« "クラッシュ"公式サイト更新 | トップページ | アカデミー賞のプレゼンター続々決定 »

2006/02/04

テレビ鑑賞の記録(1月23日~2月4日)

パンチドランク・ラブ DTSコレクターズ・エディションPUNCH-DRUNK LOVE

  • パンチドランク・ラブ(2002)

  • アダム・サンドラーの『パンチドランク・ラブ』を見た。趣旨は分かった。分かったけど「何かよく分からな~い」。たぶん、「何かよく分からな~い」風に仕上げた映画なんじゃないのかなぁ(笑)。

    2002年カンヌ映画祭監督賞を受賞した作品なのですが、私はカンヌで絶賛される映画と相性が悪いんですよ。アダム兄さんの演技も誉められたそうですね~。いつもと変わってないと思うんだけど??? 『パンチドランク・ラブ』では怒りを抑えられない男、『N.Y.式ハッピーセラピー』では怒りを表に出せない男。どっちもアダム兄さんの十八番。

    ま~ったりとした作品なんだけどフィリップ・シーモア・ホフマンが出ると場面が締まる(笑)。ハッピーエンドっていうのは良かったね。そういえば、やたらと日本絡みのものが登場。アダムくんが利用している銀行は三和銀行だったし、ハワイに行ったら盆踊り(?)のパレードやってた。なんでだろ(笑)


  • ミスター・アーサー(1981)

  • ダドリー・ムーアとライザ・ミネリ(母親がジュリー・ガーランド)主演。ダドリー・ムーアさんを見るのは初めて。すごく小柄な人だったので驚いた。財閥の御曹司アーサーは放蕩息子で毎日飲んだくれ、お金で付き合える女性には不自由しなかった。だが政略結婚を目前にして本当の恋を知り…という、かなり可愛いストーリー。ダドリー・ムーアの引きつり笑いがひたすら印象に残る映画。そして、アーサーと執事ホブスンの関係がステキだ。愛なんて知らずに育ってきたと思っていたアーサーが本当はホブスンの愛に包まれていたということを知った時、身分もお金も関係なく心から人を愛せるようになるなんて、いいねー。コメディ映画はこうでなくっちゃ。

    ブレイド 2 ― コレクターズ・エディションBlade 2

  • ブレイド 2(2002)

  • 1作目はテレビでかなり前に見たので、ちょっと覚えていない設定もありましたが…。『ブレイド2』もかなり好みでした。キャラクター設定勝ちっていうのかな。人間とヴァンパイアの間に生まれた混血のヴァンパイア・ブレイドが魅力的。黒人のヴァンパイアってだけで、すべて合格ですよ。お日様の中も歩けて、ニンニクだって銀の弾だって怖くない。ただ血への欲求があるだけ。

    これだけでもワクワクしちゃうのに、今回の敵さんがこれまたスゴイ。下あごがガパーッって開く異形のヴァンパイア(リーパーズ)なんですよ。血を吸う時、ガパーッってやるの。あー、楽しかった。文句言うとすれば、アクションシーンのCG多様が丸分かりなこと。CGで作った人間の動きがバレバレなのが残念だね。ワイヤーアクション使った方が良かったんじゃないかなぁ。


    ザ・フォッグ

  • ザ・フォッグ(1979)

  • ジョン・カーペンター監督作の『ザ・フォッグ』を見た。私がこの作品を知ったのは2005年にこの作品のリメイク"THE FOG"が製作されたから。出演してるのはトム・ウェリングくん。日本では公開も決まっていないし、映画評も散々なものだけど、DVDが発売されたら絶対に買う!! そのための予習としてオリジナル版を見ることが出来て嬉しかった。

    ストーリーは海辺の村に突如として謎の霧が発生し、次々と事件が起こるというもの。ホラー映画としては全然怖くなかったし、ストーリーも驚くようなものでもなかったけれど、この作品のファンは多いらしい。霧の中に何がいるのか見えそうで見えない恐怖ってゆうのかなぁ。しかも、霧が相手じゃ逃げるのも大変。なぜにリメイク版の評価が低いのか??? この目で確かめたい。トム君版のニックはどんなかな。(ヒッチハイクの女性と一晩過ごすのもありなの?)


