジミー(ポール・ベタニー)、33歳にして世界をはじめて知ったババ(クリス・ペン)。この3人の男性の関係がとても切ない。演じてる俳優さん達も個性派でいいな~。おとぎ話的なキャラクター設定も面白かったし、遊び心たっぷりの美術も見どころ。

    一生懸命にフィリックスを助けているのに認めてもらえないジミーが可哀相で可哀相で…。ジミーはフィリックスのことを父のように慕っていたんだろうけど、フィリックスの目の前にいるのはババなんだもんね。最後、ハッピーエンドで良かったよぉ~(泣)。あのラストもベタなんだけど、だからこそ余計に泣いちゃった。

    ババを演じたクリス・ペン。実はあまり印象に残ってる俳優さんじゃなかったけど、この作品をもっと早くに観ていたら印象違っていただろうな。『アイ・アム・サム』は兄ちゃんのショーンじゃなくて、彼が演じていたら感情移入出来たのに、って思いました。もっともっと活躍して欲しかった…。合掌。


    ラヴェンダーの咲く庭で

  • ラヴェンダーの咲く庭で(2004年)

  • お話自体は特にひねりがある訳でもないし、ラストは「え?これで終わり?」と驚いてしまったのですが、だからこそ、年老いた女性の切なさが際立っているのかもしれない。

    イギリスの片田舎で静かで質素な暮らしをしていたアーシュラ(ジュディ・デンチ)とジャネット(マギー・スミス)、。ある嵐の翌日、浜辺に若い男性が打ち上げられているのを発見する。彼はポーランド人で英語がまったく理解出来ない。競ってアンドレアの看病をする姉妹だったが、そんな中、アーシュラはアンドレアに恋心を抱くようになり…。

    恋する気持ちは止められない。たとえ、かなわぬ恋だとしても。たとえ、婆ちゃんと孫ほどの歳の差があったとしても…。アンドレアと接するたびに、少女のようになってしまうアーシュラ。女性なら理解出来るはず。アンドレアの使っていたベッドの上で丸く横になる乙女なアーシュラ。切なすぎ。

    でも、自分のことで手一杯のアンドレアにはアーシュラの気持ちなど理解出来るはずもなく、彼は若く美しい女性に魅了され、そして自分の夢に向かってドンドン進んで行ってしまいます。気のいいお婆ちゃんとでも思ったのか、アンドレア。少しは察してやれよ!!と女性なら怒りたくなるはず。若さって残酷よね。私も浜辺の家に住んでいたら、いつか王子様が来るかしら!? 

  • ミニミニ大作戦(2003年)

  • キャストが豪華。それ観てるだけでも楽しい作品。マーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロン、セス・グリーン、ジェイソン・ステイサム、ドナルド・サザーランド、モス・デフ。私的にはセス・グリーン大注目でしたが(計算間違った後のセスの仕草が超カワイイ!)、エドワード・ノートンの間抜けな悪役っぷりも楽しかった。

    この作品、1969年のマイケル・ケイン版がオリジナルなんですと。そっちもいつか観てみたいな。観てない人にはこの邦題、「そんな小さい作戦なのか?」とツッコミたくなるかもしれませんが、ミニってのはミニ・クーパーのことなんですぜ。私は、「これってミニミニじゃなくて、ミニミニミニなんじゃないかな~?」とバカなことを考えてしまいました。

    作品のことを調べてて知った新事実。マーク・ウォールバーグってNew Kids On The Blockの初期メンバーだったらしい。CD1枚持ってたような気がするけど(ミーハー)、どんなグループだったかも忘れてしもーた。


    レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション

  • レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004年)

  • ジム・キャリーの極悪非道な顔がオラフ伯爵というキャラクターにピ~ッタリ。「世にも不幸せ」というよりも「世にも残酷な物語」の方が正解なんじゃないかしら。子供たち3人がとーっても健気。サニー役の赤ちゃんが表情豊かでとっても愛らしい。食べちゃいたいキュートさでした。ジュード・ロウが声とシルエットだけ出演ってのが面白い。


     明るい離婚計画
  • エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画(2002年)

  • 普通なコメディ。どんなストーリーか一晩寝たら忘れちゃいそう。もっともっとドタバタしても良かったと思う。エリザベス・ハーレーの着せ替え具合が相変わらずで、「姉さん、頑張ってるな~」と妙な関心をしてしまいます。マシュー・ペリーは『フレンズ』観てないから、あまり知らないんですよ~。でも、時々グッとくる表情する。


    シャーク・テイル
  • シャーク・テイル(2004年)

