« 本日帰国?(ブレンダン) | トップページ | Crash Moment »

2005/06/26

ミリオンダラー・ベイビー(MILLION DOLLAR BABY) ★★★

製作:2005年アメリカ
監督:クリント・イーストウッド 
ジャンル:ドラマ
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 他

【STORY】  LAのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。ある日、31歳になる女性マギーがジムの門を叩き、フランキーに弟子入りを志願する。
-------------------------------------

いい映画だと思います。静かな静かな映画。ボクシングという激しいスポーツを題材にしていますが、人間達の心の動きはなぜかとても重く、暗く、そして静かなんですよね。

クリント・イーストウッド監督作品を見るのは初めてでした。『ミスティック・リバー』も昨年話題になった作品でしたが後味が悪いという評判を聞いて、とても見る気がしなかったし、『マディソン郡の橋』すら見てませんからね~。

試写会に行った女の子から「もう後半泣きます。号泣します。あんな悲しいストーリーだと思わなかった。イーストウッドってすごい」と大絶賛の言葉を聞いていたので、ラストは読めていたし、絶対に泣かないぞ~と強気で見に行ったのも悪かったのかな。ウルウルとはきたけれど号泣はしませんでしたね。

評価が低いと思うかもしれませんが、それは「そうなって欲しくないラスト」になってしまったから。原作があるので仕方がないことですが、絶対にあんな風になって欲しくなかった。やっぱり私は見終わった後、「楽しかったなぁ~」っていう映画が好きなんだなぁ。でも、マギーの「誰も憎まない、恨まない」という強い姿勢には感動しました。

ヒラリー・スワンクという女優さんは最近まで全然知らなかったんですよね。お世辞にも美人、ではないですよねぇ? やっぱり演技派なのかな。ボクサーという役作りのために鍛えた体は本当に素晴らしかったです。

そういえば、字幕が悪かったのか前半意味不明なシーンがいくつか。簡単な英語だったので、さすがの英語オンチの私でも分かって、「あれ~、どうして、そういう意訳しちゃうのかな」とか不思議でしたもん。

まー、今回もなっち様でしたが…。『オペラ座の怪人』の字幕騒動で戸田さんの翻訳のクセを覚えてしまってから、映画の楽しみが2倍になりました(笑)。

脚本を担当したポール・ハギスはクリント・イーストウッド監督の次回作となる"Flags of Our Fathers"でも脚本を務めます。今年、ハギス自身が監督・脚本した"Crash"という作品もアメリカでは話題になっていて、脚本家としても売れっ子、監督しても今後注目されていくと思います。映画好きの方は要チェック!

(2005年6月・映画館)

Official Site : http://www.md-baby.jp/


|

« 本日帰国?(ブレンダン) | トップページ | Crash Moment »

映画の感想--マ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/4717300

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー(MILLION DOLLAR BABY) ★★★:

» ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン) [GoGo Surf !!!]
2005年度アカデミー賞、主要4部門受賞という話題に惹かれシネコンにて鑑賞。 全くストーリーも知らないまま、なんとなく鑑賞という感じだったが、ゆっくりしたテンポで流れる音楽と共に、3人の人生がボクシン... [続きを読む]

受信: 2005/06/27 00:26

» ミリオンダラー・ベイビー [あっ!あれは!?]
先日”ミリオンダラー・ベイビー”を見ました。 女性のボクシングをテーマにした異色のストーリーですが・・・。 人生は人それ [続きを読む]

受信: 2005/06/27 21:01

« 本日帰国?(ブレンダン) | トップページ | Crash Moment »