« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の48件の投稿

2005/03/31

どうしてこんなに眠いのよ

先週の土曜日から今週にかけて、映画を2本見ましたが、こんなに眠気と闘いながら見たのは久しぶりでした。退屈な作品って訳ではないと思うのです。とにかく疲れているのです。でも、両作品とも男性向けなのかな。結構、私には難しかったです。

感想書きたかったけど、ちゃんと覚えていないくらい見ちゃ寝る、寝ちゃ見るの繰り返しでした(泣)。

続きを読む "どうしてこんなに眠いのよ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブレンダンで元気にならなきゃ

まだ3月なのに5月病なのです。職場でいろいろあって、すごくヘトヘトです。

人事異動があったり、居室の引越しがあったり、2年近く一緒に働いてきた派遣社員の仲間との別れもあったりで気力がすっかり萎えています。

去年からずーっと変な仕事ばかりやらされてきている上に4月以降のスケジュールもはっきりしていないし、1年ぶりくらいに「仕事したくない」病が出てきそう。

続きを読む "ブレンダンで元気にならなきゃ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ライラ/フレンチKISSをあなたと(LOST & FOUND) ★★★★

ライラ~フレンチKISSをあなたと~
製作:1999年アメリカ
監督:ジェフ・ポラック
ジャンル:コメディ

出演:デヴィッド・スペード、ソフィー・マルソー、パトリック・ブリュエル、アーティ・ラング、ミッチェル・ホイットフィールド、マーティン・シーン 他


【STORY】 彼女にふられたばかりのディラン。イタリア料理店のオーナーの彼は銀行から融資が出ず、店の隣の空き店舗を買い取るという夢も実現できずにいる。そんな時、フランスから来た美しいライラに一目惚れするが…。
-------------------------------------

カメオ出演しているブレンダン目当てに見た『ディッキー・ロバーツ 俺は元子役スター』が思った以上に面白かったので、主演していたデヴィッド・スペードの作品をレンタルしました。

一気にデヴィッド・スペード株が上昇中です。彼ってどちらかというと意地悪顔だと思うけど、時々見せる仕草がすごく可愛い。

ストーリーもとっても可愛らしいロマンス・コメディ。ワンコの扱いがギャグとはいえ残酷で、犬飼ってる立場としては気になるところだけど、最後の最後でちゃーんとお互いの気持ちを理解してたみたいだからいいや。

続きを読む "ライラ/フレンチKISSをあなたと(LOST & FOUND) ★★★★"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

『コンスタンティン』が気になるのよ

『コンスタンティン』は絶対に劇場に見に行きます。

キアヌ出演作品を映画館で見るのは、実に『ドラキュラ(1992)』ぶりですわ。あの頃は、キアヌなんだかキヌアなんだかよく分かっていなかったんすよね。それ以前にどちらさんがキアヌだったかも怪しい自分さ。

『コンスタンティン』の予告はかなり好みだし面白そうです。オカルト探偵っていう設定からして好み。でも期待し過ぎるとイタイ目みるから、あまり期待しないでおこう。なんたってキアヌだし(意味不明)。

ワタシ、幽霊が出るホラー映画ってダメなんだけどモンスターとか宇宙人なら大丈夫なんですよ。『コンスタンティン』に出てくるのは、悪魔とかモンスターですよね? なら、一人で見ても大丈夫かな。(途中でヒィ~~~と叫ばないか少し不安ではあるけれど)

続きを読む "『コンスタンティン』が気になるのよ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/26

Superman Returns 撮影開始

自称『スーパーマン5調査委員会』の活動もそろそろ終了です。というのも、『Superman Returns』の撮影がオーストラリアのシドニーで開始されているそうなのです。

このまま作られないんじゃないかなぁと思っていただけに、とりあえず一安心。

  • nikkansports.comより 「スーパーマン新作、豪で撮影開始(2005/03/26)」

  • Cinema Confidential Newsより "WB announces "Superman Returns" start(2005/03/22)"
  • ここで『Superman Returns』について、少しおさらいしておきましょう。最近、スーパーマン情報目当てで、このBLOGに来てくださる方もいるみたいなので。

    続きを読む "Superman Returns 撮影開始"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    4月ムービープラスで『スカウト』を放映

    最近、スカパーしか見ていないので地上波の方は全然分かりませんが、4月にムービープラス(スカパー/CS)でブレンダン&アルバート・ブルックス主演の『スカウト』が放映されます。

    ムービープラス 『スカウト(THE SCOUT)』

    プロ野球の開幕に合わせて野球映画特集ってことみたいです。見た人なら分かると思うのですが『スカウト』って作品は出演者はとても魅力的なのに、ストーリーは破綻しまくってます。怒りすら覚えます。

    ただし、ブレン・ファン的には「ブレンダンのキュートさを堪能しまくり作品」とも言えます。この頃のブレンって本当に可愛いんだよね~(今も可愛いけど)。やたらと歌ってるし~、踊ってるし~、キャッキャ言ってるし~。本当に可愛いんですよぉ。顔なんかもパンパンなんだけど、本当にキュートなの(久々にしつこい)。

    続きを読む "4月ムービープラスで『スカウト』を放映"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/25

    ローレライ ★★★★

    製作:2005年日本 監督:樋口真嗣
    ジャンル:ドラマ/アクション/戦争

    役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、佐藤隆太、ピエール瀧、堤真一、小野武彦、伊武雅刀、上川隆也 他

    【STORY】 1945年8月。同盟国ドイツは降伏し、米国軍の攻撃は一層激化。そして、8月6日広島に最初の原爆が落とされる。窮地に立たされた日本軍最後の切り札はドイツから極秘裏に接収した戦利潜水艦<伊507>。その艦は脅威的な戦闘能力を持ち、ライン川に住む魔女になぞらえ「ローレライ」と呼ばれていた。
    -------------------------------------

    今回初めて「映画館のはしご」をしてみました。最初の映画館が古くてイスも硬くて寒かったので1本目でグッタリだったのですが、今日見ないと『ローレライ』は映画館で見ないで終わっちゃう気がしたので頑張りました。

