« 4th Annual Stuart House Benefit | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »

2006/03/25

Paul Haggis dinner&『クラッシュ』トリビア

カナダの偉い人Alain Dudoitさん(誰?)が「ポール・ハギス・ディナー」を催したそうです。ブレンダンもお呼ばれしてました。

そこには私の「まりも・ブレン」はいなかった。着てる服とヘアスタイルでここまで変わるブレン、あんたって(泣)←ついに「あんた」呼ばわり

  • WireImage
  • 今日、録画しておいた『騎馬警官』10話の「天国から来たおやじ」というエピソードのゲストがライアン・フィリップでした。俳優としてデビューしたばかりの頃にポール・ハギスと繋がりがあったのね(こじつけ)。

    今更なトリビアですが、『クラッシュ』でライアン・フィリップが演じたハンセン巡査の役は最初はヒース・レジャーに話があったんですよね。ヒース・レジャーといえば、今年のアカデミー賞で『クラッシュ』の対極にあった『ブロークバック・マウンテン』でオスカーにノミネートされてた訳で、何気に因縁らしきものもあったのです。ぶひひ

    IMDbのトリビアによると、ブレンダンが演じたリックの役も最初はジョン・キューザックだったとか。うぅん、確かにジョン・キューザックの方がイメージかもしれない。ブレンが演じるってのは、今までの彼の役柄を考えるとかなりの賭けだったかもしれませんよね。

    トリビアついでに、リック・キャボットさんちはポール・ハギス監督自身の自宅だったんですって。(豪華な家だなぁ)。予算がわずかだったので監督自身の自宅やら車やらを使って撮影したそうです。今回のオスカー作品賞受賞は本当に手作りで魂を込めて製作した結果が出た「ご褒美」なのかもしれませんね。

    ちなみにポール・ハギスさんは『ミリオンダラー・ベイビー』を監督しないかとクリント・イーストウッドに勧められていたんですって。でも、『クラッシュ』の製作をする予定だったので『ミリダラ』の監督はせずにディレクターに留まったとか。

    でも、『ミリダラ』はイーストウッドが監督して正解でしたね。ポール・ハギス監督は『クラッシュ』の製作に打ち込めた訳ですしね。両作品ともオスカー作品賞受賞出来たなんてグレートです!!

    そういえば、サンドラ・ブロックが『ミリオンダラー・ベイビー』を本当は製作したかったそうなんですよ。何だか、映画業界って色々な繋がりや因縁があるんだな。

    兎にも角にも、おめでと、ポール・ハギス監督。初心忘れず、これからもステキな作品を作ってくださいね。

    |

    « 4th Annual Stuart House Benefit | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »

    7.Brendan Fraser 05年10月-06年4月」カテゴリの記事

    コメント

    >ついに「あんた」呼ばわり
    わはは!その気持ちよ~くわかります!
    ホントにどうなってるんでしょう、このヒト(笑)。
    まりもは何処?

    ここってDudoitさんの私邸だそうですけど、ものすごくゴージャスですね~。最初大使館か何かと思っちゃいました。

    トリビアもサンキュです。「へぇ~!」が一杯!(笑)

    投稿: linkrick | 2006/03/26 03:43

    ☆彡linkrickさん

    >わはは!その気持ちよ~くわかります!

    分かっていただけます?
    今更ですけど、ブレンダンは本当にカメレオンですよ。
    今日のブレンと昨日のブレン。中身は一緒だけど外見が全然違うの。
    もー、面白いわ、やっぱりブレンは(笑) マリモは何処よ~。

    Consul Generalって"総領事"のことなんですね~。
    今、Yahoo辞書で調べました(^^; 本当に偉い人じゃ。

    >トリビアもサンキュです。「へぇ~!」が一杯!(笑)

    全部、IMDbからでした。チャンチャン♪

    投稿: Michara | 2006/03/26 23:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/9254315

    この記事へのトラックバック一覧です: Paul Haggis dinner&『クラッシュ』トリビア:

    « 4th Annual Stuart House Benefit | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »