« Brendanからの手紙 | トップページ | 「スパイダーマン3」の悪役にあのライルが… »

2005/03/24

ザ・コア(THE CORE) ★★★

ザ・コア スペシャル・エディション デラックス版<2枚組>
製作:2003年アメリカ
監督:ジョン・アミエル 
ジャンル:SF/パニック/サスペンス

出演:アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、デルロイ・リンドー、スタンリー・トゥッチ、チェッキー・カリョ 他


【STORY】 次々と世界規模で不可解な現象が起こり始める。ペースメーカーを身に付けた人間の突然死、その翌日には鳩の大群が突然方向感覚を失って暴れ始め、その2日後、スペースシャトルが地球へ帰還途中、突如として制御不能に陥る。地球物理学者ジョシュは異常な現象を地球の“コア”の回転が停止しているためと分析したが…。
-------------------------------------

どこのレビューでも、「おもしろくなーい」って意見が多かったので期待せずに見ました。そうしたら、結構楽しめました。これから人に映画を薦めるときは「この映画、つまんないよー!」って言おうかなぁ。

地球滅亡型パニック映画(勝手に命名)ですが、『デイ・アフター・トゥモロー』よりも「んな訳ね~!」って感じであっさり見られました。というのも、地球の「核」に人間が到達しちゃうんですよ。前代未聞でしょう? 

だってさ、もしかしたら地球内部には地底人がいるかもしれないのよ。地球とはまた違う文明が栄えているかもしれないのよ(ドラえもんの見過ぎです) なのに、すっごい船でバビューンって地球の真ん中まで行っちゃうなんて…。ありえね~って。

これから未来、科学が急速に進歩したとして、あんな船を人間が造ることが出来るのかなぁ。まさか、裏では実用段階まで行ってたりしないよね。アメリカはとんでもない事を秘密裏にやってるからなぁ(X-ファイルの見過ぎです)。

この作品、かなり皮肉を含んでいて、そこが面白いなぁって思いました。ハリウッドで作られるパニック映画って、必ずアメリカ国家が地球を救うってのがお決まりのパターンなんだけど、今回もまさにそれ。

なんだけど~、実はアメリカそのものが悪者なんですよ。そして、地球を救うのは大統領でも軍でもなくって一般人ってところが良かった。これ以上書いちゃうとネタばれになっちゃうなぁ。

不満をあげるとすれば主要人物の「死」が適当すぎます。これは『タイムライン』の方がひどかったけど、「あーあ。そこで死んじゃうの?」って感じでドキドキもハラハラもしない訳よ。

しかも、「絶対この2人だけ最後残るんだろうなぁ」ってのが、そのまま当たっちゃうなんてツマラナイ。この辺、製作側も見る方の期待や予想を裏切って欲しいな。

出演者はヒラリー・スワンク以外は知らない人ばかりでしたが、主役のジュシュ教授(アーロン・エッカート)とハッカー君(DJクオールズ)が良かった。

アーロン・エッカートさんは、次見た時に絶対に思い出せない顔と名前だと思う。どこにでも在りそうな顔。なんだけど、こーゆー顔キライじゃなかったりする。でも、他の作品に出ていても絶対に気付かない。ヘアスタイルが違っていたら、もう分からない。

アーロンさん、売り出し中のようで待機中の作品がたくさんあります。頑張って覚えよう。名前もエッカートって変な名前で覚えられないけど覚えよう。うぅぅ。(気になる写真、なぜデビット・スペードと一緒なのだ?)

ハッカー青年ラット君が後半すごく良かったんですよ。彼が大活躍するんです。しかも泣かせる。彼の泣くシーンではワタシも目頭が熱くなりました。

実は彼の存在も、この映画の皮肉の一つなんだけど、権威のある教授でも宇宙飛行士でも軍のお偉いさんでも何でもない、ハッカー青年が地球の危機を救うんですよ。そういうところが「皮肉屋&天邪鬼」のMicharaとしては、すごーく面白く感じたポイントです。

ただし、パニックムービーとして見るにはハラハラ・ドキドキ感は少なめかな。

(2005年3月・CS)

OFFICIAL SITE : http://www.gaga.ne.jp/thecore/

|

« Brendanからの手紙 | トップページ | 「スパイダーマン3」の悪役にあのライルが… »

映画の感想--サ行」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー☆ しかと観ましたよぉ~。

> どこのレビューでも、「おもしろくなーい」って意見が多かったので
ほんと! 映画観てからアマゾンのレビュー読んでびっくり。まーーーさんざんな言われようでw
私はこーゆー「地球滅亡型パニック映画」(←ナァイース命名!)もめったに観ないんで(←あぁぁ狭い狭いw)、まぁ、こんなもんだろなぁーーーとゆー感じで観れましたけど。っつか、この手の観ないから、横の比較もできないんで、寛容になれますw しかもアーロン主役だし、頭モサモサでいー感じだしぃ~heart04

>「絶対この2人だけ最後残るんだろうなぁ」ってのが、そのまま当たっちゃう
あ、これだけは鑑賞経験の少ない私でも読めましたw あとハッカー君が何かエライ仕事してくれるんじゃないか、ってことも。←でないとこの役の存在理由ないですもんねぇw

っちゅーーーか!!! 「気になる写真」見ましたよwww
めちゃめちゃ気になりますwww あとで調べてみよーっと♪

投稿: cite | 2008/08/11 21:13

☆citeさん

「地球滅亡型パニック映画」鑑賞、お疲れ様でした~。
そういえば、最近ってこういうパニック・ムービーってあまり
制作されていないような…。一昔前はホントに多かったんだけど。

私は『ザ・コア』が初アーロン作品でしたheart01
「こんな名前と顔、覚えられないよ~」って書いてるけど、ちゃんと
気になって調べている辺りが「愛」を感じません?

この頃はまじめに映画観た感想書いてましたねー。
仕事も暇だったのよねー(遠い目)。

>っちゅーーーか!!! 「気になる写真」見ましたよwww

リンク先が変わってますけど、アーロンとデヴィッド・スペードの
異色ツーショット写真があるんですよね。

しかもアーロンが満面の笑み。すごく気になりますよね~?

投稿: Michara | 2008/08/12 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/3424594

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・コア(THE CORE) ★★★:

» ザ・コア [from butthole with love]
映画『ザ・コア』('03/"The Core")観た。 人類滅亡の危機を救うため、地球の核=コアを目指す科学者らの話で、主演はアーロン・エッカート。  [続きを読む]

受信: 2008/08/11 21:15

« Brendanからの手紙 | トップページ | 「スパイダーマン3」の悪役にあのライルが… »