« 丸藤・KENTAの「心打」発売 | トップページ | 『愛の落日』1月15日から名古屋で »

2005/01/07

パトリック・スチュワート、スーパーマンの父役を希望

Flix Movie Siteより引用

パトリック・スチュワート、スーパーマンの父役を希望(2005/01/06)
『スター・トレック』のピカード艦長や『X-メン』シリーズのプロフェッサーX役で知られるパトリック・スチュワートが、ワーナー・ブラザースの『スーパーマン』シリーズ5作目でスーパーマンの父親役を演じることを希望している。スーパーマンの父親であるクリプトン科学の最高権威者ジョー=エルはシリーズ1作目に登場し、これまでマーロン・ブランドが扮した役柄である。『スーパーマン』シリーズ5作目は、『X-メン』シリーズのブライアン・シンガー監督がメガホンを取り、新しいスーパーマン役には若手俳優ブランドン・ルースが扮し、悪役レックス・ルーサー役にはケヴィン・スペイシーが扮することが決まっている。
監督のブライアン・シンガーとはX-MENシリーズで一緒に仕事をしていますから、もしかしたらパトリック・スチュワートの希望通り、父親役を演じることが出来るかもしれませんね。

それにしても、キャストもちゃんと決まっていないということは撮影開始はまだまだ先になりそうですね。2006年の公開は間に合うのかしら…。

|

« 丸藤・KENTAの「心打」発売 | トップページ | 『愛の落日』1月15日から名古屋で »

Movie--"Superman Returns"」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2502347

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック・スチュワート、スーパーマンの父役を希望:

« 丸藤・KENTAの「心打」発売 | トップページ | 『愛の落日』1月15日から名古屋で »