« 映画の感想(2月13日~2月19日) | トップページ | ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA) »

2006/02/28

映画の旅(笑)

2月25日、26日の2日間、東京まで映画を観に行ってきました。お目当ての作品は、もちろんブレンダンも出演している『クラッシュ』です。

アカデミー賞にノミネートされたおかげで公開規模もだいぶ広がりましたが、私の住んでいる地域では残念ながら公開予定がありません。楽しみにしていた作品なので、どうしても劇場で見たいと思っていました。

当日はブレンダン・ファンのお友達も何人かご一緒して、『クラッシュ』鑑賞会と称して久しぶりのデカ・ブレンダンと作品を楽しみました。

ファンのひいき目ではなく、本当にたくさんの人に見てもらいたい映画だなと素直に思いました。「感動」とか「泣ける映画」とかいう表現で片付けちゃいけない。「考えたり」「話し合ったり」する映画かな。そういう意味では『ミュンヘン』も同じ系統かもしれませんね。作品の感想はまた後ほど書きたいと思います。

一人で東京に遊びに行ったりすると食事はファーストフードで簡単に済ませてしまうのですが、今回はお友達も一緒だったので、話題のお店にも行ったし、お洒落なホテルにも泊まったりと東京も大満喫。

『クラッシュ』は有楽町のシャンテシネで観ました。行くまで全然気付かなかったのですが、この映画館の斜め向かいに『愛の落日~The Quiet American~』を観に行った日比谷スカラ座があっのにはビックリ。そうっかー。前もここに来たことあったんだ。全然気付かなかった(汗)。

正面には日比谷シャンテがあったり、ステキなカフェがあったりと、この辺だけで1日遊べてしまいますね~。

夕食は日比谷シャンテ地下2Fの「柿安 三尺三寸箸 Nouvelle」に行きました。お店もキレイだし、店員さんの雰囲気も良いし、いろいろな味が楽しめるし、とっても楽しいお店でした。

ホテルは相当はりきって(笑)、三井ガーデンホテル銀座に一泊してしまいました。デザインホテルってことで、とにかくデザイン重視。機能なんぞ、そっちのけ(笑)。

クローゼット探すのも一苦労。お風呂の照明スイッチをどこだどこだと探す探す。テレビもAQUOSなんぞ置きやがってるんですよ~(笑)

でも、浴室とトイレが別々で、浴槽も広くってシャワーも普通のとデカイのが2つも付いてて、か~な~り気持ちよかったです。ガラス張りなのがウケたけど(笑) 19階から見る夜景もキレイでした。田舎者は高いところっていったら山くらいですからね~。

ふかふかベッドでぐっすり眠って爽快な気分で起きたのに、26日はあいにくの大雨。さて、今日は何をしよう。そうだ、『ホテル・ルワンダ』を観に行こう! 朝風呂も入りたかったし、AQUOSにも後ろ髪引かれる思いでしたが「思い立ったが吉日」。

銀座8丁目から有楽町までダッシュして、ビックカメラ8Fのシネカノン有楽町でずぶ濡れになりながら、『ホテル・ルワンダ』を鑑賞。これまた、観て良かったと思える作品でした。

次はシャンテシネで『クラッシュ』2回目の鑑賞。こちらは全席指定なので前売り券とチケットを交換する必要があります。1回目はわりと近めの席だったので、今度は後ろの方の座席から画面全体を見渡す作戦。座席で映画の見え方が全然変わるから不思議なんですよ~。

上映開始まで時間があるので、ここで昼食。腹ごしらえ。一人の時は手軽にファーストフードです。近くのファースト・キッチンに入りました。ファースト・キッチンは地元にないので初めてでしたよ。ポテトの味をどれにするか聞かれて困った!!(笑)

腹ごしらえした後、雨の中をブラブラとしていたら、いろいろな有名人の手形を発見。おお、これが有名な(!?)合歓の広場か。松田聖子さんとか森光子さんの手が小さいのに驚いたり、森繁久弥さんの手相がすごくしっかりしてるのを妙に納得してみたり。

