« 松本PARCO・F4展 | トップページ | 『炎の英雄 シャープ』 CSで放映決定 »

2005/10/23

シャンハイ・ナイト(SHANGHAI KNIGHTS) ★★★

シャンハイ・ナイト
製作:2003年アメリカ
監督:デヴィッド・ドブキン 
ジャンル:アクション/アドベンチャー/コメディ

出演:ジャッキー・チェン、オーウェン・ウィルソン、ドニー・イェン、アイダン・ギレン、ファン・ウォン 他


【STORY】 1880年代のアメリカ西部。保安官のチョン・ウェンのもとに中国にいる父が殺されたとの知らせが入る。妹のリンは犯人を追い、英国にいるという。チョンはロンドンまでの旅費を借りに、かつての仲間ロイのいるニューヨークを訪れるが…。
-------------------------------------

シャンハイ・ヌーン』の続編。前作を見たのが相当前だし、どんなストーリーだったか思い出せないけど、とにかくオーウェン・ウィルソンがお調子者だったことだけは記憶に残ってます。

久々にジャッキーの映画を見たけど、やっぱり老けましたねー。アップになるとお顔のシワがすごく目立ってて、「あー、ジャッキーも歳には勝てないな~」とちょっと思いましたよ。

私は子供の頃、ジャッキーの映画が大好きでテレビ放映された作品はほとんど見てます。昔みたいなアクションは出来なくっても、ハリウッドでジャッキーが頑張ってるってことはすごく嬉しいこと。歳とってもヨボヨボのお爺ちゃんになっても、ジャッキーにはアクション映画に出続けて欲しい。

ジャッキーのアクションは「あ、これ見たことある」って思う場面がたくさんありました。傘で敵の攻撃をクルクルかわしたり、ツボを使って相手を惑わせたり。久しぶりにジャッキーのカンフー見たからニコニコしすぎて顔の筋肉がだいぶ緩んじゃった。

『シャンハイ・ナイト』は最初、「あれ?あんまり面白くないかも。ギャグもベタだし」って思ったんですよ。ドリフみたいな古典的なギャグも多いし、テンポもそんなに良くないな~って。でも、オーウェン・ウィルソンのダメ人間ぷりもだんだんツボにハマってきて、ジャッキーのニコニコ笑顔にもつられ笑いしちゃって、後半は楽しくていっぱい笑いました。

ジャッキーの定番キャラクターって無敵のヒーローではないんですよね。人は良いけどおちこぼれ。それでも最後には自分の力で敵に立ち向かい渾身の一撃が決まるっていうのがパターンなの。このチョンも無敵のカンフーつかいっていう設定ではなかったですね。でもねー、最後の一撃がねー。あれじゃーねー。自分で決めてないもんねー。これがかなりショックでした。

でも、私はバディ・ムービーが大好きだからいいのさ。とにかく、ジャッキーのアクション(まだスタントだって自分でやってるよ)と、オーウェンとの掛け合いを楽しんでください。

ジャッキー映画といえば必ずと言っていいほど入る、エンドロール前のNGシーン。『シャンハイ・ナイト』にも入ってて本当に嬉しかった!! ジャッキーにはこれからも頑張って欲しいです。

(2005年10月・WOWOW

|

« 松本PARCO・F4展 | トップページ | 『炎の英雄 シャープ』 CSで放映決定 »

映画の感想--サ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/6536070

この記事へのトラックバック一覧です: シャンハイ・ナイト(SHANGHAI KNIGHTS) ★★★:

« 松本PARCO・F4展 | トップページ | 『炎の英雄 シャープ』 CSで放映決定 »