    邦画を映画館で見るのは『踊る大走査線 THE MOVIE2』以来です。邦画ってほとんど見ないし、「絶対に見終わった後、ガッカリするのよ」って思いながら鑑賞。

    突っ込みたいポイントは山程あるし、ストーリーの薄さも否めないけど、『ナショナル・トレジャー』忘れちゃうくらい、「日本映画も頑張ってるじゃない」って思いました。

    続きを読む "ローレライ ★★★★"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ナショナル・トレジャー(NATIONAL TREASURE) ★★★

    製作:2004年アメリカ 監督:ジョン・タートルトーブ
    ジャンル:アドベンチャー/アクション

    出演:ニコラス・ケイジ、ハーヴェイ・カイテル、ジョン・ヴォイト、ダイアン・クルーガー、ショーン・ビーン 他

    【STORY】 歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツ。何世代にもわたり秘宝の謎を追い続けてきたゲイツ家の末裔として、卓抜した推理と行動力、そして無尽の歴史的知識を武器に、彼はついに秘宝へと導く驚くべき手がかりを発見する。それは、アメリカの魂ともいえる一枚の文書【アメリカ合衆国独立宣言書】に隠されていた!
    -------------------------------------

    期待しすぎたー。途中、どうしてアクビがあんなに止まらなかったのだろう。居眠りなんてしませんでしたよ。映画館で居眠りなんてしませんよ。もったいないもん。

    古い映画館でイスが硬くて、お尻と腰が痛くて集中出来ないってのもあったけど、バカ頭のMicharaには少し難しかったのかも。テンプル騎士団とかフリーメイソンについて、少し勉強してから見に行けば良かったなぁと後悔しました。

    これから、映画館に見に行かれる方はちょっとだけ予備知識入れていった方が楽しめると思いますよ~。アメリカ建国の歴史とか独立宣言とか、あーもう、歴史知らないと本当に面白さ半減。ガックシ…(泣)

    続きを読む "ナショナル・トレジャー(NATIONAL TREASURE) ★★★"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/24

    ShoWest 2005 ブレンのちょっと大きい写真

    執念です。「写真載っていないかな~」とShoWestのPHOTO GALLERYを毎日チェックしてました。本日ようやく、ブレンダンの写真もアップされていましたよ~。

    ちょっとだけ大きいブレンのお写真は「Lions Gate Film's "Crash" Screening」から見ることが出来ます(お金払うともっと大きい写真が購入出来ます)。

    Micharaのお気に入りは、500162-14500162-20です♪ キリっとしてるよ、キリッと。両手広げている写真も捨てがたい。どんな風に喋っているんでしょうね~。

    以前、ShoWest 2005について投稿した記事はコチラ↓

  • ShoWest 2005にブレンが出席(2005/03/17)
  • | | コメント (2) | トラックバック (0)

    「スパイダーマン3」の悪役にあのライルが…

    ブレンダンのファンならば知らない人は(きっと)いない、トーマス・へーデン・チャーチさん。ブレンダンの大ヒットコメディ『ジャングル・ジョージ』で嫌なヤツなんだけど憎めないライルを好演していました。『モンキーボーン』にも脇役だったけど出演していましたしね。

    そんなトーマスさん、今年のアカデミー賞では『サイドウェイ』で助演男優賞にノミネート。先越されちゃったけど、きっとブレンも喜んでいることでしょう。今後も活躍が期待出来そうな俳優さんです。

    そして、そして、トーマスさんにビック・オファーが。なんと、人気シリーズ『スパイダーマン3』の悪役に大抜擢されたそうなのです。うわ~、トーマスさんて絶対に悪役似合うと思うよ~。楽しみだなぁ。

  • PLANET COMICS: 「スパイダーマン3」悪役はトーマス・ヘイデン・チャーチに(2005/03/24)
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ザ・コア(THE CORE) ★★★

    ザ・コア スペシャル・エディション デラックス版<2枚組>
    製作:2003年アメリカ
    監督:ジョン・アミエル 
    ジャンル:SF/パニック/サスペンス

    出演:アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、デルロイ・リンドー、スタンリー・トゥッチ、チェッキー・カリョ 他


    【STORY】 次々と世界規模で不可解な現象が起こり始める。ペースメーカーを身に付けた人間の突然死、その翌日には鳩の大群が突然方向感覚を失って暴れ始め、その2日後、スペースシャトルが地球へ帰還途中、突如として制御不能に陥る。地球物理学者ジョシュは異常な現象を地球の“コア”の回転が停止しているためと分析したが…。
    -------------------------------------

    どこのレビューでも、「おもしろくなーい」って意見が多かったので期待せずに見ました。そうしたら、結構楽しめました。これから人に映画を薦めるときは「この映画、つまんないよー!」って言おうかなぁ。

    地球滅亡型パニック映画(勝手に命名)ですが、『デイ・アフター・トゥモロー』よりも「んな訳ね~!」って感じであっさり見られました。というのも、地球の「核」に人間が到達しちゃうんですよ。前代未聞でしょう? 

    だってさ、もしかしたら地球内部には地底人がいるかもしれないのよ。地球とはまた違う文明が栄えているかもしれないのよ(ドラえもんの見過ぎです) なのに、すっごい船でバビューンって地球の真ん中まで行っちゃうなんて…。ありえね~って。

    これから未来、科学が急速に進歩したとして、あんな船を人間が造ることが出来るのかなぁ。まさか、裏では実用段階まで行ってたりしないよね。アメリカはとんでもない事を秘密裏にやってるからなぁ(X-ファイルの見過ぎです)。

    続きを読む "ザ・コア(THE CORE) ★★★"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/03/23

    Brendanからの手紙

    えー、Micharaさんってばブレンダンにファンレター出したの?とかビックリしないように。んなもの、恐れ多くて出せませんから。

    BLOG探索していて、とあるブレンダンファンの女の子(20代前半でしたよ)のBLOGを発見。そこで紹介されていたサイトです。珍しくコメント入れてきちゃいました。もう、嬉しくってね~。(でも、自分とこのBLOGは紹介しませんでした。濃ゆすぎるもの、MicharaさんのBLOG)

    「あの人からの手紙」

    このサイトに手紙をもらいたい人の名前と自分の名前を入れて[判定!]ボタンをクリックします。ワタシはもちろん、「Brendan」と「Michara」でやってみました。次は「Brendan」からきた手紙なんだけど。絶句しちゃいましたよー!