  • 魚に人間の顔がついてるのって、ちょっと気味が悪いな~。しかも、ウィル・スミスそっくりのお魚ちゃん、ロバート・デニーロそっくりのサメちゃん、マーティン・スコセッシそっくりのフグちゃんって、どーよ。

    |

    « 『X-MEN』 BLOGパーツ経過報告 | トップページ | 探検隊シリーズは好きか~? »

    映画の感想--他」カテゴリの記事

    コメント

    Michara様
    albrechtです。
    ご無沙汰してます。
    『キス★キス★バン★バン』、いいですよね~!!
    監督の細部まで考え抜かれた「こだわり」が感じられるし、コレに花を添える出演者たちが、またスバラシイ!!
    こういうのを観ると、アメリカ映画は大味だな~と思いますね(それが魅力の場合もありますが;笑)。

    投稿: albrecht | 2006/10/01 00:50

    ☆彡albrechtさま

    TBありがとうございました。

    >こういうのを観ると、アメリカ映画は大味だな~

    ですね。大味ですよね(笑)
    確かに、その大味がスパーッと後に残らずに、良いんですけど。

    イギリス映画はあまり観ていないのですが、後々「もう一度観直したいな」って
    思う、小粋な作品が多いですよね。

    この作品も何度でも観返したい映画になりそうです(^^)

    投稿: Michara | 2006/10/01 14:19

    こんばんはー。

    「ラヴェンダーの咲く庭で」わたしも観ましたよ。
    観ていて思い出したのが、イギリスで実際に起こった珍事件。
    ほら、記憶喪失のバイオリン持った青年が海岸で発見されたって話。
    結局やらせだったみたいだけど、あの事件が日本で報道された時は
    確かまだこの映画は公開されてなかったんですよね?

    アーシュラの気持ちは分かるし、恋に年齢の差は
    関係ないけど(建前上は)ちょいと無理がありすぎやしませんか?
    と、ついついツッコミを入れてしまったJamでした(^_^;)

    「シャークテイル」はとにかくへなちょこなサメくんが
    キュートでストーリーもなかなか良かったです。(^^)

    投稿: Jam | 2006/10/04 21:20

    ☆彡Jamさん

    わーい、お久しぶり~♪
    体調崩してませんか?

    さすが、Jamさん。イギリス映画は押さえてますね?

    そうそう。数ヶ月、クチを開かなかったせいで『ピアノマン』とか
    呼ばれていたんですよね。確か、日本でこの映画が公開される直前の
    事件で、映画自体も話題になったんですよね(^^)

    まー、確かに無理ありすぎ(笑)
    恋というよりは、アイドル視って感じかな~?

    投稿: Michara | 2006/10/04 23:54

    ご心配ありがとう!
    ちょっと知恵熱出したりしてたけど、復活しました。
    もう大丈夫です(^^)

    >>数ヶ月、クチを開かなかったせいで『ピアノマン』とか

    そう、それそれ!
    バイオリンじゃなくて、ピアノだったのか!(笑)

    イギリス映画とかドラマはなぜか観てしまうのよね~。
    ちょい前までは「フォーサイト家」を観ててね
    (ヨアン君が出てるから♪)懐かしいイギリスの風景に
    思いをはせておりました~。
    あ、「炎の~」も全部は見れなかったけど最終回だけは
    しっかり見たのでした。わたし好みのイケ面俳優さんが
    出てなかったのが残念だけど、ストーリーはなかなか面白かったですよね☆

    投稿: Jam | 2006/10/05 00:08

    ☆彡Jamさん

    知恵熱…。
    お引越しって何から片付けて良いか、頭がグチャグチャになる時が
    ありますよね~。あっちもこっちも手を付けて、部屋中、汚すのが私のやり方。
    大抵、タイムリミットでまた押入れにぶち込むの(^^;

    >ちょい前までは「フォーサイト家」を観ててね

    タイトル名だけは聞いたことがあるけれど。面白そうですね。
    今度またLaLaTVで放映されることがあったらチェックします♪

    >「炎の~」も

    シャープに登場するライフル舞台の皆さんはお年寄り&小汚い風貌の
    人が多かったですもんね(笑) 常にピシッとしている海軍の皆さんとは
    比べちゃいけない(笑)。

    ゲストでエリザベス・ハーレー姉さんとか、バカ王子役にポール・ベタニーとか
    出てたんですよね。ベタニー王子は「いざ!」って走った途端にバーン!
    ってあっけなかった(笑)

    投稿: Michara | 2006/10/07 00:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/11925895

    この記事へのトラックバック一覧です: 最近見た映画(9月11日~9月23日):

    » 『キス★キス★バン★バン』(改訂版前編) [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    スタイリッシュな映像というのはいままでいくつか観たことがあるけど、スタイリッシュ [続きを読む]

    受信: 2006/10/01 00:37

    « 『X-MEN』 BLOGパーツ経過報告 | トップページ | 探検隊シリーズは好きか~? »