« Giffoni Film Festival Awards Show - After Party | トップページ | Superman Returnsの「おや?」な噂 »

2005/05/03

アイ,ロボット(i,ROBOT) ★★★★

アイ,ロボット 特別編
製作:2004年アメリカ
監督:アレックス・プロヤス
ジャンル:SF/アクション/サスペンス

出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、チー・マクブライド、アラン・テュディック 他


【STORY】今から30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及していた。さらに革新的な技術により新たなロボット社会の夜明けを迎えようとする直前、そのロボットの生みの親であり、ロボット工学の第一人者、アルフレッド・ラニング博士の殺人事件が起きる。その謎を追及するシカゴ市警の刑事デル・スプーナーとロボット心理学者スーザン・カルヴィン博士は、やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく…。
-------------------------------------

この作品、本当は映画館で見たかったんですよね。レンタルもいつも貸し出し中でなかなか見られなかったのです。タイミングよくレンタル出来て良かったな。

ロボット物って好きです。全然お勉強不足で詳しくはないけれど、子供の頃から「男の子が好むような話」が大好き。近未来大好き。

実はこの作品、意外と評判が良くなかったので、あまり期待しないで見ました。それが逆に良かったのか結構好きだな。残念ながら昔見た『ロボコップ』とか『ターミネーター』みたいな衝撃はないんですよね。でも、ちょっとした洒落のきいている部分があって、そういうところが好き。

この作品のベースになっているのは、アイザック・アシモフが小説で書いた「ロボット三原則」。ロボットが登場する作品では必ず、ロボット達はこれに似た原則や法律に縛られているんですよね。手塚治虫さんの鉄腕アトムでもロボット法なんてものがあります。

もし、「人間に危害を加えてはいけない」というルールをロボットが破ったら。ロボットが自己(ゴースト)を持ったら。

まぁ、ロボット作品としてはありがちなんだけど、こういうの好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。謎解きを楽しむ部分も多い作品なので、あまり語れないのが悲しい~。

よく分からないのが、冒頭からウィル・スミスのセクシーショットが! 途中でもまたまたセクシーショットが!! すごい筋肉してましたけど、「そんなに見せたいのか!?」と思って笑っちゃった。でも、黒人さんって性別関係なく本当にバランスのよい体をしている人が多いし、筋肉の付きかたも惚れ惚れするほど美しい人が多いんだなぁ。

OFFICIAL SITE : http://www.foxjapan.com/movies/irobot/

(2005年5月・DVDレンタル)

|

« Giffoni Film Festival Awards Show - After Party | トップページ | Superman Returnsの「おや?」な噂 »

映画の感想--ア行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/3966316

この記事へのトラックバック一覧です: アイ,ロボット(i,ROBOT) ★★★★:

» ガンダムは出動するのか? [syumi-悠悠]
『アイ,ロボット』を観る。 新幹線・携帯電話・インターネット・液晶などなど想像を超えるというか、想像したものを手に入れる今に“ロボット”は誕生するのか?この作品のウィル・スミス来日記者会見(パークハイアット東京)に取材へ行ってウィル・スミスが(マイクパフォーマンスは拍手喝采の面白さだった)PINOと握手をしていたが、PINOが反人間革命を起こす可能性はかなり能力的にもまだ低いと思えるが、想像していなかったモノを創り出している世の中だから工事現場ロボットなど少子化が進めばありえるかもというかロボットに... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 00:31

« Giffoni Film Festival Awards Show - After Party | トップページ | Superman Returnsの「おや?」な噂 »