« 『愛の落日』1月22日から静岡で | トップページ | マトリックス リローデット&レボリューションズ(THE MATRIX RELOADED & REVOLUTIONS) »

2005/01/21

ハウルの動く城(HOWL'S MOVING CASTLE) ★★★

製作;2004年日本
監督:宮崎駿
ジャンル:アニメ/ファンタジー
出演(声):倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介、加藤治子 他

【STORY】 愛国主義全盛の時代。兵士達が今まさに戦地に赴こうとしている中、荒地に美女の心臓をとって食らうという魔法使いハウルの動く城が現れた。18歳のソフィーは街で何かに追われる青年とひと時を過ごした後、荒野の魔女に呪いを掛けられ、90歳の老婆にされてしまう…。
---------------------------------

宮崎作品を劇場に見に行くのは『平成狸合戦ぽんぽこ』以来です。ワタシは宮崎作品といえば、映画ならば断然『天空の城ラピュタ』派。『もののけ姫』も『千と千尋の神隠し』も「今ひとつ、何だかな~!?」なんですよ。

しかも、ワタシはSMAPは大好きなんだけど木村拓哉サンは「気にいらないヤツ」の一人でして(ファンの人ごめんなさい)、最初は「ハウルなんぞ見に行かないもん」って言ってたんですよね。(Mさん、約束破りました。結局、見ちゃいましたよ)

評判を聞いた限りでは、「キムタク色はあまり強くない」ってコトだったので、「レディースデーの日なら見てもいいかな~」と。それにワタシは魔法使いや悪魔が出てきたりっていうファンタジーの世界が大好きなんですよ。

見た率直な感想を言うと、全体的に「うーん?」って感じ。「うーん?」です。

原作をすごく端折ってるという噂は聞いていたのですが、本当に所々「訳が分からなかった」。恋もストーリーも急ぎすぎて、ちょっと感情移入出来なかったなぁ。2時間ちょっとという映画の中で全てを解決させなくちゃいけないから仕方ないのかもしれないけれど、置いてきぼりをくらう観客が大勢いるっていうのは間違ってないみたい。

☆ここから、ちょっとだけネタバレはいります。

ただ、ソフィーとハウルの恋については、見終わった後にゆっくり考えてみたら意味が分かりました。2人の出会いは何年も前から約束されていて、しかも互いに愛し合うことは必然だった訳よね。すごーく分かりにくいよ、宮崎さん。

それと、ソフィーにかけられた呪いは「誰かに解いてもらう」ものではなくて、自分自身で解き放つものってことを伝えたかったんだと思うんだけど、これも分かりにくい。

彼女の心が18歳の女の子に近づいていくたびに、その姿もどんどん若返っていくんだけど(だから夜寝ている時は18歳の姿に戻っている?何も意識していないから?)、それが表現しきれていない感じがしました。呪いをかけられた直後のソフィーとハウルの城で幾日か過ごした後のソフィー、うーんと若返っているの気付いた人って何人いるのかなぁ? みんな、気付いた?

あと、ハウルという人間について理解出来ないまま終わっちゃったなぁ。姿同様、心も本当は美しい人間ってことを言いたかったみたいだけど。彼が最初、戦争に加担している意味もよく分かんないな~。最初は自分の強じんな力を試す場所として遊び半分で参加してたのかな?

声優陣についてですが、ソフィー役の倍賞千恵子さんは評判より悪くなかったです。18歳のソフィーの声が老けすぎって意見もありますが、ソフィーって18歳の女の子らしさを放棄しちゃってる子だから、あれでいいんじゃないかな?

荒野の魔女の三輪明宏さんは、三輪さんのイメージでキャラクターを創った感じがしましたがどうでしょうか。ヨボヨボの婆ちゃんになった後のキョトンとした顔が良かったです。痴呆になってしまった老人が時々、ドキッとすることを言うところはよく出来ていたな。

ハウル役の木村さんは、最初はキムタク色出てなかったけど、途中から「あ、キムラタクヤになっちゃった」とワタシは感じました。思ったより悪くはなかったけど。彼は物真似が得意なので、好きなアニメの誰かの声を意識して演じたんじゃないかな~?と想像してます。ハーロックとかシャアとか二枚目系のキャラクターね(笑)。

結局、宮崎作品は「よーく考えよ~う」って訳なのね。ラピュタもコナンもカリオストロも、そんなに考えなくても良かったはずなんだけど。

(2005年1月・映画館)

OFFICIAL SITE : www.howl-movie.com

|

« 『愛の落日』1月22日から静岡で | トップページ | マトリックス リローデット&レボリューションズ(THE MATRIX RELOADED & REVOLUTIONS) »

映画の感想--ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/2658774

この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの動く城(HOWL'S MOVING CASTLE) ★★★:

« 『愛の落日』1月22日から静岡で | トップページ | マトリックス リローデット&レボリューションズ(THE MATRIX RELOADED & REVOLUTIONS) »