« あずみ(AZUMI) ★★★★ | トップページ | 丸藤・KENTAの「心打」発売 »

2005/01/05

TAXi3 ★★★

TAXi3 DTSスペシャルエディション
製作:2003年フランス
監督:ジェラール・クラヴジック
ジャンル:アクション/コメディ

出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディフェンタール、ベルナール・ファルシー、バイ・リン、マリオン・コティヤール 他


【STORY】 いつものごとく、真っ白なプジョー406で時速300kmで客を運ぶタクシー運転手のダニエル。親友のマルセイユ警察のエミリアンは8ヶ月もの間、謎の銀行強盗団に振り回されっぱなしで頭を痛めていた。お互いに恋人の変化にまったく気が付く暇もなく…。
-------------------------------------

これはイイ! なんたって、時間がたったの87分しかない。忙しい時にパパ~ッと笑うにはちょうど良い時間です。ただし、前作2本を観ていないと、全然意味が分からないと思います。

今回は、あの真っ白のプジョー406の活躍場面が少なかったですね。カーチェイスが好きな人には物足りないかもしれません。

オープニングに シルヴェスター・スタローンが登場するんですよね。本編には全然絡んでこないカメオ出演。その後、タイトルロールが"007"シリーズのパロディになっていて、なかなか面白いです。

それにしても、フランス警察のバカっぷりは相変わらずでした。本当だったらスゴイぞ。あんなマヌケな所長が本当にいたら犯罪し放題ですよ。

この作品にはプジョーの他に三菱の(たぶん)ランサーや(たぶん)パジェロが登場していました。フランス警察のスピード違反を取り締まる車が(たぶん)ランサーなんですよ。もちろん、ダニエルの車がブッちぎってしまうけど。それにしても三菱マークを見ると寂しい気持ちになってしまいますね~。

今回はプジョーが雪山を走るところが見どころらしいのですが、雪道走る車なんてスピード感も爽快感もないでしょう。いっそのこと、タイヤがソリにでも変わったら良かったのに。もう、走るところ無くなったのかしら。ま、ありえない改造プジョーがかっ飛ぶところが面白いんだから、いいか~。

そういえばワタクシ、主役のダニエルを演じたサミー・ナセリとアダム・サンドラーを一時期、同一人物だと思っていました。坊主頭しか似てない・・・?

(2005年1月・CS)

OFFICIAL SITE : http://www.taxi3.jp/

|

« あずみ(AZUMI) ★★★★ | トップページ | 丸藤・KENTAの「心打」発売 »

映画の感想--タ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2483326

この記事へのトラックバック一覧です: TAXi3 ★★★:

« あずみ(AZUMI) ★★★★ | トップページ | 丸藤・KENTAの「心打」発売 »