海外の有名人の手形は金のプレートで特別仕様なんでしょうか。トム・クルーズとペ・ヨンジュンのがあったぞ(笑) 手形にすっかりご満悦の私。東京にお住まいの方は珍しくも何ともないでしょうけどね。田舎者の私には大変ご馳走でした。

さて、劇場では最後になるであろう『クラッシュ』2回目の鑑賞です。『クラッシュ』という作品は観れば観るほど気付くことが多い作品だと思います。1回目には気付かなかったこと、見逃していたシーンや台詞を2回目の鑑賞でいくつか見つけました。

人間の汚い姿を見せ付けられる場面で、幸せの象徴ともいえるクリスマス用の絵画や飾り付けがシーンに挿入されるんですよね。それから場面の切り換えにドアや扉が多く使われています。もちろん意図的に。

1回目の鑑賞では自分の手は汚さずに高いところで人を見てるようなブレンダンの役柄が「一番悪い奴」と思ったのですが、自信に満ち溢れた普段のリックの姿とは違う、寂しげな表情のリック(これが彼の内面。だから、ガラス窓に反射した表情でしか見られない)に彼の二面性を見つけました。

たまには映画の旅もいいねー。また、東京に映画を観に行こう~っと。

|

« 映画の感想(2月13日~2月19日) | トップページ | ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA) »

映画雑記 05年4月~」カテゴリの記事

コメント

Micharaさんこんばんは~

>たまには映画の旅もいいねー。また、東京に映画を観に行こう~っと。

大阪に観に来るって手もありますぞ(^^)

映画のみならず、その辺を歩いている
周辺の人物にも目をやると
おもろいもん見れるかもよ~?

なんちゃって女子高生って一時流行ったでしょ?(今もいる?)
あれの男子高生版ともいえる人がいたよー
映画館の前に。

「おっさん、なんぼなんでもそれは
無理あるで~犯罪でっせ」ってぐらい
しわくちゃなお顔でした。

偏見や差別についての映画を観に行っておいてこんな事言っちゃいけないかな?
(^^)

投稿: SA | 2006/03/02 21:45

SAさん、こんばんは。

>大阪に観に来るって手もありますぞ

そうなんですよ。私、まだUSJも行ったことがないので、
映画の旅 in大阪もいつかやらなくては、と思ってます。
でも、USJのアトラクションになっている映画で観てないのも
多くって。行く前に予習しなくては(笑)

>あれの男子高生版ともいえる人がいたよー

というと、「なんちゃって男子高生」? うそー。
想像だけでキモいかも(^^;

土地が変わると人間性もお国柄が出るというか、全然
違いますよね。食文化もまったく異なるし。

長野県ではお葬式などの仏事に「天ぷら饅頭」なるものを
お供えするそうなのですが、秋田ではそんな習慣なかったですよ。
あとね、赤飯饅頭っていって、お饅頭の中に赤飯が入ってる
お菓子もあるの。何で饅頭の中に赤飯入れるんだ~???

関西でもありますか? 

投稿: Michara | 2006/03/03 01:43

天ぷら饅頭に赤飯饅頭?!
う~~~んどんな味なんでしょうか?
すっごい興味を引きますねー
むふふ

大阪にそんな風な食べ物あるかなーって
考えてたんですけど思いつかなかったなー
やっぱり名物は「人」?