    ラストキングダム 10番目の王国The 10th Kingdom

  • ラストキングダム 10番目の王国(2000)

  • 2000年にテレビで放映されたミニ・ドラマ。1話が1時間45分で全4話。タイトルからして子供向けのファンタジーかと思っていたのですが実は違った。ファミリーで見られるようには編集しているけど大人が見た方がずーっと楽しめるんです。

    ストーリーは現代のNYに暮らすヴァージニアのもとに呪いを掛けられて犬の姿に変えられてしまったシンデレラの孫がやってくる。ヴァージニアと父親は魔法の国を救うために冒険に出かける羽目になる、、、というもの。この、あらすじ読んでも子供向けっぽいでしょ。

    でも、犬の姿に変えられた王子を捕らえるためにやってきた狼のウルフがヴァージニアに恋をしてカウンセリング受けてみたり、「彼女をたべちゃいんだー、うぉーん」なんて言ってる姿をカウンセラーが複雑な顔して見てたり、旅をしていくうちに恋心を抱くようになったヴァージニアとウルフが最後、森の中で一発おめでた合格ご懐妊しちゃったり。冒険アイテムを手に入れるために「良い羊と羊飼いのレース」に出場したヴァージニアがQueenの「WE WILL ROCK YOU」を替え歌にして、魔法の国の住民たちとズズチャン、ズズチャンって踊ったり。

    なんかもー、訳わかんないことになってるファンタジーでした。私が全4話見たのは、ウルフ役のスコット・コーエンさんがセクシーな上にお茶目だったから。(テレビシリーズの出演が多い人みたいで情報がほとんどない)。ウルフのための7時間だったと言っても過言ではありません。

    |

    « "クラッシュ"公式サイト更新 | トップページ | アカデミー賞のプレゼンター続々決定 »

    映画の感想--他」カテゴリの記事

    海外ドラマ」カテゴリの記事

    コメント

    今晩は!

    >私はカンヌで絶賛される映画と相性が悪いんですよ。
    同じくです~!(笑)

    ダドリー・ムーアさん、「悪いことしましョ!」のオリジナルの主演だったんですよね~。悲しいことにまだコレ未見(探しても見つからないんです~。カナダのアマゾンにVHSがあったんですけど、と~ってもお高かった。。。泣)。

    ブレイド(変換が笑った・・無礼度)、メチャ好きです!(笑)だいたいバンパイア・ドラキュラもの大好き~!武器、日本刀ですよね?
    衣装もメチャクチャかっこいいし~(笑)。
    リーパーズって、昔、折り紙細工でタテ・ヨコ開くヤツ作りませんでした?アレに似てる(笑)。

    The Fog・・子孫に祟られても困るんですけど、因果応報ってことで(笑)。だから「彼ら」が何だか哀れで悪役とは思えませんでしたね。あの頃、ジェイミー・リー・カーティスって「ホラー」の女王じゃありませんでしたっけ?

    ラスト・キングダム・・未見です。観たいです!
    狼も好き!(笑)
    スコット・コーエンさん、誰かに似ている・・誰だろう?気になるタイプです~。

    投稿: linkrick | 2006/02/05 02:34

    ☆彡 linkrickさん、こんにちは~

    >ダドリー・ムーアさん、「悪いことしましョ!」のオリジナルの主演だったんですよね~。

    そうそう。それでお名前覚えていて、今回CSで放映されたのを見ました。
    『悪いことしましョ!』もオリジナルの方が面白いって言う人が多いじゃないですか。
    いつか私も見られるといいなぁ~。

    ブレイド、カッコいいですよねー。
    「2」では裏切り者が予想と違っていたので、「騙された!」と思って嬉しかった(^^)

    >リーパーズって、昔、折り紙細工でタテ・ヨコ開くヤツ作りませんでした?

    折り紙のパカパカ(笑) そんな感じでしたー。
    あのCGは素晴らしかったなぁ。でも、あんな風に変化するのはイヤですぅ。
    髪の毛抜け落ちるなんて…(泣)

    >スコット・コーエンさん、誰かに似ている・・誰だろう?気になるタイプです~。

    絶対にlinkrickさん好きなタイプですよ。そう思いながら、見てましたもん。
    そう。誰かに似てるんです。でも誰か思い出せないの。
    無精ひげがステキでした~(^^)

    投稿: Michara | 2006/02/05 13:15

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/8403459

    この記事へのトラックバック一覧です: テレビ鑑賞の記録(1月23日~2月4日):

    « "クラッシュ"公式サイト更新 | トップページ | アカデミー賞のプレゼンター続々決定 »