« 『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める運動 | トップページ | "The Last Time"撮影中のお姿 »

2005/08/24

ブレンダンとの出会い Part.1

作品紹介をする前に、まずは私とブレンダンの出会いから紹介致しましょう。これは2004年4月頃に書いたものに大幅な手直しを入れたものです。

いつもどおり、ちょっとの出来事なのに壮大になってしまいました(ある意味、Michara的スペースオペラ)。推敲を重ねるほど長くなっていくのは何故なのだ!? という訳で、2日に分けて掲載します。

この話は過去にも何度か紹介しておりますので、「以前読んでますけど?」と思われた方は読み飛ばしてください。

-----

なぞの邦題のせいで「SF映画」と間違われることの多い、『タイムトラベラー/きのうから来た恋人』。私も例にもれず、「SF映画かな。それにしても安っぽいタイトル」と思って見始めた一人です。2003年11月、なかなか寝付けなくて、何の気なしに入れたスカパーの映画チャンネルでこれからちょうど始まろうとしているところでした。
タイムトラベラー/きのうから来た恋人
「このパパとママ、可愛いなぁ。この男優さん(ウォーケン氏)見たことあるけど誰だっけ?」などと、まーったり見ながらまぶたもトロンとし始めた頃、私の目の前に衝撃の映像が!!

アダム君33歳のお誕生日。パーティが始まるのを今か今かと待っているアダム君。顔を覆い隠した手をパッとはずした、その瞬間、私の胸はドキーーーンと高鳴り、眠気も一気に吹き飛びました。

こ、こ、この天然素材な兄ちゃんはなに? 誰!? しかも、すごいヘンな顔」(私のタイプじゃなかったの、ごめんなさい)

初めて空を見た時の子供みたいな表情。初めてのおつかいでバスに乗ってウキウキしている表情。迷子になった後の子犬みたいな表情。そして何よりもキャッキャ話す声が印象的。

見れば見るほど、「この人のバカっぽい雰囲気は絶対に天然ものだ。ただの俳優さんが、こんな自然にアホっぽい笑顔や喋り方が出来る訳がない」。そう確信したのです。(失礼です。本当に失礼です。ごめんなさい)
adam
そして更なる衝撃が私を襲います。そう。アダム君が女性二人とダンスを踊るシーン。ここまで「アダム君(の中のお兄ちゃん)=天然ボケ」だと勝手に思い込んでいる私ですから、いきなり女性二人を相手にクルクル踊った姿をみて、しばらく動けなくなりました。

その時、何を思ったか私は、「そうか。アダム君は俳優さんではなくてプロのダンサーなんだ。やっぱり、この天然っぷりは演技ではなく本物なんだ(そもそも、これが失礼では?)。ナイス配役!!」などと妙な納得をしたのです。

この後、私の頭の中ではアダム君の笑顔とあのダンスだけがグルグル回り続け、ダンスシーン以降のストーリーをほとんど覚えていなかったということに気が付いたのは、それから数ヵ月後、DVDを購入してもう一度見直した時でした。

|

« 『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める運動 | トップページ | "The Last Time"撮影中のお姿 »

0.Brendan Fraser 作品紹介」カテゴリの記事

コメント

私もSF映画だと思って見始めたクチです。
その時すぐにブレンダンにはまらなかったのもMicharaさんと同じだったんですね~
なんか嬉しい♪私だけじゃなかったんだー、と。

遊びに来て「ほっほ~」と読んでしまいました。
『The Last Time』の撮影画像がアップされてました!それをBBSに書込みに行く途中でした。
それでは、BBSへ行かせて頂きますね~
(もう、ご存知でしたか?ご存知だったら、スイマセン。メチャ興奮中なもので……)

投稿: シラ吉 | 2005/08/24 21:39

☆彡 シラ吉さん

投稿してすぐにコメント返ってきたので驚きました~♪ この後、もっとヒドイことに
なりますが、ご勘弁を(^^; 最初のブレンダンの印象、こんなだったのですよ。
ホットな情報ありがとうござます。こっちでも紹介させてもらいます。ありがとうございます。

投稿: Michara | 2005/08/24 22:08

こんばんは~♪

私も、「タイム~」で完璧に落ちた組。
で、作品色々見てても同一人物と気づくのも
めちゃ遅かった人。
好きなんだよね~この人、域から なかなか
上昇しなかったのよん。

>>子犬みたいな表情
そうなの、この表情が完璧なブレンダンでした
私も書き方参考にしなきゃ~。
マネマネしてもいいですか?

投稿: ぽわ | 2005/08/24 23:19

☆彡 ぽわさん

シュワちゃんとかジャッキーばかり見てた私にとってブレンの演技は衝撃でした。
でもですね、まだ落ちてないの。ここでファンにはなってないのですよ。
続きはまた明日(^^;

ぽわさんは『原始のマン』なども早いうちに見てらっしゃったんですよね~。
ブレンのカメレオンぷりは「知名度」を上げるという意味では損してるのかも。

ブラピはどうやったってブラピだし、トム・クルーズも何やっても
トム・クルーズですもんね。

>>私も書き方参考にしなきゃ~。
マネマネしてもいいですか?

えーえー!?
参考にしていただけるようなところ、ありますか? 
私は簡潔にまとめたいといつも思うのに、なぜか「あれも、これも」と書きたく
なっちゃって、すごーく長くなっちゃうのです。しかも年々「男らしさ」が漂っている(笑) 
私はぽわさんの優しい文章に憧れてま~す。

投稿: Michara | 2005/08/25 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/5619363

この記事へのトラックバック一覧です: ブレンダンとの出会い Part.1:

« 『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める運動 | トップページ | "The Last Time"撮影中のお姿 »