« 謝罪 | トップページ | ブレンダンとの出会い Part.1 »

2005/08/23

『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める運動

本日、MSNのエンタメニュースで見つけました。

  • 求む配給先!「ホテル・ルワンダ」日本公開を求める運動
  • 『ホテル・ルワンダ』は私もいつ公開になるのかと気にしていたのですが、こんなことになっていたとは。現在、署名を集めているそうです。映画ファン成り立ての私ですが、少しだけでも協力出来たらいいなと思いました。

    映画にはたくさんのお金が動くということは百も承知ですが、「ビジネスとして厳しいから公開出来ない」という良質な作品の何と多いことか。映画に興味を持てば持つほど、「日本の映画会社さん、もっと頑張ってよ」と叫びたくなります。

    ゴッド・アンド・モンスターブレンダンのファンは、『GODS AND MONSTERS』のことを思い出しますね。数々の受賞歴、作品への高い評価がありながら、日本では劇場未公開・ビデオスルーとなった作品でした。しかし、インターネットを通して、ファンの力で劇場公開を実現してしまったという、映画ファンの間では「知る人ぞ知る」作品。

    私ももう少し早くブレンダンのファンになっていたら、映画に詳しかったら、この活動に参加したかった。それが悔やまれてなりません。

    『ホテル・ルワンダ』も映画ファンの力で劇場公開までこぎ着けて欲しいですね。私もルワンダで起こった事件について、もっと詳しく知りたいと思いました。


    ■ ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会


    |

    « 謝罪 | トップページ | ブレンダンとの出会い Part.1 »

    映画雑記 05年4月~」カテゴリの記事

    コメント

    アカデミー賞の時にちょこっと紹介されたのを見て、観たいな~と思ってましたが…
    それで思い出したのが、こんな話↓

    この映画の監督さんが、インタビューでブレンダンの名前を出していた事があるそうです。
    ハリウッドではなかなか資金が集まらなかったらしいのですが、そのことで怒っていたらしく
    「ハリウッドはブレンダン・フレイザーが蔦にぶら下がってる時しか、アフリカに興味はないんだ」って。
    あちらでも苦労して製作された映画なんですね~
    どうでしょう?これでブレンダンふぁんの気持ちもくすぐれたでしょうか?
    関係なかった?すいませーん(^_^;)

    投稿: シラ吉 | 2005/08/23 15:56

    おおー、シラ吉さん。これはまた面白いエピソードをありがとうございます。
    確かにアフリカが題材の映画でお金が稼げるかと言ったら、難しいのは分かりますけど。
    この作品にジャン・レノやホアキン・フェニックスも出演しているんですってね。
    「日本公開を求める会」のHPで初めて知りました~(^^;

    いやですね、『ホテル・ルワンダ』が公開されないような日本で、『The Bitter Sea』は
    どうなるんだ!!とか思った訳ですよー。えーえー、結局ブレンダン絡みの私です。

    投稿: Michara | 2005/08/23 23:30

    悲惨な出来事の映画化って色々なことを考えされられるので、重いですが今の時代って
    人の痛みが薄れているので、大事な内容ですよね。
    ハリウッドの商業性って分らないけれど、成功には導いて欲しいですね。

    シラ吉さん>
    そうかぁ~、この監督なかなかジョークのきく方ですね。これくらい皮肉った方がスッキリするよね?
    上映されるといいねぇ~。
    見に行ける範囲なら協力するのになぁ。
    これって、やっぱり興行に貢献できないとダメなんですかね?<Micharaさん。

    投稿: ぽわ | 2005/08/23 23:36

    ☆彡 ぽわさん

    >>これって、やっぱり興行に貢献できないとダメなんですかね?
    見に行く、行かないは関係ないと思いますよ~。私もまだ署名はしてないですし。
    もう少し、作品のことを知ってからにしようと思って(^^) 
    とりあえず、BLOGで紹介するのも貢献のひとつらしいので。

    投稿: Michara | 2005/08/24 19:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/5592275

    この記事へのトラックバック一覧です: 『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める運動:

    « 謝罪 | トップページ | ブレンダンとの出会い Part.1 »