« ミュンヘン(MUNICH)  | トップページ | 映画の旅(笑) »

2006/02/21

映画の感想(2月13日~2月19日)

ネバーランド

  • ネバーランド (2004)

  • ネバーランドに暮らす永遠の少年ピーターパン。そんなピーターパンがどうやって生まれたのかを実話を元に映画化した作品。流れる音楽がとても心地良いです。

    パイレーツ・オブ・カリビアン』で押しも押されぬ人気ハリウッド俳優となったジョニー・デップがピーターパンの生みの親、劇作家のジェームズ・バリーを演じる。ジョニーはいつもの奇抜な演技はほとんど見せず控えめな演技でした。でも、オスカーで主演男優賞にノミネートされる程かな~?と思った。映画関係者はジョニーにどうしても受賞させたいらしい(笑)

    「ピーターパン」が元々は舞台劇だったってことを知っただけでもめっけもん。スランプだったバリーが未亡人のシルヴィアとその息子達に出会い、本当の家族のような絆を見つけていく。この一家との出会いにより、名作「ピーターパン」は生まれていったのだという。

    映画はフィクションの部分もたくさんあり、シルヴィアとバリーが知り合った時、シルヴィアはまだ未亡人ではなかったそうです。そして、シルヴィアの夫アーサーとバリーが最終的には良き友人になっていたというから驚き。日本オフィシャルサイトにジェームズ・バリーの本当の人生についての資料があるので、興味のある方は是非読んでください。真実の方がドラマティックだと私は思ったな~(笑)

    プリシラTHE ADVENTURES OF PRISCILLA,QUEEN OF THE DESERT

  • プリシラ (1994)

  • 3人のドラッグクイーンがオンボロバス”プリシラ”号に乗り、大都会シドニーからオーストラリア3000kmを縦断する旅へ。3000kmは長い。出会いや別れ、挫折や困難が次々と待ち受けている。そして、旅はいつか自分を探す旅へと変化していく。

    ほんのちょっとしたことで傷付くし、偏見や差別に涙する日もある。それでも、彼女達はいつでも元気。大泣きした後だってメイクして派手な衣装を着て踊っちゃえば元気になれる。オカマちゃんの出てくる作品って元気になれるから大好き!!

    WOWOWの予告で見て、「わー、オカマちゃんの映画だ~♪」と思って、誰が出演してるかなんてチェックもせずに見たのですが、のっけからビックリですよ。エージェント・スミスが~、エルロンド様が~、ド派手なドラッグクイーンを演じておられました(笑)。ヒューゴ・ウィービングさんは顔のパーツがはっきりしてるから、お化粧するとすごいですよ。

    3人が着る衣装もとにかくド派手で奇想天外で面白い。そして、聴いたことのある音楽がたくさん流れて、目も耳も美味しかったぞー(笑)。劇的なことが何か起こる訳ではないけれど、ゆーったりとした気分でオーストラリアの美しい光景とド派手なドラッグクイーンを楽しめるなんて、なかなか粋な作品です。是非、一度ご覧あれ。


    ゾルタン★星人 (初回限定生産)

  • ゾルタン★星人 (2000)

  • 1年半以上前に一度見た作品なのですが、どーしてもどーしてもアシュトンとショーン君のアホ面が見たくなって、先週このDVDを買っちまいました(笑)。久々に「ゾルタン」のポーズ、テレビの前でやりましたよ。これ見ると、5%くらい知能下がるので、ご注意くださいまし~。

    酔っ払って前日の記憶がまったくないジェシーとチェスター。彼女たちに記念日のプレゼントを買ったはずなのだが、プレゼントを置いた愛車が見つからない。愛車を見つけるために前日に何があったのかを思い出そうとする二人の前には金を返せと脅すオカマや、エイリアン・オタク、セクシーなエイリアンなどが現れて…というハチャメチャなストーリー。

    ストーリーなんて、あってないような物なので深く考えちゃいけない。私が見たかったのはアシュトンとショーン君のアホ面なんだもん。1回目を見た時よりもアシュトン株がちょっとだけ上昇してるので美青年なアシュトンに萌え~。この頃のアシュトンってば、めっちゃ可愛いじゃな~い(笑)。ほっぺもほんのりピンクで初々しい。