映画館の前のなんちゃって男子高校生とかね
最初、15人ぐらいの20歳前半位の
サイア人みたいな男の子の
集団がいたですよ。
茶髪金髪で髪の毛逆立ってるの。

横断歩道の信号のとこで
人がうじゃうじゃいる所で
何してるのかと思えば「ジャンケン」してんす。

15人もいるもんだから、延々「あいこでしょ」ってやってんすよ。
んでその影から金髪というより
「黄色」の髪の坊っちゃん刈りの
学生服が出てきて
「なんでこの時間にこんなとこに学生が?」
(土曜日午前10:00前)って
じーっと見てたら
振り向いた顔があーた。。。

上で控えめに「おっさん」って書いたけど
どうみてもあと2,3年で赤いちゃんちゃんこ
着る年でしょ?
下手したらお孫さんいるっしょ?って
お年と推察しましたよ。

帰りの電車では、近頃は見かけないほどの立派なパンチパーマの
時代劇に出てきそうな渋めの
おじさんが黒地にショッキングピンクのかわいい小袋を持ってたの。

「似合わないなーぷぷぷ」って観察してて足元見たら
白いメッシュのエナメル靴。
ありり?足元からもう一度視線を上にやると、丁度荷物を持ち直してて
。。。。。
小指がなかったよ。。。

別の日は山ほど買い物袋をかかえた
おばさんがなぜだか単Ⅱ電池を取り出しずっとにこにこみてたの。
窓の日にかざしたり顔に近づけたり
。。。

梅田なんて年に4,5回行くか行かないかなんだけどなぁ。。

類は友を呼ぶのかなぁ。。

あ!変わった食べ物ってんじゃないけど、
大阪の喫茶店とかで
「夫婦ぜんざい」を注文すると
一度に2杯出てきますよ。

投稿: SA | 2006/03/03 21:28

SAさん、こんばんは。

>やっぱり名物は「人」?

ですね。読んでいて、「確かに面白いわ~(笑)」と思いました。
個性的な方が多いんですね。

田舎なんて、ちょっとでも目立った格好してる人間が歩いてたら
あっという間に街中の噂ですよ。嘘でも大げさでもなく本当ですから(^^;

でも、ヤ○ザさんとは私ちょっとだけご縁があるんです♪
小学校の同級生にヤ○ザさんの息子がいたり(庭で孔雀を飼ってたとか)、
引っ越したアパートの斜め向かいがヤ○ザさんの事務所だったり、
今住んでるところも100mくらい先にヤ○ザさんのお家があったり。

うちの母は恐いものが何もない人なので道で怒鳴り散らしてきたチンピラを、
逆に叱って、「アネさん」と勘違いされるわ。

父親は(調理師なんですけど)蕎麦を裁断する機械で昔、薬指をスッパリ
やりまして、それでなくても親分みたいな風貌なのに、その後はムショ帰りの
ヤ○ザさんと勘違いされるわ。

その娘はヒヨコ豆みたいな風貌なので大笑いなんですけど(--; 
3年前に(当時30歳過ぎてた)、郵便局の窓口で印鑑の紛失届けを
出そうとしたら、「未成年?」と聞かれた私って…(泣)

27歳の時に居酒屋のホールで働いていたんですけど、20歳くらいの
若い兄ちゃん達に年下と思われて、ひどいこと言われたりもしましたっけ…。
(遠い目。若く見られて得したことがないの…)

>「夫婦ぜんざい」を注文すると
>一度に2杯出てきますよ。

わははー。名古屋でしたっけ。朝にコーヒー注文しただけでパンやら
サラダやらまで付いてしまうのって。

食文化はやっぱり各地それぞれ違うところがたくさんありますよね~。

投稿: Michara | 2006/03/04 19:33

Micharaさんこんばんは~

あ~そうだなー
風貌だけで決め付けちゃいけませんよねー
反省反省。

Micharaさんはベビーフェイスなんですか?
私は今でこそ年相応に見られますけど
ふけ顔です。

中学生の時に「大学生?」って。。。
(-_-#)
てぇ~い!
このセーラー服が目に入らぬか!
ってさすがに怒りましたけど。
(大学生のクセにセーラー服着てる変な人と
見られたのか?)

投稿: SA | 2006/03/05 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/8871231

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の旅(笑):

« 映画の感想(2月13日~2月19日) | トップページ | ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA) »