« Journey to the End of the Night | トップページ | 知らないと言えるのも勇気 »

2005/07/09

宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS) ★★★★

製作:2005年アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル:SF/ドラマ/パニック
出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー 他

【STORY】 アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。上空で発生した激しい稲光の一つは地上にまで達し、その下で巨大な何かが大地を震わせうごめき始めた。その場に居合わせたレイは命からがら逃げ出し、子供達のいる家に戻るが、テレビのニュースで世界16カ国が同時に異星人に襲われたことを知る。
-------------------------------------

あー、CGすごかった。ダコタちゃんの悲鳴がすごかった。トム・クルーズは相変わらず小さかった。ティム・ロビンスって何でもやるよね。・・・っていうのが感想です。

だって、この作品はネタばれしちゃったら全然楽しめないですよ。私ッたらバカでレビューサイトでラストがどうなるのかうっかり読んでしまったんですよ。もう、公開直後にネタばれするな、バカ~(泣)。

スピルバーグだ、トム・クルーズだってことは考えず、パニックムービーとして見てください。そうすれば、すごーく楽しめると思いますよ。映像は素晴らしい。CGってことを忘れるくらいチカラ入ってました。私はCGバリバリの映画も大好きなので、それ見るだけでも映画館に行った価値があったな~と思いました。

とにかく、人間も宇宙人もみんなバカ。そして主人公は超人で無敵。韋駄天のごとく疾走するトム・クルーズ。トムはフォースを使ってるとしか思えないです。その辺も楽しみましょう! 

ラスト10分まで疲れた~。見終わってヘトヘトでしたよ。どんよりした天気のせいで頭痛がひどかったんですけど、ダコタちゃんの悲鳴が脳天に響く響く。

宇宙人がもし地球を攻撃してきたら、やっぱりSG1がいないと太刀打ち出来ないよね。な~んて、海外ドラマの『スターゲイト』が好きな私は思いながら見ちゃいました。

(2005年7月・映画館)

Official Site : http://www.uchu-sensou.jp/

|

« Journey to the End of the Night | トップページ | 知らないと言えるのも勇気 »

映画の感想--ア行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/4896935

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS) ★★★★:

» 「宇宙戦争」 [月影の舞]
「宇宙戦争」 ??        (パンフは横長でつるっっつる) やっと劇場で観た。 宇宙人の侵略の怖さよりパニックになった 群集の怖さをよりリアルに感じさせてくれた。 いわゆるパニック映画。 こういう時に人間のエゴがむき出しになる。 自分だけが助かれ... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 11:32

« Journey to the End of the Night | トップページ | 知らないと言えるのも勇気 »