« 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その1) | トップページ | 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その2) »

2005/03/09

『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (オルゴール編)

こちらもネタバレ炸裂です。映画を未見の方はご注意を。

オークションに登場する(字幕で言うところの)『ペルシャ衣装のモンキー』のオルゴール。劇中でも何度も何度も出てきますよね。そして、最後はクリスティーヌのお墓に供えられます。

なぜ、このオルゴールがこれほど重要なのか。「あのお猿はファントムのお友達だったんだよ~」という意見を聞き、「なるほどね~」と納得しました。

サーカスで見世物にされていた頃のファントム。彼は鉄格子の中でボロボロの猿のぬいぐるみで遊んでいます。お猿の手には小さなシンバル。パンパンとシンバルを鳴らして遊ぶファントム。この様子から、このお猿のぬいぐるみが当時、ファントムの唯一の遊び相手であったことが伺えますね。

見世物小屋の番人は、そんなファントムを棒でひどく打ちつけ、客達に彼の醜い容姿を見せつけ笑いものにします。友達と心穏やかに遊んでいたファントム。その時に投げ捨てられた猿のぬいぐるみ。

この瞬間、彼の心の中には憎しみが溢れてしまった。なぜ?どうして僕ばかりこんな目に遭うの?

その憎しみと怒りが爆発し、番人の首にロープを巻き、絞め殺してしまったファントム。(ロープ使いが達者になるのはこの辺りから?) 

そんな様子を哀れに思ったマダム・ジリーはファントムを牢獄から連れ出しますが、その時、ファントムは投げ捨てられた猿のぬいぐるみも一緒に連れていきます。(確か・・・)

優れたデザイナーであり、建築家でもあったファントムは、子供の頃の友達を自分自身の手で美しく造り上げたに違いありません。それが、あのオルゴール。

地下の隠れ家で気を失ったクリスティーヌを目覚めさせたのも、あのオルゴールでしたね。彼女は生前、ラウルにオルゴールのことを詳しく語っているそうなのです。その場面はオークション会場のラウルの歌に出てきますね。

最後、自分の心の醜さに気付いたファントムはクリスティーヌとラウルを解放します。「ここには戻ってくるな。私のことは忘れろ」と隠れ家の奥へと入っていくファントム。

クリスティーヌとラウルがその場を立ち去ったと思ったファントムは唯一の友達であった猿のオルゴールのメロディにあわせて、「Masquerade」を歌います。仮面をつけて生きなければいけない自分のことを誰も怪しまない「舞踏会」の歌を・・・。この時、ファントムは「死」を決意していたのではないかと思います。

でも、その場にクリスティーヌがやってきます。「戻ってきてくれた」と勘違いしたファントムは悲しく悲しく微笑みます。「クリスティーヌ、愛しているんだ」とファントムはやさしく歌うんですよね。

クリスティーヌもファントムの本当の心はもう分かっています。今の彼は狂気と嫉妬に満ちた悲しい怪物なんかじゃない。ただの愛を求めすぎた悲しい人間だということを・・・。でも、今となっては一緒に生きていくことは出来ないとお互いに分かっているんです。

クリスティーヌは自分の分身として、大切な指輪をファントムに託します。もともと、あの指輪はラウルが婚約指輪としてクリスティーヌに贈ったもの。仮面舞踏会の時にファントムに奪われ、最後の最後、地下の隠れ家で花嫁衣裳を着せられたクリスティーヌの手に戻ってくるんですよ、確か。

つまり、ファントムに指輪を返した訳ではないのです。あの場でクリスティーヌが持っていた唯一の大切なもの。それがあの指輪だったのかもしれませんね。そしてファントムと最後の別れの場所にいた猿のオルゴールのことを、クリスティーヌ自身も死ぬまで忘れなかったのでしょう。

クリスティーヌのやさしい気持ちに触れたファントムは、一人で生きていこうと心に決めます。その時のファントムには唯一の友達であった猿のオルゴールも、醜い顔を隠す仮面ももう必要なかったのです。醜い自分の魂はオペラ座に置いていったのかな。

|

« 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その1) | トップページ | 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その2) »

Movie--"The Phantom of the Opera"」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/3231857

この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (オルゴール編):

« 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その1) | トップページ | 『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その2) »