« 爆走!!トムキャッツ-天下無敵のプレイボーイ同盟-(TOMCATS) ★★★ | トップページ | Amazonさん、頼むよ »

2005/01/30

バックマン家の人々(PARENTHOOD) ★★★

バックマン家の人々
製作:1989年アメリカ
監督:ロン・ハワード
ジャンル:ドラマ

出演:スティーヴ・マーティン、メアリー・スティーンバージェン、ダイアン・ウィースト、キアヌ・リーヴス 他


【STORY】 バックマン家の4人兄弟姉妹はそれぞれ家族、家庭、仕事のことで悩んでいるのだが…。俳優出身のロン・ハワード監督による、“完璧な親の在り方”を軽快なタッチで探求したヒューマンドラマ。
---------------------------------
 
久々にスティーヴ・マーティンが見たくてレンタル。

「ドタバタコメディなのかな~」と勝手に想像してしまったワタシの期待を見事に裏切ってくれました。最後は気持ちがホワ~っと温かくなる、家族の愛情を描いた作品。

これが1989年の作品ってコトはスティーヴ・マーティンって全然老けないなぁ。

登場人物がたくさんで誰が誰だか分からなくなりそう、なのにならない。それぞれのキャラクターの個性がちゃんと出ているな~と思いました。当時見てたら、「誰が誰じゃ~?」になっていたのかもしれないけど。

バックマン一族はそれぞれ異なる家族の悩みを抱えていて、内向的な息子のことであったり、娘の教育問題であったり、借金のトラブルだったりと大忙し。「普通の家族」の悩みと言ったらそれまでだけど、彼らは彼らなりに、その悩みやトラブルと向き合って解決していこうと必死。

そんなバックマン兄弟姉妹が何かあるたびに集まって、パーティを開いたり、お婆ちゃんをローテーションで面倒見たりする様子が、ちょっと羨ましいな~と思いました。

このお婆ちゃんがなかなかの曲者で、彼女の一言で家族の方向性が変化する。最後の「ワタシはメリーゴーランドよりジェットコースターが好きよ」という例えは、「やるな。婆ちゃん」って感じ。教訓臭く言わない、婆ちゃんの人生観で締めくくったところがステキ。

最後のオチも「そうきたか~」って感じで微笑ましくてワタシは好きです。ハッピーエンドが大好きなんだもん。

スティーヴ・マーティンのオーバーアクション大好きなので、息子が野球で好プレイした時の歓び方とか、息子の誕生日パーティで子供達以上にはしゃいでいる様子(サボテン・ブラザースばりのガンマン姿…笑)とか見ると、自然に顔がほころんじゃいます。

それにしても、この作品に故リヴァー・フェニックスの影がチラチラ。本人は出演していないんだけど、なぜかリヴァー君のことを思い出さずにはいられないキャスティング。

ダイアン・ウィーストの娘役がマーサ・プリンプトン。リヴァー君の元彼女ってことで有名。その彼氏役が親友のキアヌ・リーヴス。見てる時は気付かなかったんだけど、マーサの弟役がリーフ・フェニックス(現在、ホアキン・フェニックス)。

この作品でのリーフ・フェニックスの存在感がスゴイ。キレイな顔立ちで「わー、かわいい男の子」って思いながら見てたんだけど、誰にも言えない思春期の悩みを抱えている時の捻くれた顔と、悩みから解放された後の子犬のような顔がすごく印象的。この頃から演技派だったのね。

『マトリックス』見た後だったので、キアヌのバカっぷりにも腰砕け。最初から白のブリーフでサービスショットみせてくれてありがとう。キャラがテッドとかぶっているのは気にしてはいけません。そうそう、「この25年のワースト・ラジー・ルーザー賞」ノミネートおめでとう! キアヌは人気者でウラヤマシイな~。

ってなコトも考えて楽しみながら見られる、何とも不思議な作品でした。

(2005年1月・DVDレンタル)

|

« 爆走!!トムキャッツ-天下無敵のプレイボーイ同盟-(TOMCATS) ★★★ | トップページ | Amazonさん、頼むよ »

映画の感想--ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2747437

この記事へのトラックバック一覧です: バックマン家の人々(PARENTHOOD) ★★★:

« 爆走!!トムキャッツ-天下無敵のプレイボーイ同盟-(TOMCATS) ★★★ | トップページ | Amazonさん、頼むよ »