« 『Crash』公式サイトのトップページ更新 | トップページ | ユアンがボンド役をやりたいと売込み中(!?) »

2005/04/02

ケミカル51(THE 51st STATE) ★★★

ケミカル51 DTS版 スペシャル・エディション
製作:アメリカ/イギリス/カナダ
監督:ロニー・ユー
ジャンル:アクション/コメディ

出演:サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・カーライル、エミリー・モーティマー、リス・エヴァンス、ミート・ローフ 他


【STORY】 天才ドラッグブレンダーのエルモは究極のドラッグ”POS51”を完成させた。このドラッグで得た金で足を洗おうとしていたエルモはLAの麻薬組織を裏切り壊滅状態にし、イギリス・リヴァプールへと向かう。取引先でエルモを待っていたのは、大のアメリカ嫌いでフーリガンのフィーリクスだったが…。
-------------------------------------

サウスパーク以上に「ファッキン!ファッキン!」って言ってるんでビックリしました。フィーリクス(ロバート・カーライル)が言ってた、「Fried Fucking Chicken」ってどんな食べ物なのかしらね(汗)。

下ネタ(お尻ネタ)も多くって、かなりお下劣度も高めなので日本人ウケは悪そうだな~。でも、サミュエル・L・ジャクソンはじめ、キャスト全員がやけに楽しそうに演技してるし、オバカちゃんがたくさん出てきてかなり笑えました。

麻薬の売人もマヌケだし、警官はもっとバカ。サミュエル・L・ジャクソンは意味もなく最後までキルト姿だったし、ロバート・カーライルはずーっとキレッぱなしだった。

ちょっとした設定が妙におかしくって、フィーリクスが裏組織で働いているにも関わらず、いまだにママと一緒に暮らしているなんていうのが笑えます。ママも茶目っ気たっぷりで、彼が裏組織の一員だってことも知ってるし、彼女が殺し屋だってことも知ってるなんてね。

頭からっぽで軽く見られる作品でした。でも、ラストの意味が分からなかった! どうして最後、警官達が踏み込んだの? うーん。最近、集中力に欠けているみたいだ。

”POS51”という新ドラッグそのものがギャグだったってこと? そもそも、コカインやLSDの「51倍」の効果っていうのがギャグでしょう。50倍じゃなくて51倍なんだもん。

OFFICIAL SITE : http://www.gaga.ne.jp/c-51/index2.html

|

« 『Crash』公式サイトのトップページ更新 | トップページ | ユアンがボンド役をやりたいと売込み中(!?) »

映画の感想--カ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/3534250

この記事へのトラックバック一覧です: ケミカル51(THE 51st STATE) ★★★:

« 『Crash』公式サイトのトップページ更新 | トップページ | ユアンがボンド役をやりたいと売込み中(!?) »