    続きを読む "Brendanからの手紙"

    | | コメント (10) | トラックバック (1)

    2005/03/22

    どうなる!? 「X-MEN 3」

    X-MEN〈特別編〉X-MEN 2
    監督不在、キャストのギャラ高騰、出演拒否などで製作が難航しているという噂の「X-MEN 3」について少し調べました。

    だってね、「X-MEN 1&2」のDVD持ってるんですよ。しかも、すごい中途半端なところで終わっているんですよ。あそこで終わりなんて、あり得ないですよ。(このDVDも999円で買えちゃうんですね、安いよ!)

    ヒュー・ジャックマンのファンサイトで「X-MEN 3」の契約を済ませたらしいという情報を読みまして、「ヒュー・ウルヴァリン、続投オメデトウ~!」と少し踊りました。X-MENシリーズは「3」で終わりのようですので、どうせなら前作までのキャストが全員揃って欲しいですよね。

    続きを読む "どうなる!? 「X-MEN 3」"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/03/21

    ロスト・イン・トランスレーション(LOST IN TRANSLATION) ★★★

    ロスト・イン・トランスレーション
    製作:2003年アメリカ/日本
    監督:ソフィア・コッポラ
    ジャンル:ロマンス/ドラマ/コメディ

    出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ、アンナ・ファリス、田所豊、マシュー南 他


    【STORY】 ハリウッド・スターのボブ・ハリスは、ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日。慣れない異国にいる不安感を覚え始めていた。息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXに気持ちが沈み、時差ボケも重なり、ボブは眠れない夜を過ごすが…。
    -------------------------------------

    この作品、日本人が見ると「ダメ」派と「面白かった」派に分かれるそうです。それなりに覚悟して見たし、ビル・マーレイは嫌いじゃないので、思っていた以上に面白かったです。

    なぜ、日本人で「ダメ」派も多いのかというと、日本の描写が間違っているから、なのだそうです。

    確かにね。ハリウッドスターが来てるのに、あんなに英語出来ない通訳がつくことってあるのかなぁ。英語を話せないワタシが言うのも何だけど、常識あったらあんな通訳つけないですよね。しかも、サントリーなんて大企業があんな素人にでも分かるような下手な通訳つける訳ないじゃないですか。

    続きを読む "ロスト・イン・トランスレーション(LOST IN TRANSLATION) ★★★"

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    大きい『ジャングル・ジョージ』

    ジャングル・ジョージ
    本日、同僚の新居で映画鑑賞会をしてきました。旦那さんが借りてきたというプロジェクターを使って、白い壁にバーンと投射。

    な~んと、上映作品は『ジャングル・ジョージ』です。(彼女はワタシがブレンの大ファンだということを知ってるのです。「ブレンちゃんのDVD持っておいで~♪」と言ってくれたのですよ)


    でっかいジョージは可愛かったです。そして、ブレンダンは目も口も体も大きかった(笑)

    久々にジョージを見たのですが、この作品ってお金掛かったドリフみたいですよね。子供も大人も楽しめる。それにしても、ブレンダンって本当に可愛いなぁ。

    ジョージはコメディ作品なので、ブレンダンいわく「大げさな演技」になるんだろうけど(ハムのコメンタリーでやたら言ってた)、細かい表情だとか、仕草だとか、ブレンダンはちゃんと計算しているんだろうな~って思いました。もちろん、ファンのひいき目ですとも。あー、ひいき目ですともさ。

    本当は『モンキーボーン』とか『タイムトラベラー』とかいきたかったんですけどね。他のお友達もいたので分かりやすいジョージにしました。

    あー、幸せな一日でした。プロジェクターっていいな。欲しいなぁ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    トム・ウェリング君に夢中(!?)

    Smallville
    いや~、夢中ってのはウソですが、海外ドラマ『ヤング・スーパーマン(SMALLVILLE)』のクラーク・ケント役のトム・ウェリング君がだんだん可愛くなってきた。

    前回、カントリーボーイっぽいって書いたけど、その理由が分かりました。クラーク・ケント君は「頬っぺが赤い」のです。メイクなのかな~。いや~、かわいいよ。(もう既婚者だけどさッ)

    しかも、脱いだら凄いんですよ。ホラホラ、腹筋キレイに割れてるでしょ。さすが元モデル。体の管理がしっかりしてますね~。何てったってスーパーマンですからね~。→もしかしてボディダブルかもしれん。でも、いいのさ。

    頬っぺた赤くないと結構カッコイイしね~。(このルックス見て、「結構」って言うワタシって何様?)

    The WB TelevisionにあるWallpaperのトム君はなかなかカッコイイですなぁ。お土産にもらって帰ってきました(笑)。

    続きを読む "トム・ウェリング君に夢中(!?)"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/20

    内緒の普及活動 第一弾

    「内緒」とか言って、ここに書いてちゃ意味がないだろうと自分でツッコミ入れつつ書きます。

    会社の同僚に説明用として配るチラシを作成したのですが、その空きスペースにブレンダンの普及を入れてみました。お暇な方は内緒のBLOG(会員制)にお越しください。

    でも、大したものではありませんので(笑)。暇つぶしくらにはなるかな。本当にワタシって救いようのないバカだと思う今日この頃。ハァ~

    | | コメント (2)

    シュレック2(SHREK2) ★★★★

    シュレック 2 スペシャル・エディション
    製作:2004年アメリカ
    監督: アンドリュー・アダムソン、ケリー・アズベリー、コンラッド・ヴァーノン

    出演(声):マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス、キャメロン・ディアス、ジュリー・アンドリュース 他


    【STORY】 シュレックとフィオナ姫がハネムーンから戻ってくると、そこに待ち受けていたのは「遠い遠い国」に住むフィオナ姫の両親ハロルド国王とリリアン王妃からの“結婚を祝う舞踏会”の招待状だった。シュレックとフィオナ姫はドンキーと共に「遠い遠い国」へ向かうが…。
    -------------------------------------

    『シュレック2』のDVDが東芝・シャープの一部プレーヤーで再生できないのは有名な話ですが、我が家のDVDレコーダーも再生できませんでした。ばんざーい!! もう一台プレーヤーがあって良かったよ(汗)。

    『シュレック』、すごく好きです。ストーリー的にはシュレックとフィオナ姫との恋がメインだった「1」の方が好きだけど、「2」はハリウッド映画のパロディ満載ですごく面白かったです。

