« ADSLきた~!! | トップページ | 『愛の落日』の初回限定仕様ってなくなったの? »

2005/02/04

オペラ座の怪人(THE PHANTOM OF THE OPERA) ★★★★

製作:2004年アメリカ
監督: ジョエル・シューマカー
ジャンル:ミュージカル/ロマンス/サスペンス

出演:ジェラード・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライヴァー 他

【STORY】 1870年代、華やかな舞台でにぎわうオペラ座では仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。その直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。
---------------------------------

『オペラ座の怪人』、子供の頃から見たかったんですよ。顔を仮面で隠したオペラ座に住む謎の男ってことだけは子供の頃から知っていたんだけど、ストーリーは全然知らなかったのです。

見に行った友人に聞いたら、「2回くらい心臓に悪いところがある」って言ってたんですよ。突然鳴る音楽に"ビクッ"として、心臓弱い人にはオススメ出来ないなんていうから、実はちょっとだけ腰引けて行っていきました。

安心してください。その友人が言ったような恐ろしい場面はありませんでしたから(笑)。たぶん、ファントムが登場するシーンの"ジャーン"っていう音楽にビックリしたんでしょうね。

ファントムのテーマソングとも言える、"ジャーンジャジャジャジャジャーン"はいろいろなテレビ番組のシーンで使われていて、「これって、オペラ座の怪人の曲だったんだ~」と驚きました。

ようやくストーリーも分かって、ファントムの素性も分かって、子供の頃からのモヤモヤが晴れたような気分です。(ただし、ミュージカルや過去の映画化作品、すべてが同じストーリーラインではないと思うけど)

でも、ファントムって今の言葉で言ったら、かなり悪質なストーカーですよ。作品中でも「あいつは普通じゃない」って言われているんだけど、「愛の表現方法」がストーカーってさ。怖いよー。「あいつ、ストーカーだよ。ストーカー」って思いはじめたら、ファントムが号泣する良いシーンで笑いがこみ上げてしまった不謹慎なワタクシ。

まぁ、それにはちゃんと理由があって、彼が顔をマスクで隠していることに関係しているのだけど、自分を醜いと思い込んでしまっている人間って怖いな~と思いました。

音楽の才能もあって、建築家としてもデザイナーとしても一流で頭も良くて天才なのに、醜い自分を忌み嫌い、それがまわりの人間すべてを恨む結果になってしまうなんて。歪んだ形でしか愛を表現できないファントムの悲しさは、見ていくうちに恐怖を越えて切なさへと変わっていきます。

クリスティーナをあまりにも愛しすぎたための残酷さなんでしょうかね。ファントムって「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」派?

クリスティーヌにはもっともっとファントムのことを心から愛して欲しかったな~。原作でもあんな感じなんでしょうか。どんな悪人だったとしても、子供の頃からずーっと見つめてくれた足長おじさんみたいな存在なのに。そこだけちょっと納得いかなかったです。

キャストについて。実はほとんど知らない俳優さんばかりでした。ミニー・ドライヴァー以外は全員吹き替えなしで歌っていたのかな?

ファントム役のジェラード・バトラーは今まで舞台中心だったそうですが、歌は初心者だとか。昔、ロックバンドで歌っていたことがあり、それを買われて今回のキャスティングに至ったそうです。まわりのキャストがオペラちっくに歌うなか、彼だけロック風なのが、型破りでなかなか良かったと思います。「すげー、歌が上手」って訳ではないのですが、声がセクシーな感じ。

クリスティーヌ役のエミー・ロッサムはまだ10代だそうです。歌にも変なクセがなくて、純真そうな顔も可愛らしかったです。ただ、歌姫と呼ぶにはちょっとパンチが足りなかったかな~。

ラウル役のパトリック・ウィルソンはブロードウェイの舞台で主演をこなすだけあって、「うまい」って素直に思えました。サッパリ系でなかなかハンサム。

作品全体を通して見ると、ミニー・ドライヴァーの狂言的な役回りがちょっと浮いている感じがしましたね~。あんまり好きな女優さんじゃないから、そう思ったのかな(笑)。

映画見終わってからずーっと、「ザ・ファーントム・オブ・ジ・オ~ペラ♪」のフレーズを口ずさんでしまうワタクシでありました。ミュージカル(映画)は劇場で見ないと魅力半減でしょうね。音楽、衣装、舞台、小道具など豪華で字幕見ている暇がない感じでした。ミュージカルなので字幕は見なくても楽しめますよ。

見た時は「うーん、まぁまぁ」と思ったけど、不思議なことに「もう1回見てもいいかな~」って感じに変わってきたので★4つです。

(2005年1月・映画館)

OFFICIAL SITE : http://www.opera-movie.jp/
OFFICIAL BLOG : http://opera-movie.ameblo.jp/
Yahoo!ムービー : http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/opera/index.html
            [特典映像]にて少しだけ歌が聞けます。

|

« ADSLきた~!! | トップページ | 『愛の落日』の初回限定仕様ってなくなったの? »

Movie--"The Phantom of the Opera"」カテゴリの記事

映画の感想--ア行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2818457

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人(THE PHANTOM OF THE OPERA) ★★★★:

« ADSLきた~!! | トップページ | 『愛の落日』の初回限定仕様ってなくなったの? »