« シン・シティ(SIN CITY) ★★★★ | トップページ | 流星花園・F4 WORLD展 »

2005/10/18

セイブ・ザ・ラストダンス(SAVE THE LAST DANCE) ★★★

セイブ・ザ・ラストダンス デラックス版SAVE THE LAST DANCE
製作:2001年アメリカ
監督: トーマス・カーター
ジャンル:ロマンス/ドラマ/青春

出演:ジュリア・スタイルズ、ショーン・パトリック・トーマス、ケリー・ワシントン、フレドロ・スター、テリー・キニー 他


【STORY】 ジュリアード音楽院への進学を夢みてバレエに情熱を燃やす少女サラ。しかし、大事なオーディションの最中に最愛の母を交通事故で亡くしてしまう。サラはそのことで自分を責め、バレエへの夢を一度はあきらめるが…。
-------------------------------------

バレリーナを目指す少女が母の死から立ち直れずバレエを辞め、新しい街で出会った心優しい男の子と恋に落ち、また夢を取り戻すという、よくあるストーリー。

でもダンス映画って見ていて楽しい。青春映画も爽やかな気持ちになれるから好き。お尻ムズムズも嫌いじゃない(笑) ヒロインのサラも、彼女が恋する相手のデレクもとっても素直で可愛くって、2人がダンスするシーンは本当に微笑ましいんですよ。

ちょっと新しいなと思ったのは、白人のサラが恋するデレクは黒人の少年ということ。そして、サラが再出発をするキッカケをつくったのはスラム街とヒップホップという点。デレクはスラムで育ち、犯罪から抜けられないような親友を持ちながらも、小児科医を夢見る心優しい少年なのです。

恋に友情、父娘関係にと障害もたくさんあって、それを一つひとつ乗り越えていくサラとデレク。青春ムービーのお手本って感じ。2001年全米公開当時、予想外の大ヒットを記録したそうです。「目新しさがない!」とか言いながらも、こういうほのぼのする作品をみんな求めている証拠なのかも。

ジュリア・スタイルズはバレエ経験者なのかなー? この作品のためにバレエとヒップホップを猛勉強したということは経験者ではないのかも。全体的にダンスが硬かった気がします。でもジュリアードの入学試験のモダン演技の中にヒップホップを取り入れたシーンがすごく面白かった。

「どうせ全部が全部うまくいくんだろうな~」と思いながらもやっぱり良い子達には幸せになってもらいたいもの。ラストシーン、たまり場となっているクラブで楽しそうにダンスをする彼らの姿に思わず満面の笑み!! ハッピーな気分になれるカワイイ作品でした。

(2005年10月・ムービープラス


|

« シン・シティ(SIN CITY) ★★★★ | トップページ | 流星花園・F4 WORLD展 »

映画の感想--サ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/6466582

この記事へのトラックバック一覧です: セイブ・ザ・ラストダンス(SAVE THE LAST DANCE) ★★★:

» セイブ・ザ・ラストダンス [がちゃのダンジョン]
『セイブ・ザ・ラストダンス』(2001)SAVETHELASTDANCE上映時間113分製作国アメリカジャンルロマンス/ドラマ/青春シネトピ「ハムレット」のジュリア・スタイルズ主演で、一度はバレエへの夢をあきらめた少女が、自らの夢に向かってひたむきに努力する黒人少年と出会って...... [続きを読む]

受信: 2005/10/20 17:48

« シン・シティ(SIN CITY) ★★★★ | トップページ | 流星花園・F4 WORLD展 »