    いきなり、『ロード・オブ・ザ・リング』の指輪のシーンが出てきた時には笑った笑った。だって、そのままなんですよー(笑)。『ミッション・インポッシブル』はピノキオがパロってた。(M:Iシリーズはトムちんなので見てないけど、あの場面だけは知ってる)

    分からないネタがたくさんあって悲しい~。音楽も好みの曲がたくさん入っていたし、DVD持っててもいいかな、と思った1枚です。

    続きを読む "シュレック2(SHREK2) ★★★★"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    『Crash』について

    Crash_New Poster
    ブレンダンが出演している『Crash』の全米公開は2005年5月6日です。作品自体は既に完成していて、昨年もトロント国際映画祭で上映されています。

    ここらで1度、『Crash』についてまとめておきます。


    オフィシャルサイトhttp://www.crashfilm.com/ (現在トレイラーのみ)
                 http://www.lgf.com/profile/crash.php(LIONS GATE)

    監督/脚本:ポール・ハギス

    キャスト:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ブレンダン・フレイザー、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィクトナー、テレンス・ハワード、タンディ・ニュートン、リュダクリス、ライアン・フィリップ、ラレンツ・テイト 他

    ストーリー:9/11後のロサンゼルスで暮らす様々な人々の36時間を綴った群像劇(?)

    続きを読む "『Crash』について"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/19

    『オペラ座の怪人』考察 (クリスティーヌ編 その2)

    そして、ファントムが作ったオペラ「ドン・ファン」の幕が開けます。ここからが本当に難しい。クリスティーヌの行動と気持ちを理解したくても、何度も「なぜ?どうして?」が出てきちゃうんですよね。ドン・ファン以降のクリスティーヌの気持ちは、10人いたら10通りの考え方があるくらい、人それぞれで面白いところです。そのくらい、クリスティーヌの行動には、実は「謎」と「深み」があります。

    「ドン・ファンで何かが起こる」ことはクリスティーヌは充分すぎるくらい分かっていました。自ら舞台にあがってきたファントムにすぐに気づいたクリスティーヌはこの時、ファントムの決心を知ったのかもしれません。

    このまま、ファントムと道連れになるのだろうか…。

    ファントムはあの時、クリスティーヌと一緒に死ぬつもりだったのかもしれません。シャンデリアを落とすのはもちろん現場を混乱させるためだったのかもしれないけど、同時に彼の住処であるオペラ座を焼き払ってしまうことに繋がるのだから。

    続きを読む "『オペラ座の怪人』考察 (クリスティーヌ編 その2)"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    『オペラ座の怪人』考察 (クリスティーヌ編 その1)

    ワタシの住んでいるところでは、『オペラ座の怪人』の公開も来週までのようです。4回見に行ったし、自分なりに充分楽しみました。これからはDVD発売されるまで我慢ガマン。

    今回はクリスティーヌについて考えたことをまとめてみます。長文です。ごめんなさい。

    ファントムの心情は非現実的すぎるので空想しやすいのだけど、クリスティーヌが実は一番理解しにくいです。見た女性のその時その時の気持ちがそのまま反映されてしまうのかもしれない。

    --クリスティーヌはファントムを愛していたのか。

    これが一番の謎ですね。父親の贈った天使(=父親の魂)だと信じ込んでいた頃は憧れと父親に対する「愛」のようなものを感じていたと思います。

    続きを読む "『オペラ座の怪人』考察 (クリスティーヌ編 その1)"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    REVENGE OF THE MUMMY THE RIDE その2

    随分前の話なのでお忘れかとは思いますが、昨年10月に『REVENGE OF THE MUMMY THE RIDE』についてと、オープニングセレモニーに参加したブレンダンの様子が見られるサイトを紹介しました。

    その時の記事はこちら。
    Micharan Voice : REVENGE OF THE MUMMY THE RIDE(2004年10月3日)

    昨年紹介したサイトとは別のページを発見しましたのでご紹介します。英語が大丈夫な方は、ものすごーく長いレビューも読破してみてください。ワタシは本日もまた「英語見たくない病」が…。ゲホッゲホッ

    続きを読む "REVENGE OF THE MUMMY THE RIDE その2"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/03/18

    MARC JACOBS STOREのオープニングに夫婦で出席

    映画のお仕事ではありませんが、またまたブレンダン発見♪

    ロサンゼルスにMARC JACOBSのショップ(ロス内では3店舗目?)がオープン。そのお祝いに夫婦で出席していました。2人ともすっごいカジュアル~。アウトドア風っていうのかな? あ~、ファッションのことは全然分かりません。とにかく、かわいい~。

  • DairyCeleb.com

  • Yahoo! NEWS
  •  ←少し大きい写真はコチラ
  • WireImage
  •  3/19追加
  • DMI PHOTO
  •  3/19追加
  • CelebrityPhoto
  •  3/19追加
  • FilmMagic
  •  3/19追加
  • Globe Photos
  •  3/19追加
  • WireImage
  •  3/20追加
  • Corbis
  •  3/20追加
  • Rex Features
  •  3/23追加
  • FLiXムービーサイト 3/26追加
  • MSN entertainment
  •  4/30追加 1枚のみ

    相変わらずの仲良し夫婦。幸せっていいわね~♪

    このオープニング・パーティにはウィノナ・ライダー、ニコール・リッチー、ニッキー・ヒルトン(パリス・ヒルトンの妹)、ヒラリー&ヘイリー・ダフ姉妹、コッポラ監督などなどセレブがたくさん出席してます。

    MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)の日本での取り扱いショップを知りたい方はコチラのサイトを参考に。
    http://www.marcjacobs.jp/

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/03/17

    ShoWest 2005 にブレンが出席

    またまた、ブレンダンってばコツコツ働いてましたよ。決して俳優辞めた訳じゃないのよ。これから映画のお仕事だってバンバンやるんだからね。きっとね~(フェードアウト)。

    ラスベガスで3月14日~17日まで開催されている、ShoWest 2005(映画業界の大きなコンベンション)3日目にブレンが出席していました。『Crash』の上映を行ったようです。宣伝しに来たんでしょうね。その時の様子はWireImageのサムネイルでご確認ください。最近、茶色いジャケットが多いですよね。ブラックも着て欲しいなぁ。

    WireImage

    ワタシは短めのクレイトン・ヘアも好きだったんだけど、また髪の毛が伸びてきましたね。両手をバッと広げるポーズが見られて嬉しい。ブレンのこの仕草が大好きなんですよ。何を話しているのかなぁ。

