« とうとう出るのね、キングダム ハーツⅡ | トップページ | レッドリボンキャンペーン2005 »

2005/11/27

最近見た映画(11/21~11/27)

来週は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を見に行くぞ~、オー!!

ブラザー・ベアBROTHER BEAR

  • ブラザー・ベア

  • 精霊のチカラで熊の姿に変えられてしまった人間の青年キナイと、母熊とはぐれ一人ぼっちになってしまった小熊のコーダが旅をしながら本当の家族のようになっていく、という物語。フィル・コリンズのサントラはかなりイイ!! 小熊のコーダの可愛らしさにメロメロな私でしたが、ラストはあれでいいの? 本当にいいの? 


    ハッピー・フライト スペシャル・エディションVIEW FROM THE TOP
  • ハッピー・フライト

  • グゥイネス・パルトロウの顔が苦手なのですが、このコメディはなかなか楽しかった。真面目だけど田舎育ちのパッとしない女の子という設定なので、グゥイネスのメイクや衣装もかなり微妙で笑えます。恋や仕事、友情、家族など色々なテーマも盛り込まれていて、見終わった後もスッキリ感があります。マイク・マイヤーズのドギツイ演技がかなり可笑しい。


    ライフ・アクアティック コレクターズ・エディション(初回限定生産)

  • ライフ・アクアティック

  • 映画館で見たかった作品。すごく不思議。見てる時は「うーん?」という感じだけど後からジワジワきます。横柄で傲慢、自分勝手で自己中心的なのに、どこか憎めない男を演じさせたらビル・マーレイは絶品!! 監督がビルの為に脚本を書いたというのも納得です。海の生き物達がストップモーションアニメというのも新鮮。(アニメはあのヘンリー・セリックが手掛けました) おとぎ話のような大人のためのへんてこコメディでした。


    夢のチョコレート工場WILLY WONKA & THE CHOCOLATE FACTORY
  • 夢のチョコレート工場

  • 1971年製作のジーン・ワイルダー版『チャーリーとチョコレート工場』。30年以上経った今もカルト的な人気がある作品と紹介されていて、ずーっと見たかったのです。ジョニデのイロモノ・ワンカも面白かったけど、私はこっちの作品も好きだな~。古臭い感じが何ともいえません(笑)。CG映画にすっかり目が慣れている私達だけど、昔はこういう映画を見てドキドキワクワクしてたはず。新作チャリチョコとの違いを比べてみるのも楽しい。

    |

    « とうとう出るのね、キングダム ハーツⅡ | トップページ | レッドリボンキャンペーン2005 »

    映画の感想--他」カテゴリの記事

    コメント

    こんにちは~!
    『夢のチョコレート工場』ご覧になったんですね。古臭いけど、見れますよね。こっちの作品は、ウンパルンパの歌の感じが、ものすごく懐かしいの。30年以上前のメロディ。
    Micharaさん、生まれてたかな?私は、確かに存在してましたね。こういう作品、ほっとします。

    投稿: ahomi | 2005/12/20 10:29

    ahomiさん、こんばんは~。

    ティム・バートン版のお菓子の工場を見てしまうと、古い作品の方は
    いかにウソ臭くて笑っちゃいますけど、でも楽しかったですよ~。
    私、好きでした。

    泡出して走る車の合成がいい加減なところも大笑い。
    ウンパ ルンパ ドゥパディ ドゥ♪ も良かったですね。

    私はですね、ちょうどお腹にいたくらいですよ~。
    人間のカタチにはなってました(^0^)

    投稿: Michara | 2005/12/21 01:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/7345064

    この記事へのトラックバック一覧です: 最近見た映画(11/21~11/27):

    » チャーリーとチョコレート工場/母の不在 [マダム・クニコの映画解体新書]
    (ネタバレ注意!)  大人のための毒気に満ちたメルヘン。資本主義にどっぷり浸かっている現代人を批判しているが、その底流には、不在の母に対する飢餓感がある。 チャーリーとチョコレート工場   ウォンカは、歯科医の父が彼の歯を守るためにチョコレートを燃やしたことに腹を立てて、少年時代に家出。長じてから一念発起してチョコレート工場のオーナーになった。  ところが、余りにも成功したため同業者のねたみを買い、産業スパイによる機密の漏... [続きを読む]

    受信: 2005/11/27 23:49

    » ■〔映画雑談Vol.4〕「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン篇」&『ライフ・アクアティック... [太陽がくれた季節]
    皆さん、こんばんは~ さてさて、 脱力気味な時、気落ちしている時などに得がたい心的カンフル剤となってくれる(くれた)映画が僕には少なからずあります。 ―という訳で、今回は、 「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン/Oh-Well篇」なんぞをお披露目いたします。 1)『トップ・ハット』(1935/マーク・サンドリッチ) 2)『バンド・ワゴン』(1953/ヴィンセント・ミネリ) 3)『幻の女』(1944/ロバート・シオドマク) 4)『底抜けてん... [続きを読む]

    受信: 2005/11/30 16:26

    « とうとう出るのね、キングダム ハーツⅡ | トップページ | レッドリボンキャンペーン2005 »