« 気になる彼の映画2本 | トップページ | 第9回ハリウッド映画祭で"Crash"のキャストにアンサンブル演技賞 »

2005/10/04

ホールデン君の名前は「ライ麦畑でつかまえて」から?

american baby.comという赤ちゃんサイトにこんな記事がありました。

  • Which Celeb Chose a Baby Name Inspired by Literature?
  • いつも通り、私に英語は期待しないでくださいね(誰もしてないって)。文学に影響されて赤ちゃんの名前を付けた(と思われる)セレブ達を紹介している記事です。

    ブレンダンの次男坊ホールデン君の名前は、1951年に発表されたJ.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』の主人公Holden Caulfield(ホールデン・コールフィールド)にちなんで命名されたのではないかと、このサイトは推測しています。

    『ライ麦畑でつかまえて』、読んだ方いらっしゃいますか? こんな有名なタイトルなのに、私は読んだことありませ~ん。

    Amazonのレビューによると

    1951年に『ライ麦畑でつかまえて』で登場してからというもの、ホールデン・コールフィールドは「反抗的な若者」の代名詞となってきた。ホールデン少年の物語は、彼が16歳のときにプレップ・スクールを放校された直後の生活を描き出したものだが、そのスラングに満ちた語り口は今日でも鋭い切れ味をもっており、ゆえにこの小説が今なお禁書リストに名を連ねることにもつながっている。
    なんですと。どうでしょう。ブレンダン達が自分の息子にこういう名前付けるかな~?と疑問に思ったんですけど。ただね、読んだ方のレビューを見ると、ホールデンっていう少年は今も昔も若者達のカリスマ的存在なんですって。それを聞くと、「あ、そうかも」なんて思ってしまいます。

    私は高校生の時にヘッセの『車輪の下』は読んだけど、オチ一緒だったりはしないですよね? じゃなかったら、読んでみたいなぁと思いました。

    |

    « 気になる彼の映画2本 | トップページ | 第9回ハリウッド映画祭で"Crash"のキャストにアンサンブル演技賞 »

    7.Brendan Fraser 05年10月-06年4月」カテゴリの記事

    コメント

    Micharaさんおはようございま~す

    私もこの本は読んだ事がないのでなんとも言えませんが、う~ん違うんじゃないのかなぁ?

    私が持っている資料によると。。。

    「反抗する若者のバイブル」と言う人もいるが主人公のホールデン・コールフィールドは「不良」でも「過激派」でも「反抗的な若者」でもなく、
    成績不良で高校を退学になった落ちこぼれで、女の子にもてるわけでもケンかに強いわけでもないパッとしない16歳の男の子。別に社会に害を及ぼすような少年ではない。

    って書いてありますね。なのになぜ「反抗する若者のバイブル」とされているかというと、

    「発表当初この本が発禁処分を受けたり、学校の図書館から追放されたりしたから」
    だそうですよ。
    で、その理由も大人たちが問題視したのは本の内容ではなく、その文体。当時のハイティーンの口調そのままで書かれていて、「下品なスラングが広まる」のを恐れたのがこの本を封印しようとした大きな理由らしいです。
    大人から嫌われた=反抗する若者のバイブルっていう虚像になったらしいです。

    日本では’03に村上春樹さんの新訳が出て
    話題になったようです。

    また、「ジョン・レノンを射殺した犯人が逮捕された時、この本を携えていた」らしいです。

    う~んそういういわくつきの作品の名前を
    ブレンはわざわざ選ぶかなぁ?

    投稿: SA | 2005/10/04 07:33

    SAさん、ありがとうございます。
    というよりお手元の資料って何ですか~? 私はそっちの方が
    100倍気になります(笑)

    >「大人から嫌われた=反抗する若者のバイブル」
    なるほど~。今も昔も、その図式は変わらないんですねー。

    これまたAmazonのレビューからなんですけど、ホールデン・コールフィールドって
    映画の中でもいろいろな引き合いに出されることが多いみたいですね。
    アメリカでは一般的な名前なのかな~???
    私なんて外国オンチだから、Holdenって最初読めなかったですよー。

    私にとっての外国人ったら、トーマス、マイケル、ジョン、この程度(^^;恥

    しかも、ド恥ずかしい勘違いしちゃいまして、「ライ麦畑ってあれだ、あれ。
    誰かさんと誰かさんが麦畑~♪」と一瞬でも思ったアホ極まりない私。
    (笑ってください…泣)

    『ライ麦畑』から取ったかどうかはamerican baby.comでも
    「推測」っていう表現なので本当のところは分かりません。ごめちょ。

    ブレンダン、真相を教えて~♪

    投稿: Michara | 2005/10/04 22:30

    にゃはは~

    >というよりお手元の資料って何ですか~? 私はそっちの方が100倍気になります(笑)

    やっぱり、ココ引っかかった?
    書いてて「資料ってなんだよ。w」って私も思った。(爆)

    ほら何年か前にいわゆる名作の「あらすじ本」が流行ったでしょう?
    その時に何冊か買ってみたの。

    小さい時から結構本を読むのが好きなので、
    冊数だけはたくさん読んでいるのだけど、
    ジャンルが偏っているので、それまで「読まず嫌い」だったジャンルも挑戦しようかなって。。。
    あらすじを見て面白そうな名作があったら読もうかなって思ったのですじゃ。

    ずっと以前にTVで殺人事件の時の犯人が持っていたってエピソードを見たことがあったのだけど、
    確か番組の中で、一見何の変哲もない内容だけど人を惑わす暗号?のようなものがあるのかもって事を言ってて、
    当時「スラング」って言う意味を知らなかったのもあって
    「なんか危険な感じがする本」ってインプットされちゃったの。

    それでそれから何年もたって、あらすじ本で「ライ麦~」の名前を見つけたけど、
    ↑のように解説してあったので、今度は
    「作品が勝手に一人歩きして、やっぱりなんてことのない内容なのかな?」って、興味をひかなかったの。

    今回検索してみたら本当にたくさんの人が、ホールデン君に惹かれているのね~って興味がわいてきて
    会社帰りに本屋さん寄ってみたけど、無かった(^^;)

    明日はもっと大きな本屋さん行ってみよっかな?

    投稿: SA | 2005/10/06 22:02

    >やっぱり、ココ引っかかった?
    >書いてて「資料ってなんだよ。w」って私も思った。(爆)

    はい。ブ厚い、大学の先生なんかが持ってそうな資料かと…(笑)
    ありましたね~、あらすじ本。SAさんはどんなジャンルがお好き
    なんですか~?

    私も2年前までは本読むの大好きだったはずなのに、最近1年に
    1冊も読んでないです。「指輪物語」も半分まで読んで投げ出して
    るし、「魔法の声」もまだ途中ですよ。去年は何とか頑張って
    「静かなアメリカ人」を1冊。

    ブレンダン探訪に精出しすぎましたね(^^;
    でも、本を読むだけは知ることの出来なかったことを、この2年で
    たくさん見たし聞いたし覚えたので後悔はないです。

    驚いたことに、「ライ麦畑でつかまえて」は「誰かさんと誰かさん」の
    原曲であるスコットランド民謡にタイトルと内容を絡ませているんだそうです。
    間違いじゃないかったのだ~(^0^)

    SAさん、お読みになったら是非、感想UPしてください♪

    投稿: Michara | 2005/10/07 01:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/6242108

    この記事へのトラックバック一覧です: ホールデン君の名前は「ライ麦畑でつかまえて」から?:

    « 気になる彼の映画2本 | トップページ | 第9回ハリウッド映画祭で"Crash"のキャストにアンサンブル演技賞 »