    ShoWestに興味のある方はコチラをご覧ください。ワタシは「英語見たくない病」の発作が…。ゴホゴホッ
    http://www.vnufilmgroup.com/filmgroup/showest/index.jsp

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    「ロード・オブ・ザ・リング」がミュージカルに

    REUTERSより 「ロード・オブ・ザ・リング」がミュージカルに(2005/03/16)

    『ロード・オブ・ザ・リング』のミュージカル版が2006年3月トロントで開演するそうです。

    この情報は2003年6月にeiga.comに掲載されているので、実現までに3年掛かっていることになります。映画もそうですが、舞台なども企画から実際に開演されるまで長い長い時間を要するのですね。

    現在、『キング・コング』を製作中のピーター・ジャクソン監督が『ホビットの冒険』の製作の可能性について発言しているようです。

    eiga.comより 「ホビットの冒険」映画化の可能性は?(2005/03/15)

    『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を完成させたピージャク以外、『ホビットの冒険』を撮れる監督は考えられませんよね。いろいろな権利だとかが絡んで簡単にはいかないでしょうが、いつか実現して欲しいです。

    ガンダルフはやっぱりサー・イアン・マッケランがいいなぁ~。でも、『指輪物語』が大好きなクリストファー・リーにもガンダルフ演じさせてあげたい気もする。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    オペラ座の怪人 オリジナル・サウンドトラック(2CD)


    オペラ座の怪人 オリジナルサウンドトラック (2枚組)

    昨日、入手しました。まだ5曲目の「THE MUSIC OF THE NIGHT」までしか聞いていないのですが、これ面白いサントラCDですね。

    ミュージカルってことで、歌の他にも台詞がたくさん入っているのです。英語は苦手なんだけど、何度も何度も聞いていたら、自然と英語のお勉強になるかも~。

    4回見ているので(これでもリピーターの中では少ない方ですよ)、「あれ~?あの台詞がない」とか「うそ~。この後がいいのに」みたいな部分もありますね。今まで聞いた部分で入れて欲しかった台詞はカルロッタの「マエストロッ↑」。カルロッタが「THINK OF ME」を歌う前のここが好きなのに。

    続きを読む "オペラ座の怪人 オリジナル・サウンドトラック(2CD)"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/14

    ロッキー・ホラー・ショー(THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW) ★★★★

    ロッキー・ホラー・ショー スペシャル・エディション
    製作:1976年イギリス
    監督:ジム・シャーマン
    ジャンル:ミュージカル/ホラー

    出演:ティム・カリー、バリー・ボストウィック、スーザン・サランドン、リチャード・オブライエン 他


    【STORY】 婚約したばかりのブラッドとジャネット。2人は恩師スコット博士へ婚約の報告に行く。ところが途中、道に迷い、車のタイヤもパンクしてしまう。嵐の中、助けを呼びに通りかかった城に引き返す2人だったが、その城の住人は…。
    -------------------------------------

    偶然だったのですが、今回レンタルした『ロッキー・ホラー・ショー』と『ファントム・オブ・パラダイス』は1970年代のロック・ミュージカル&カルトムービーとして有名なんですってね。

    『ファントム・オブ・パラダイス』があまりにも後味が悪かっただけに、こちらの『ロッキー・ホラー・ショー』は最高に爽快でした。音楽も全曲好みだったし、ラストシーンは結構ひどいんだけどドリフみたいで笑えるし。

    とにかく、バカ・バカ・大バカ映画です。まともな映画を見たい人には絶対にオススメ出来ません。悪趣味な映画がお嫌いな人にもオススメ出来ません。お下品なエロが苦手な人にもオススメ出来ません。

    続きを読む "ロッキー・ホラー・ショー(THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW) ★★★★"

    | | コメント (4) | トラックバック (1)

    2005/03/13

    Amazonさん、またですか?

    The Phantom Of The Opera Companion (FILM COMPANION)
    The Phantom Of The Opera Companion (FILM COMPANION)

    Amazon.co.jpで予約注文していた「The Phantom Of The Opera Companion (FILM COMPANION)」が、またまた予定日に届きません。忙しいAmazonさんからは、もちろん連絡などきやしません。

    先々月、DVD『愛の落日』でもやられたばっかりだったから、もう諦めの境地なんだけど、予約数とか確認してないのかな。しかも、某掲示板で確認したら、ワタシより後に注文しているのに手元には届いてるという人もいるのだそーな。

    続きを読む "Amazonさん、またですか?"

    | | コメント (7) | トラックバック (0)

    2005/03/12

    ファントム・オブ・パラダイス(PHANTOM OF THE PARADISE) ★★★

    ファントム・オブ・パラダイス
    製作:1974年アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    ジャンル:ミュージカル

    出演:ポール・ウィリアムズ、ウィリアム・フィンレイ、ジェシカ・ハーパー、ジョージ・メモリー、ゲリット・グレアム 他


    【STORY】 作曲家ウィンスローはレコード界を仕切るスワンに盗作され、無実の罪で投獄されてしまう。復習を誓った彼は脱獄し…。『オペラ座の怪人』の物語を ブライアン・デ・パルマが舞台を1970年代に移しロック・ミュージカルとして蘇らせた異色作。
    -------------------------------------

    『オペラ座の怪人』繋がりでデ・パルマの初期の傑作と言われている『ファントム・オブ・パラダイス』を見ました。これはビックリした。何がビックリって、何もかもがビックリです。

    現在、劇場で公開されている『オペラ座の怪人』とはストーリーはもちろん、登場人物も別物です。しかも、『オペラ座の怪人』と『ファウスト』をミックスさせたという、何とも難しい作品。でも、結構バカです。

    続きを読む "ファントム・オブ・パラダイス(PHANTOM OF THE PARADISE) ★★★"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    今度はブランドンですか…

    ムービープラス『アカデミー賞2005/特番 ファッション&レビュー』

    前回、「ブレンのインタビューもチラリと流れるかも」と書きましたが全部放映されました。今回は字幕が入っていますので、ブレンダンのチャーミングな声がちゃんと聞けました。が、しか~し。最後の最後で字幕に「ブランドン」って入っちゃったしー。(レポーターのお姉さんはちゃんとプレンダンって呼んでたよぉ~) もう、ヤダ。

