« ふと… | トップページ | キアヌ・リーヴス »

2004/10/17

ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション(Looney Tunes - Back in Action)

ブレンダン、日本じゃまったく知名度のないバックス&ダフィーと競演してくれてありがとう! おかげで劇場で観られないわ、DVDの発売は遅いわ、で寂しい思いをしましたよ(笑)。

この作品、人間の主役はブレンダンですが、本当の主役はバッグスやダフィーというアニメキャラクター達。Micharaもルーニーキャラはあまり詳しくなくて、名前を知っているくらい。DVD発売までた~っぷり余裕があったので、チョピっとだけですが予習が出来ました。でも、ルーニー・テューンズの奥の深さはMicharaにはまだまだ理解出来ません。

でも、バッグス・バニーが「What's up, doc?(どったの先生?)」というたびに笑えるようになっていましたよ。このウサギの余裕は何な訳? その自信はどこから来るの?

そして、作品中でも「精神異常」と呼ばれているダフィー・ダッグの可愛いこと(笑)。墓穴堀まくり、悪い方へ悪い方へと自ら突き進む歪んだ性格。口ばしが飛ぶのも、体がチョン切れるのも、ペッタンコに潰れちゃうのもすべてお約束。バックスのダフィーに対する歪んだ愛情みたいなものも何だか微笑ましいし、ルーニー・ファンには相当楽しい作品なんですって。

もちろん、人間のキャラクター達も全員可愛くって、出演者全員が楽しんで撮影している感じでしたね。(興行的には失敗だったらしいけど...泣)

スティーヴ・マーティンとジョーン・キューザックの悪ノリぶりとは反対に、ブレンダンとジェナの真面目っぷりがおかしいこと。ブレンダンは原始人でもジャングルの王でもなくって、どこにでもいる青年って感じ。いや~ん、珍しいじゃないの。

それにしても、この作品観て「ブレンダン、目デカッ!」って思いましたよ。というのも、この作品ではとにかく"ギョッ"としたり"ドキッ"としたりする場面が多くて、ブレンダンのびっくり眼のデカさに改めて驚いちゃいました。

相変わらずブレンは角度によって可愛かったり、カッコ良かったり、渋かったり、太って見えたり、マッチョに見えたりと飽きさせることがありません。DVDの特典映像ではダフィーに「老いたスターに用はない」なんて言われてるしさ~(笑)。

しかも、自身がブレンダン・フレイザー役で出演しているんだけど、どうしてブレンダンってばそんな嫌なヤツなの?おっかし~。「また殴られた」なんて言われてるところを見ると、ブレンダンってば解雇したスタントマンに何度も殴られている役らしいのですよ。彼がそんな人じゃないっていうのを知ってるから大笑い出来ちゃうんだけどね~。ブブブ。

この作品が『愛の落日~The Quiet American~』という文芸物の次作だというから余計におかしいじゃないですか。(マイケル・ケインも『オースティン・パワーズ』なんかに出てるけど、あんたら本当に最高だよ!)

さて最後に、ブレン・デブ疑惑(疑惑じゃない…疑惑じゃない)について一言。2001年に撮影した『愛の落日』よりも2002年に撮影した『ルーニー・テューンズ』よりも今現在のブレンの方が顎がシャープな気がします。気がするだけです。それにしても、『ルーニー・・・』ではよくもあそこまでマッチョな感じに仕上げましたね。がんばったぞ、ブレンダン(笑)。

書きたいことはまだ一杯あるけれど、キリがないのでこの辺で。

LOONEY TUNES BACK IN ACTION  オフィシャルサイト
英語サイトですが、壁紙だフォトギャラリーだと大変楽しいページです。

Warner Bros. ルーニー・テューンズ 
ここのキャラクター紹介を読むと、バックスやダフィーのことが好きになるかも。ワイリーとロード・ランナーの「ルール(お約束)」も最高。今作でもお約束はちゃんと守ってます。

『ルーニーテューンズ:バック・イン・アクション』を応援するページ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/fko/07_animations.html
『バック・イン・アクション』トリビアル
http://www002.upp.so-net.ne.jp/fko/07_04_BIA_trivia.html
ものすごくルーニー・テューンズを愛している方のページ。トリビアルを読んでから『ルーニー・・・』を観ると楽しさ倍増です。リンク許可頂いていないので、アドレスをコピーしてページに飛んでいってください。

|

« ふと… | トップページ | キアヌ・リーヴス »

3.Brendan Fraser 04年10-12月」カテゴリの記事

コメント

そうそう、ブレンはマッチョな感じでしたよね。トレーニングしたのかな?
あの体形なら、スタントマンでガードマンで正義の味方っていう役でも、
説得力がありますよね(^^)

コメディだと、ブレンの表情がいろいろで、ほんとに楽しい♪
確かに、真面目で一生懸命な演技が笑えますよね~。
あの、おっきな目も大好きです。
そして、いつものことですが、とにかくカワイ~。

日本では発売日でも、こそっと売られている感じでしたが、
夏にイギリスに行った時は、スーパーマーケットのアニメDVDの売り場でも
一番いい場所にしっかり並べられていました。
英語圏では、人気のアニメなんでしょうね。
買って帰りたいのをグッとこらえて、日本で発売されるのを待ちました~。

私事ですが、目のケガで(たいしたことないんですが)眼帯着用中のため、
片目で見ましたが、アニメを片目で見るのは結構つらかったので(^^;)、
次回は両目でしっかりチェックしたいです~

投稿: minako | 2004/10/19 19:45

minakoさ~ん、目のケガだなんて大丈夫ですか? 眼帯で見るのって大変ですよね。どうぞお大事に。そして早く両方の目で大きな可愛いブレンダンを見られるといいですね。

ホントにコメディのブレンって楽しいですよね。今回は登場シーンがメチャクチャ可愛くって大好きなんですよ~。「もう一回やってもいい?」ってテーブルの下敷きになって聞くところ、もうたまりません~~。か、か、かわいいよぉ…。

今回のルーニーで、ブレンって体のバランスが素晴らしいな~って改めて思いました。ムニムニでも手足が長くて肩幅がガッシリしているから、男らしくってカッコイイですよね~。ジェナと並んでも全然見劣りしないんですもん(そんじょそこらの男性ではジェナに負けちゃうよ~)。

minakoさん、夏にイギリスに行かれたんですか? うらやましい~。Micharaは10年前に香港に行ったのが最初で最後の海外旅行なのでした。クスン。

投稿: Michara | 2004/10/19 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/1706521

この記事へのトラックバック一覧です: ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション(Looney Tunes - Back in Action):

« ふと… | トップページ | キアヌ・リーヴス »