    ショーン君のサル顔も相変わらずキュート。『アメリカン・パイ』も見よう見ようと思っているんだけど、なかなか順番が回ってこない。ショーン君は『ランダウン』で仮面ライダーみたいな腹筋してたけど、この時はまだ華奢だな~。

    私が好きなシーンは、ジェシーとチェスターが「Sweet」と「Dude」を言い合うシーン。ほんとに救いようのないバカだよ、この2人。それを喜んで見てる私はもっとバカ。DVD980円でこれだけ楽しめたら満足ッスよ。

    そういえば、MadTVに出演していたデヴィッド・ハーマンがジャンキーな犬の飼い主ネルソン役で出てた。前回見た時は気付かなかったな~。デヴィッドって『24』にもチョイ役で出てたっけ。

    『24』といえばクロエことメアリー・リン・ライスカブがエイリアン・オタクの一人だった~。この人はコメディによく出てるみたい。美人じゃないけど、すごく印象に残る女性。『24』ではひたすらふくれっ面(笑)。

    あともう一人。いじめっ子のトミー役のチャーリー・オコンネルが、何とジェリー・オコンネル君の実弟なんですって。allcinemaで調べてくれた人の書き込みを発見。そういえばジェリー君に似てるわ。しかも彼も身長191cmもあるらしい。兄弟してデカイんだねー。映画って見直すと新たな発見がいっぱいあって面白いな~。

    |

    « ミュンヘン(MUNICH)  | トップページ | 映画の旅(笑) »

    映画の感想--他」カテゴリの記事

    コメント

    Michara様
    albrechtです。
    『ゾルタン★星人』ですが、
    >先週このDVDを買っちまいました(笑)。
    す、すばらしい~!!
    おバカ・コメディ道まっしぐらですね!(笑)
    でも、この映画はものすごい脱力系なのにやたらといろんなキャラがでてきたりして、ヘンなところに気合が入ってるんですよね~。
    僕も時間が経つと、「また、もう1回観たい!」とか思っちゃいそうです(笑)。

    投稿: albrecht | 2006/02/23 09:06

    albrechtさま、こんばんは(^^)

    コメントありがとうございます。
    albrechtさんも『ゾルタン★星人』、ご覧になったんですよね。

    私はアシュトンとショーン君目当てのただのミーハーです。
    この作品、続編も決定してるって話だったんですけど、2人とも
    かなり人気者になっちゃいましたからね。

    >僕も時間が経つと、「また、もう1回観たい!」とか思っちゃいそうです(笑)。

    そうなんですよ。コメディはもう1回でも2回でも観直したくなっちゃうのです。
    albrechtさんもSNL以外のコメディ路線もばく進中ですね(笑)

    投稿: Michara | 2006/02/24 00:44

    すみません、『プリシラ』と『ゾルタン★星人』に食いつきました~(笑)。

    『プリシラ』ってすごいメンツだったんですよね~。観た時はかろうじてテレンス・スタンプさんだけ知っていた(笑)。ヒューゴさんもガイさんもずい分経ってから「えっ!」と思いましたわ。

    以前も『ゾルタン・・』にコメント書いた気が・・(遠い目)。
    ははは。この手のおバカが伝染りそうな(爆)映画、大好きです~!ジェニファーちゃんも可愛かったし~。私も買っちゃおうかな~!

    投稿: linkrick | 2006/02/24 03:35

    ☆彡 linkrickさん

    『ゾルタン★星人』、はよ見てくださいねー。
    とってもクダラナイですよ。

    テレンス・スタンプさんは作品は何作か観てるんですけど、よく覚えてないんです。
    「ホーンテッド・マンション」とか「スーパーマン」は見てるんですけど。

    ガイさんは少し前に「トゥー・ブラザーズ」を見ていたのですが、
    同じ人とは思えませんでした。本当に「ええー?」ですよね。

    投稿: Michara | 2006/02/28 01:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/8665900

    この記事へのトラックバック一覧です: 映画の感想(2月13日~2月19日):

    » 『ゾルタン★星人』 [Albrecht's Alternativity@ココログ]
    宇宙人というスパイスが効いたゴッタ煮感、ヒドゥー語で言い換えればマサラ感はけっこ [続きを読む]

    受信: 2006/02/23 09:00

    « ミュンヘン(MUNICH)  | トップページ | 映画の旅(笑) »