    3月13日、21日、4月1日に再放送がありますので、見逃した方はお忘れなく。写真のブレンダンよりも動いているブレンダンは可愛さ1000倍です(当社比)。そして、写真より痩せて見えます、本当です。

    微妙にギャグもすべりつつ(レポーターのお姉さんのイヤホンの話とか)、ジェイミー・フォックスの受賞については真摯に答え、「本当にブレンってばイイ奴」。

    続きを読む "今度はブランドンですか…"

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2005/03/11

    パトリックの天使の歌声

    Gerryの方はlinkrickさんにお任せするとして(笑)、本日は『オペラ座の怪人』でラウルを演じたパトリック・ウィルソンさんをちょっとヨイショしてみます。

    ミュージカル・舞台では数々の賞を受賞している実力派。ミュージカル『フル・モンティ』と『オクラホマ!』で2年連続トニー賞(舞台のアカデミー賞)ミュージカル部門最優秀男優賞にノミネートされているそうです。なんか、すごいっすね。

    『オペラ座の怪人』では主役のファントムとクリスティーヌの陰に隠れてしまっている上、日本では「僕を裏切らないで」字幕のせいですっかりダメ男な印象のラウルさん。

    続きを読む "パトリックの天使の歌声"

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    ブレン、コツコツ働いてるよ(映画じゃないけど)

    3月5日にJOHN VARVATOSのチャリティイベントに出席する予定だったブレンダン。写真無いかな~と何日も探したのですが発見できず・・・(泣)。海外のファンサイトでも報告がありませんもんね。

    と思っていたら、3月9日に Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation Kicks Off TARGET A Time For Heroes 2005 というのに出席していたようです。

    WireImageに3枚だけですが写真が掲載されていました。WireImageは小さいサムネイルしか見られないのが悲しいけれど、それでも元気なブレンの様子が確認出来るだけでもいいですよね~。

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    「スーパーマン」最新作にマーロン・ブランドが出演???

    allcinemaの記事より

    「スーパーマン」最新作にマーロン・ブランドが出演??? (2005/03/10)
    ブライアン・シンガー監督が進めている「スーパーマン」シリーズ最新作「Superman Returns」で、スーパーマンの父ジョー=エル役に、1作目で同役を演じていたマーロン・ブランドを再登場させる計画がある模様。ブライアン・シンガー監督は、CGIを使うのではなく、「スーパーマン」のときに撮影された映像のストックを利用する意向という。マーロン・ブランドは「スーパーマン II/冒険篇」でも同じ役で撮影を行なっていたが、その時は法的な問題などでその映像は全て差替えられてしまったとのこと。いずれにしても、このアイデアが実現するまでにはいくつものクリアしなければならない問題があることも事実らしい。
    タイトルだけ見て、「へぇー、本当の父親役がマーロン・ブランドか~」なんて思ったんですが、去年亡くなってますってば。

    それにしても、どうしてマーロン・ブランドなんだろう。キャストは無名の若い子なんてこだわっていたくせに過去の作品のストックを使うなんて、何だかなぁって感じです。

    撮影はもう始まってるんでしたっけ?(しっかりしろ、スーパーマン調査委員会、ってワタシか)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    オペラ座の怪人 ジャパンプレミアの様子

    また、『オペラ座の怪人』ですみません。祭りもそろそろ終了ですので、もう少しお付き合いください。

    日本公式サイトばっかりチェックしていて、Show Timeはノーマークでした。見たかったジャパンプレミアの映像なども置いてありました。地上波見ないので、おすぎのテレビスポットもここで初めて聞いた。今見ると「アカデミー賞最有力候補」の宣伝文句はかなり恥ずかしい~(笑)

  • Show Time オペラ座の怪人 [第1章 主役はこの人たち]

  • Show Time オペラ座の怪人 [第2章 映画を彩る音楽]

  • Show Time オペラ座の怪人 [第3章 CMで見る「オペラ座の怪人」]

  • Show Time オペラ座の怪人 [第4章 「オペラ座」チームお披露目]
  • 続きを読む "オペラ座の怪人 ジャパンプレミアの様子"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/03/09

    オペラ座の怪人 関連サイト&グッズまとめ

    今日は仕事を計画的に休んだのですが、『オペラ座の怪人』の感想文を書いて終わってしまいました。子供の頃から感想文書くのが好きだったんですよね。上手か下手かはまた別の話でね。

    いや~、いい休暇でしたよ。楽しかったわ~。そんなワタシはプチ・ひきこもりですか? いつかは書こうと思っていたけど、時間がなかなか取れなかったんですよ。まだまだ書き足りない部分はあるのですが、疲れたので続きはまた今度。(書くかもしれないし、書かないかもしれない)

    自分の中で『オペラ座の怪人』ブームが来て、グッズ集めたり、いろいろなBLOGやホームページを読んだり、着メロをダウンロードしたりと本当に楽しかったなぁ。まわりの人は誰も見てなかったけど(笑)。そろそろ、祭りも終わりですね。DVD発売の頃にまた一祭りあるかな。

    『オペラ座の怪人』関連サイトと関連グッズ(Micharaのココ要チェック解説付き)

    続きを読む "オペラ座の怪人 関連サイト&グッズまとめ"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その2)

    最初は「わー、ファントムって粘着系のストーカーですってば」と思ったもんですが、そうなってしまう理由も分かるんですよね。仕方ないんですよ。(だーかーら、物語の都合上とか言わないで~)

    ファントムって大人になりきれなかった子供なんですよね。社会的な問題になっている「ひきこもり」と実によく似ているなぁと思いました。(参考サイト:「社会的ひきこもりとは」)

    何かがキッカケで社会に適応出来なくなってしまう(ファントムの場合は醜い容姿からくる劣等感)。

    そんな自分を恨みながらもプライドが高いため認めたくない。その為、まわりの人間を恨むようになる。生活する空間が非常に狭いため、まわりのことがよく見えない。人の気持ちを理解出来ない。思い込みが激しい。暴力に訴えがち。被害妄想。などなど

    続きを読む "『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その2)"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (オルゴール編)

    こちらもネタバレ炸裂です。映画を未見の方はご注意を。

    オークションに登場する(字幕で言うところの)『ペルシャ衣装のモンキー』のオルゴール。劇中でも何度も何度も出てきますよね。そして、最後はクリスティーヌのお墓に供えられます。

