« ブツブツ独り言 | トップページ | 『愛の落日~The Quiet American~』本日から公開 »

2004/09/10

NOAH「Navigation, Over The Date Line'04最終戦」TV観戦記

久々にNOAH観戦記でも書いてみようっと。結局、ドームの試合も全部書かなかったし(汗)。

9月10日の武道館は選手権試合が3試合も用意されていたし、丸藤正道vs鈴木みのるという注目カードも…。久々に秩父のプリンス"田上明"の復活も見られそうってコトで期待してたんですよね。

全試合の結果、選手インタビューはsportsnavi.comでご覧になれます。

★第4試合 ○秋山・潮崎 VS 力皇・橋×

もう笑った笑った。秋山さんと橋クンの絡みは相変わらず面白いよ。秋山は橋クンが可愛くて可愛くて仕方ないんでしょうね。でも、プロレスラーとしては歯痒くて歯痒くて鬼にもなっちゃうのでしょう。橋クンはホントにいっつも頑張っているんだけど、人の良さが出ちゃうのね。

それにしても、秋山はやっぱり「親分・兄貴」格だと思ったシーンが…。潮崎にタッチする時に「行け!頑張れ」とでも言わんばかりに、頭をナデナデしたのよ。あれは、なんつーか「ああ。この人はやっぱり人の上に立つ素質があるワ」って思っちゃった。

試合は新人としては脅威の粘りを見せた潮崎クンが力皇にパワーボムをかまされ3カウント。でも、あの巨体のリキにブレーンバスターを決めただけでもスゴイよね。秋山が注目する気持ちも分かる。顔も可愛いし(笑)。

★第5試合 ×丸藤正道 VS 鈴木みのる○

鈴木みのる、顔怖いよ。イッちゃってるよ(泣)。試合より何より、脳血栓で倒れ選手生命も危ぶまれている高山善廣が解説席に来てくれたのが嬉しかったよ~。いつもの毒舌も今回はちょっと元気がなかったな。早く良くなって、今までとおりの毒舌かつサービス満点トークを炸裂して欲しいです。

試合は予想通りというか、やっぱり丸藤クン苦戦でしたね。でも、頑張ったと褒めるべきなのかな?不知火も一発決めたしね。最後のスリーパーホールドは丸藤が突然ガクンとなったので「あ、オチた」って分かりましたね。

NOAHでは絞め技でオトして勝ち負けって、あんまり見ないから結構新鮮かも。鈴木みのるには、また来てもらいたい。秋山なんかとやったら面白そうなんだけど、やらないかな?<秋山さん

★ 第6試合 ○金丸義信 VS ロウキー×

なんか、ロウキーの顔見るたびに"ワイルドな岡村隆史"だと思ってしまうワタクシ。インタビューの声聞いたら、気持ち悪いくらい低いし…。この試合の解説席には秋山準。秋山さんも声がイイ。ステキ…。やっぱり男性は"声"よね。

試合は「金丸危うし」と思う場面も何度かあったけど、あれって狙い通りなのかな?「相手の技を受けて最後は勝つ」みたいなコトを解説アナが言ってたし。早くに大技出して勝てたような気もするんだけど、出さなかったのか出せなかったのか…。とにかく初防衛オメデト。今回は急所攻撃はさすがに無かったね(笑)。

★第7試合 ○三沢・小川 VS 斎藤・井上×

大注目の斎藤・井上組。斎藤彰俊がこんなにオモシロイ人だとは知りませんでした。ハロウィンで"パンプキン"やっただけのコトはあったのネ。やっぱり秋山と組んでる時はそれなりに遠慮みたいなモノがあったのかな~。最近の彰俊さんは平成維新軍の頃よりイキイキしてるんじゃない?それに反して相変わらず「やる気あるの?」って感じの雅央が面白いワ。

試合は珍しく三沢(わが家ではミィちゃんと呼ぶんだけど)社長が雅央を小馬鹿にするような試合運びをしてました。調印式の「武道館では奇跡を起こして僕らが勝ちます」という雅央のブッ飛び発言にも、物スゴイ反応してたし…(笑)。やっぱり社長として、というより、兄貴分として今までの雅央には歯痒さを感じていたんでしょう。

15分もたないんじゃないかと思った斎藤・井上組だけど、予想に反して雅央が粘る粘る。さすがに三沢・小川組にも余裕が感じられなくなってきた。雅央はいつものノホーンな雰囲気に変化はないんだけど、やっぱり変わろうと努力しているんでしょうね。彰俊も相変わらずイキイキしてるし。

最後は三沢社長との絶妙なコンビネーションを見せて、小川が雅央をフォール。負けた斎藤・井上組に寄り添う、杉浦・池田・ヨネ・川畑。負けたのに全員で勝ちポーズ。解説席で「なんで川畑さんがいる訳?」の秋山のツッコミに笑った~。面白いよ、ダークエージェント。

★第8試合 ○小橋建太 VS 田上明×

秩父のプリンス(って今は呼ばないの?)、田上明様、久々の選手権試合に登場でございます。ダイナミックT、デンジャラスK以来の怖い田上が見られるのか…。いや、田上さんは怖くないよ。可愛いよ。全日時代、プロレス中継の最後にファンに一言と言われ「みんな見てね」とオチャメに呟いた田上さんが好きですよ、ワタシはね。

それにしても、新技「秩父セメント」ってすごいネーミング。「俺が田上だ」もスゴイけど。大技すべてを出しても勝てなかった田上。やっぱり勢いに勝る小橋の力なのか。小橋は顔が泣き始めてからが強いからな~。でワタクシ、この大事な試合で居眠りをブッこきました。それ以前の試合も凄くて疲れちゃったんだもん。録画してたから、ちゃんと巻き戻してみたけど、すごい試合だった。普通は寝ないのよ、こんなすごい試合では。

この試合、ワタシ的にはドームの秋山戦よりも試合後の小橋のダメージがかなり残っていたような気がします。やっぱり田上火山の破壊力はすごかった!

|

« ブツブツ独り言 | トップページ | 『愛の落日~The Quiet American~』本日から公開 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/1636986

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH「Navigation, Over The Date Line'04最終戦」TV観戦記:

« ブツブツ独り言 | トップページ | 『愛の落日~The Quiet American~』本日から公開 »