« 1月7日金曜ロードショーで『ハムナプトラ』放送 | トップページ | 「24」第4シーズンの悪役は… »

2005/01/03

ニューヨークの恋人(KATE & LEOPOLD) ★★★

ニューヨークの恋人 特別編
製作:2001年アメリカ
監督:ジェームズ・マンゴールド
ジャンル:ロマンス/ファンタジー

出演:メグ・ライアン、ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、ブレッキン・メイヤー、フィリップ・ボスコ 他


【STORY】 1876年のニューヨーク。舞踏会の会場でレオポルドは花嫁を決めなければいけなかった。本当に愛する女性とまだめぐり合っていないのに。そんな中、怪しげな様子の男の後を追い、ブルックリン・ブリッジから男とともに転落したレオポルドは現代のニューヨークに来てしまう…。
-------------------------------------

ヒュー・ジャックマンがお上品だ~。小ギレイだ~。今まで見た”むさ苦しい”男性とは違う、ステキな紳士のヒュー様でした。

彼は「英国紳士」という言葉がピッタリ似合いますね。ジェームス・ボンドをやらせましょう。新しいファン層が広がると思いますよ~。ユアン・マクレガーよりは似合うと思う。オーストラリア生まれのイギリス人なんだし問題ないでしょう。

それにしても、ヒュー・ジャックマンは着痩せするタイプですね。顔が小さくてアゴのラインが細いからかな。着痩せする人はいいですね~。(どこを見ているんだ、ワタシは…笑)

ただ、個人的に「惜しい」と思ったのは、ヒュー・ジャックマンが最初から最後までカッコ良すぎて、コメディ要素のところでイマイチ笑えないんですよ。19世紀から現代にタイムトラベルしてるんだから、もっとハチャメチャやってくれてもいいのに。

その辺がお上品すぎるのが、もったいなかったですね。イイオトコすぎるとコメディはダメなのかな~。

ビックリしたのは、「ワタシ、メグ・ライアンの主演作、初めて見た!」ってこと。いや~、ラブコメの女王「メグ・ライアン」ですよ。初めてって、あなた。ワタシって普段どんな映画見てるのよ、って話で…。

ストーリーとしては、うまくまとまっている感じ。ラストは急ぎすぎな感じはします。残された時間が少ないから、余計に決心が固まった、ってことなのかもしれないけれど。

とにかく女性ならばレオポルドに「目がハート(死語?)」間違いなしの作品です。

(2005年1月・CS)

|

« 1月7日金曜ロードショーで『ハムナプトラ』放送 | トップページ | 「24」第4シーズンの悪役は… »

映画の感想--ナ行」カテゴリの記事

コメント

そうそう、この作品のヒュー様は小ギレイで礼儀正しくて紳士ですよね。ヒューの英語は何となくイギリス人っぽいし、やっぱりジェームス・ボンドはぴったりなのでは・・。

私もこの作品では、Micharaさんと同じ感想を持ちましたよ。もうちょっとヒューは羽目をはずしてもいいのになって。
ハンサムでかっこいい俳優さんが、コメディで思いっきりバカをやってくれると、うれしいんですよ。
ん?誰のことかって?もちろん・・(目がハート)

投稿: minako | 2005/01/07 00:29

minakoさん、こんばんは~。

そうですよね~。現代に来ちゃったところで、もう少しドタバタが
あっても良かったですよね。現代に適応するの早すぎ!みたいな(笑)

素顔のヒュー・ジャックマンはかなり楽しいキャラクターみたいなので、
もったいないな~って思いました。

もちろん、すごくカッコ良かったですけど(^^)

ハンサムでかっこいい(誰かみたいな)俳優さんがコメディで思いっきり
壊れてくれると最高ですもんね。(私も目が大きいハート!)

投稿: Michara | 2005/01/07 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2465671

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの恋人(KATE & LEOPOLD) ★★★:

» ニューヨークの恋人 [a story]
原題『Kate&Leopold』 主演メグ・ライアン、ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー 監督ジェームズ・マンゴールド 脚本ジェームズ・マンゴールド、スティーヴン・ロジャース 製作2001年、アメリカ 王子様は白馬に乗って 現代にタイムスリップしてきた英国貴族...... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 00:47

« 1月7日金曜ロードショーで『ハムナプトラ』放送 | トップページ | 「24」第4シーズンの悪役は… »