    なぜ、このオルゴールがこれほど重要なのか。「あのお猿はファントムのお友達だったんだよ~」という意見を聞き、「なるほどね~」と納得しました。

    サーカスで見世物にされていた頃のファントム。彼は鉄格子の中でボロボロの猿のぬいぐるみで遊んでいます。お猿の手には小さなシンバル。パンパンとシンバルを鳴らして遊ぶファントム。この様子から、このお猿のぬいぐるみが当時、ファントムの唯一の遊び相手であったことが伺えますね。

    続きを読む "『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (オルゴール編)"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その1)

    4回目の鑑賞は「素直にオペラ座の怪人を楽しもう」がテーマでした。

    大体、ストーリーも分かっているので、字幕はほとんど見なかった。ツッコミ入れたくなるポイントは2回目・3回目の鑑賞の時にほぼチェック済みなので、その辺も気にせずに鑑賞。今回は肩こらなくて楽しかったです(笑)。

    今回はストーリーや登場人物についても、いろいろと考えをまとめることが出来ました。人々が『オペラ座の怪人』にこんなにも強く惹きつけられるのは、ストーリーやキャラクターが悲しく、そして魅力的で複雑だからではないか、と思いました。

    完璧な設定がされていないから、「これが正解」っていうのがないんですよね。見た人が感じたままの意見を持てるっていうのも楽しい。原作本を読んでいないので間違ったことを書いているかもしれませんし、まだまだ勉強不足でトンチンカンな感想ですが、いろいろな意見や感想を読んだ上でのMicharaの「ファントム観まとめ」ってことで。

    続きを読む "『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (ファントム編その1)"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (音楽編)

    The Phantom of the Opera (Original Motion Picture Soundtrack) (Special Extended Edition Package) [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]
    昨日は『オペラ座の怪人』4回目に行ってきました。

    「3回も見たし、もういいかな」と思っていたんですけどね。先日『Ray』を見に行った映画館の音響が結構良かったので、「もしや、ここで見たらスゴイのではないか?」とレディースデーを狙って行ってきました。

    「同じ映画を4回も?」と驚かれた皆さま。この『オペラ座の怪人』に関して言えば、すでに2桁鑑賞しているという方も少なくないそうですよ。異常ですね。そんなワタシも十分異常です(笑)。

    続きを読む "『オペラ座の怪人』祭り最終日間近 (音楽編)"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/07

    かわいい人

    最近のワタシのBLOGはとにかく「かわいい」が合言葉みたいになってるんだけど、それは自分自身が「可愛くない」から、可愛いままでいられる人への憧れが多分にあるのだと思います。

    ワタシは母親にも呆れられるほどの「可愛げのない」女です。

    まず、素直じゃない。人に甘えられない。負けず嫌いで頑固で融通がきかない。気が強いし、性格は男っぽいわりに神経質で根に持つタイプ。女性に対しては紳士的(笑)なのだけど、相手が男性だと大抵けんか腰になってしまう。ファイティングポーズ出しまくり。

    「てめ~、やろうってのか?上等じゃないか?」って感じなんですよ。

    続きを読む "かわいい人"

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    トゥームレイダー2(LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE) ★★★

    トゥームレイダー 2 プレミアム・エディション
    製作:2003年アメリカ
    監督:ヤン・デ・ボン
    ジャンル:アクション/アドベンチャー

    出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェラルド・バトラー、クリス・バリー、シアラン・ハインズ 他


    【STORY】 ギリシアのサントリーニ島沖で起きた地震により、アレクサンダー大王の財宝が眠る月の神殿が2300年ぶりに姿を現した。いちはやく現場に到着したララはアレクサンダー大王の像の胸に埋め込まれたメダリオンと、不思議な黄金に光る珠を見つける。その珠は<パンドラの箱>の在り処を示す地図だった・・・。
    -------------------------------------

    「1」よりは「2」の方がまだ面白かったかも。アンジーも前作よりキレイに撮ってもらえているような気がしたし、テーマそのものも分かりやすい。

    ララの大げさな登場劇(わざわざ、パラシュートで走っている車に着地したりすることね)の理由が「期待を裏切りたくないの」(だったかな?)ってのも笑える。「観客の期待を裏切りたくない」ってことでしょ? 

    続きを読む "トゥームレイダー2(LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE) ★★★"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/03/06

    オリバー!(OLIVER!) ★★★

    オリバー!
    製作:1968年イギリス
    監督:キャロル・リード
    ジャンル:ミュージカル

    出演:マーク・レスター、オリヴァー・リード、ロン・ムーディ、シャニ・ウォリス、ジャック・ワイルド 他


    【STORY】 19世紀初頭。救貧院で生まれ育ったオリバーは僅かな金額で葬儀屋へ売り飛ばされる。母親のことを悪く言われ怒ったオリバーは地下に閉じ込められてしまうが何とか抜け出し、一旗あげようとロンドンへ向かうが…。
    -------------------------------------

    また、大失敗してしまいました。「どうして、こんなにツマラナイのかしら」と思いながら、それでも頑張ってみていたのですが、たったの40分ほどで「END」の文字が…。

    も、もしや…。わー、久々にA面B面あるDVDですよ。今は片面2層が普通でしょ? だから、うっかりしてました。そりゃ、B面から見たら意味分からないしツマラナイ訳だ。

    続きを読む "オリバー!(OLIVER!) ★★★"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    スコットランドとキルトと俳優

    ジェラルド・バトラーが「スコットランド・グラスコー生まれ」と聞いて、「お、ロバート・カーライルと一緒なんだ」と思っていろいろと調べたら、スコットランド出身の俳優さんって結構いるんですね。

    そういえば、『マクベス巡査』を見て、「ロバート・カーライルかわいい♪」と叫んでいたワタシ。→証拠 ただし、映画は『フル・モンティ』しか、まだ見ていなかったする。

    グラスゴー出身でもう一人、「かわいい~」と思っている俳優さんは『ロード・オブ・ザ・リング』でピピンを演じたビリー・ボイド。この方、お年に似合わぬ童顔なんだけど、間違いなく「いいヤツ」でしょう。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』ではイライジャなんて何のその。もう、ピピンしか目に入ってなかった。→証拠1証拠2 ビリー見たさにレンタルした『マスター・アンド・コマンダー』があまりにもチョイ役で悲しかった・・・。

    続きを読む "スコットランドとキルトと俳優"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005/03/05

    Apple iPod mini が欲しい!

    久々に欲しいものが、欲しいものが! 車検間近で貯金もしておかなきゃいけないのに欲しいものがーー!!

    Apple iPod mini Blue 4GB w/USB [M9802J/A]
    Apple iPod mini Blue 4GB w/USB [M9802J/A]

    コレ、コレが今、モーレツに欲しいです。

    ポンコツ・マイ・カーのCDプレーヤーの方がおかしくなって早幾年。どうしても聞きたい曲はテープにダビングしてからじゃないと聞けないというポンコツぶり。面倒になっちゃって、音楽もあまり聞かなくなっちゃいました。カーステレオを買い換えればいい話なんだけど、そこまでして聞きたい音楽もなかったし。

    ところが映画をたくさん見始めるようになると良い音楽との出会いもたくさんあって、「うわ~、このサントラ聞きたい」とか「この人のアルバム欲しい~」とか思うようになるんですよね。

    「iPod買ったとしても運転中にはヘッドフォンして聴けないわな~」と思っていたんだけど、FMトランスミッターっての使えば問題解決。

    さて、FMトランスミッターとはなんぞや。iPodやmp3プレーヤーからFM周波数の空いているところに電波を送信、カーステレオで周波数を合わせて受信して聞くっていうものなんだそうです。だから、もちろん音質はFM並みになっちゃうそうなのですが、もともと音質なんてそれ程気にしないから、全然問題ありません。こんな物があるとは知らなかったよー。

    車で使えるなら、iPod買っても大丈夫よね。以前よりお値段も安くなってるし、機能も充実しているみたいだから買っちゃおうかな~。うーん、迷いますね~。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    トゥームレイダー(TOMB RAIDER) ★★★

    トゥームレイダー トゥームレイダー2劇場公開記念バージョン
    製作:2001年アメリカ
    監督:サイモン・ウェスト
    ジャンル:アクション/アドベンチャー

    出演: アンジェリーナ・ジョリー、イアン・グレン、ダニエル・クレイグ、レスリー・フィリップス、ノア・テイラー 他


    【STORY】 トレジャー・ハンターのララ・クラフトは、20年前に失踪した父の隠し部屋で謎の時計を手に入れる。それは古代秘宝のありかを示す鍵であるが、世界を我が物にしようとする秘密結社の手により奪われてしまう・・・。
    -------------------------------------

    強い女性が大好きです。『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーや『ターミネーター』のリンダ・ハミルトンのような強い女性に憧れたものです。そうそう。映画としての評判は悪いみたいなんだけど、『レッド・ソニア』みたいな女戦士も大好きだったなぁ。

    なのに、アンジェリーナ・ジョリーは苦手だったりする。『トゥームレイダー』はお正月に見ようと思って録画してました。最初の殺人マシンとの戦闘訓練のところだけ何度見たか分かりません。ここだけ見て、「うーん」と思って見るのを止めちゃっておりました。

    どうして、こんなにアンジーが苦手なのだろう。フェロモン出しすぎな彼女そのものがダメっぽいです。

    続きを読む "トゥームレイダー(TOMB RAIDER) ★★★"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005/03/04

    ムービープラス『アカデミー賞2005/特番ファッション&レビュー』

    2月28日に放送された『E!アカデミー賞 授賞式直後LIVE』を見逃してしまったブレンダンファンは、次の番組を要チェック。

    放映日:3月12日、13日、21日、4月1日 (180分番組)
    ムービープラス『アカデミー賞2005/特番 ファッション&レビュー』

    もしかしたら、もしかしたらですよ。ブレンのインタビューもチラリと流れるかもしれません。もちろん、「かも」です。

    番組の内容は、「アカデミー賞授賞式当日の直前・直後ライブのダイジェスト版と共におくる3時間の特別番組」ということです。ファッションについてのトーク番組らしいので、女優さん中心のような気がします。それに日本人のゲストもやたら多い。

    でも、ブレンのインタビュー自体は結構長かったので、チラッとでも流れるかもしれませんね。こちらは字幕なのかな?

    「アカデミー賞直後LIVE」の同時通訳の女性の方、ブレンダンのこと「ランダム・グレイジャーさん」って紹介したんですよ。知らなかったのね、ブレンのこと(泣)。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    ブレン新作の噂

    Round Ireland With a Fridge
    噂です。はい、またウワサですよ。"Round Ireland with a Fridge"という作品の映画化が予定されていて、ブレンダンに出演交渉中だとか。

    噂の出処はこちら。
    http://www.darkhorizons.com/news05/050228i.php

    A film adaptation of "Round Ireland with a Fridge" by Brit comedian is on the way. The romantic comedy follows a stand up comedian who jacks everything in and takes up a bet to hitch-hike around Ireland towing a refrigerator. Oddly enough, Brendan Fraser is rumoured to be in negotiations to play the lead. Shooting is aiming to begin this year sometime.

    続きを読む "ブレン新作の噂"

    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    2005/03/03

    ブレンダン&ジェラルド

    今週の共通テーマです(うそ)。ネタ提供のlinkrickさんにトラックバック♪

    ハンサムで素敵な俳優さんに一目ボレ。興味を持って、プロフィールなどを調べていったら「既婚者」だった。

    「な~んだ。既婚者か、じゃぁ、ファンになるのやめよう」ってな人が時々いるんだけど、これってどういう意味なんだろう。それと「結婚しちゃったから、もういいや~」みたいな人。もしかして、ハリウッド俳優と結婚できると思ってたのかな? かわいいなぁ。

    もちろん、ワタシも「結婚しちゃったんだ。ショック~(泣)」みたいな経験はあります。そういえば、プロレス浸りだった夢見る20代前半の頃は「プロレスラーと結婚するために東京に行ってファンクラブで働こう!」とチラっと考えたこともあったかも(笑)。今はもう諦めの境地なのかしらね。そんなことも全然考えなくなっちゃった。

    そういえば、ブレンのファンになる少し前に、テレビのミニ番組で愛息子グリフィン君のことを嬉しそうに話す彼を見ていて、その頃のブレンダンの印象は「おもしろい俳優+親バカ」でした。

    続きを読む "ブレンダン&ジェラルド"

    | | コメント (11) | トラックバック (0)

    « 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »