« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の18件の投稿

2004/08/31

ポーリー・ショア祭

"渋いゲストが出ている"というコトに気が付き、ここ2週間ほど『マッドTV!』を毎日録画しています。全部観ている時間がないのでバーッと早送りしてゲストをチェック(ホントは観たいんですよ、バカバカしくってブラックで面白いんだモン)。

現在、FOXでは1996年のエピソードを放映中(9:00&25:00)。そしたらば、デイヴ・フォーリーが出てる!ポーリー・ショアが出てる!ウヒョー、大当たり。

デイヴさんはワタシが今もっとも気になっているカナダとアメリカとの関係について毒舌してました。あれは言いすぎで逆にひいちゃう。けど、やっぱりアメリカ人がカナダ人をバカにしてるのって本当なんだろうな~って思いました。

あと、ポーリーはクリスマスの心温まるお話を披露。のっけから観客に"LOSER!(負け犬)"ってかましてるし…(笑)。ああ、心温まる。

『マッドTV!』って映画のパロディをよくやるんだけど、『原始のマン』のパロディもやってました。その名もジョー・ペシとポーリー・ショア主演の『カジノ・マン(CASINO MAN)』。それがちょうど本日録画した分(エピソード91)。

もしかしたら昨日も『原始のマン』のパロやってたんじゃないのかなァ。だって、エピソード89で「次回は"CASINO MAN"を放映」って言ってたもの。でも、台風のせいで受信がうまく出来なくってエピ90は録画し損なっちゃいました。どうだったのかな、気になります。

で、もちろんポーリーもジョー・ペシも本人ではなくって、レギュラーコメディアンが演じています。ポーリーは本人かと思うくらいソックリ。喋り方とか『原始のマン』のストーニーのまんま。

これって1992年の『原始のマン』と1995年の『カジノ』を合わせたパロディみたい。『カジノ』は観ていないので、いまいちピンと来なかった。悔しいなァ。

ワタシは子供の頃から「パロディ」「NG集」「舞台裏」とかが大好きで、DVDは本編よりも特典映像の方が重要派。作品自体がつまらなくっても特典が面白かったりすると得した気分になれちゃうんです。

それにしても、ここ2週間でポーリー・ショア祭かと思うほどポーリーと出会っているワタクシ。

ホームページのウェブリングを回っていたら、右2軒隣にはポーリー・ショア主演の『イン・ザ・アーミー』のレビューを書いている人を発見しちゃうし、『マッドTV!』では偶然とは思えないタイミングでポーリーが出演しているし。「これだけ?」って思うかもしれないけれど、今さら「ポーリー・ショア」な訳ですよ。

そういえば、ポーリー主演の映画は『イン・ザ・アーミー』しかまだ観てないや。でも、『マッドTV!』のパロディで『カントリー・ファーム』『陪審員だよ、全員集合!』『バイオドーム』全部最悪って言われてた。えー、最悪なの?そりゃ絶対に観たいゾ(笑)。

ところでポーリーは今どうしているのかな~。彼の公式ホームページ見たら、あわわ…。"Pauly Shore is DEAD!"だって。なに、コレ~(笑)。

http://www.paulyshore.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/28

ブレンダンちに2人目のお子チャマ誕生!

"ハムナプトラ"のちょっとマヌケな二枚目半リック役(笑)でお馴染みのブレンダン・フレイザー(35歳)さんと奥様アフトンさんの間に2人目の男の子が産まれました♪

Fraser a Pop; Frasier Expecting(E!onlineより)

The Revenge of the Mummy star and his wife, Afton Smith, welcomed their second son, Hudson, Aug. 16 in L.A, his publicist confirmed Friday. The couple, who've been hitched for six years, also have a two-year-old son, Griffin Arthur Fraser.

Baby Fraser weighed in at 10 pounds, 4 ounces and measured 21 inches.

ワー、パチパチ。他人(ひと)の子が生まれて、こんなに喜ばしいのはなでなのでしょう。それはワタシがブレン<バカ>ファンだから~(笑)。

camelliaさん♪Thanks! ハッピーですワね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/25

J・ホエール監督、B・カーロフ主演の『フランケンシュタイン』

。。

観たい観たいと思っていた、ジェームズ・ホエール監督、ボリス・カーロフ主演の『フランケンシュタイン』『フランケンシュタインの花嫁』の廉価版DVDが8月25日発売です…。知らなかった。

この2作品を観てから、また『ゴッドandモンスター』を観なくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

"Dragon Rider"カセットエディション

DragonRiderカセットエディション

本日、届きました。ブレンダンが朗読した"Dragon Rider"のカセットエディション。Amazonから来た箱がかなり大きかったので、「ぬぉー、どんなサイズなんだ?」とドキドキしながら開けてみたならば、15.5×10.5×5.5cmという、とっても小さな箱が出てきましたよ…。あら?

カセット総数7本(収録時間11時間35分)。やっぱり本は入っておりませんでした(当たり前か…)。

DragonRider-Brendan
ブレンダンが本当にナレーションしている証拠(笑)→

この写真は結構前のよーな気がするのだけど、カッコイイからいいか~。


震える手でラジカセにカセットをセットし再生ボタンを押しました。

チャララ~♪という音楽の後、ブレンダンの声が…! おおー、ブレンダン久しぶり~。「ナンタラカンタラゴニョゴニョ、ナンタラカンタラ、Cornelia Funke. ナンタラゴニョゴニョ、Brendan Fraser. ・・・ Chapter1・・・」

ああ、所どころの単語単語しか分からない。クー(泣)。すぐにハードカバーの方も注文しましたよ。いくらブレンダンの発音がキレイでもヒアリングは苦手なのよォォォ(それ以前に英語が分からないだけでは?)。

ちょっと聞いてみた感想なのですが、ブレンダン熱演してます。低めの渋い声と高めのヘッピリ声(これがカワイイ)を巧みに使い分けております。「ヒャハ~」とか言ってます。「ペペペ~」とかツバ吐いてます。

数分聞いただけでドキドキしました。これは本を読みながら、意味も分かった上で聞かなくては…。11時間以上もブレンダンと2人っきりか~。どうしよう。←バカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレンダン・フレイザーとケヴィン・ソルボの共通点

ブレンダンの新しいニュースが入ってこないので、ちょっと遊んでみようと思います。

海外ドラマ観てる方なら、ケヴィン・ソルボって名前知ってますよね? 今は『アンドロメダ』というSFドラマでディラン・ハント艦長を演じております。

まー、このオジサマ、カッコイイんですよぉ。マジでカッコイイの。ワタクシ一目惚れ。ドラマの内容なんて、どーでもいいの。とにかくディランに目が釘付け。9月には新シリーズのシーズン4が放映されるので楽しみにしてます(ただし、前シーズンはつまんなかった)。

でね、ケヴィン・ソルボさんとブレンダンが「似ている!」とワタクシ密かに思っているの。これは今年の初めに『アンドロメダ3』を観ていて気付いたのですが…。

例えば、ここのページを見て下さい~♪
 ・HERCULES Lost Kingdom (1994)
 ・Hercules The Legendary Journeys

クー、かっこいい♪ ケヴィンさんが『ヘラクレス(1994~2000)』をやってる頃の画像なのですが、『ジャングル・ジョージ』のブレンダンと雰囲気似てません?似てません?(ケヴィンさんの方が顔の輪郭はシャープだけど)

で、他にも共通点があるのです。
 <共通点1> 身長6' 3"(前後)
 <共通点2> 瞳がブルーで大きい
 <共通点3> 笑いジワ~
 <共通点4> 笑う時、口がニッと大きく横に開く
 <共通点5> スーパーマン候補になったことがある

<共通点5>は、ケヴィンさんはドラマ版『新スーパーマン(1993~1997)』候補に、ブレンダンは映画版『スーパーマン5』の候補になったコトがあります。ドラマ版は結局、ディーン・ケインという日系三世の方になりましたが、ワーナー側が提示するスーパーマンのルックスにケヴィンさんもブレンダンも当てはまっていたってコトなんでしょうね。

な~んとケヴィンさんは『X-ファイル』のモルダー候補にもなっていたんですって。でも、ヘラクレスの方が良かったでしょう。カッコイイし(笑)。それにモルダーはデヴィッド・ドゥカブニーのタレ目がいいのよ。
Kevin Sorbo... A Herculean Career参照

でも、『ヘラクレス』は観ていないんです。オークションでレンタル落ちビデオが出品されていないか時々チェックしているんですけどね~。リージョン1のDVDは発売されていますが、英語じゃ意味不明だし。そういえば、『ダーマ&グレッグ』のシーズン4とお笑い番組の『マッドTV!(エピソード55)』にゲスト出演していたという情報を発見。何としても観ねば…。

ブレンダンの新作の話はまだまだ先になりそうなので、しばらくはケヴィンさんで満足しようと思うMicharaなのでした。そうそう。ケヴィンさんはヘラクレスの後、体重を落としましたが、ブレンダンはジョージのあと体重が増えました。わー、ウッカリ・ブレンダン。やっぱりかわいい~♪

そーいえばブレンよりケヴィンさんとのお付き合い(別に付き合っちゃいないけど)の方が少しだけ長いんだっけ。

★ Kevin Sorbo Official Site

<8月28日追記>
9月のFOXチャンネルの番組表を確認したところ、『マッドTV!』は92~122までのエピソードが放映予定。ケヴィンさんの終わってるジャン(泣)。ま、ポーリー・ショアとデイヴ・フォーリーが出てる回を観られたからイイか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/22

奇跡を呼ぶ男(LEAP OF FAITH) ★★★

製作:1992年アメリカ 監督:リチャード・ピアース
ジャンル:コメディ
出演:スティーヴ・マーティン、デブラ・ウィンガー、リーアム・ニーソン、ルーカス・ハース、ロリータ・ダヴィドヴィッチ

【STORY】 サーカスのように各地を転々と巡るインチキ伝道師とその仲間たち。彼らがたまたま立ち寄った地で、足が悪く松葉杖での生活を続ける少年と出会う。少年は一団を信じ込み、奇跡を願って彼らが開く金集めのショーに姿を現すが…。
-------------------------------------

えー、この作品、劇場未公開なの?って感じです。日本人が好きそうな題材だと思うのに。ストーリーに目新しさはないけれど、最後ホロッってしちゃいましたよ。

観始めた時はインチキ伝道師の話だとは思ってなかったんですよね。手っ取り早く言っちゃえば、ニセ新興宗教の教祖様って感じ(キリスト教を信仰宗教と言っちゃ、マズイけど)。宗教絡みの作品は、どっちかというとあんまり観る気がしなくて、「ヤバイ、観るの止めようかな」と思ったんです。でも、やっぱりスティーヴ・マーティンはうまい。サギ師だろうが、ニセ教祖だろうが、何か憎めないんですよ。

嘘っぱちの牧師さんが、なぜかラストで奇跡を起こしちゃう。もちろん彼の力ではないんだけど、何もかもが良い方向に進んでしまう。

ウソの中で生きてきた彼だけど、心の奥底では神様を信じたかったんだろうな~。両親に愛されずに育った彼だけに、本当は人に優しくされたかったし、優しくしたかったんだと思う。(そーゆー場面がさり気なく、チョコチョコ出てくる)

人間ってツライ時には何かにすがり付きたくなる生き物でしょ? それが"嘘"かもしれないと気付いていてもね。

だから、宗教の教祖様達に一言。騙すなら、最後まで責任持って騙しなさいよ。途中で投げ出すなんて、一番卑怯なコトだよ!(って誰に言ってるんだ、ワタシは)

ラストは涙ホロリ。ちょっぴり幸せな気分になれる映画でした。

(2004年8月・CS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

エンタマックスで『愛の落日』の予告編が…

8月18日に録画しておいた『エイリアス』を観てました。観てました、というより再生しながらパソコンしてました。(最近あらぬ方にストーリーが展開していて、ワタシの趣味に合わなくなってきたゾ…)。

その後にAXNの"エンタマックス"という情報番組が入っていて、こっちは真剣に観てたんです。そーして、劇場公開情報で『愛の落日』の予告編が流れました♪

あー、苦労して公式サイトで観たのとまったく同じ。テレビの画面で見ると、やっぱりブレンダンはボヨヨーンな感じだった。ウホホホ。

でも、あの位じゃないとマイケル・ケインに負けちゃうものね。マイケル・ケインも好きなので、絶対に劇場で観たいな~。『ウォルター少年と、夏の休日』も観に行きたかったけど行けなかったし。

さて、地方ってインディー系の映画は2,3ヵ月後公開されるコトが多いのですが、『愛の落日』は来てくれるかな。仕事休んでも観に行くんだけどなァ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/19

『愛の落日~The Quiet American~』の予告編映像

公式サイトに予告編映像がアップされていました。ドキドキしながら観ました(ダイヤルアップ環境にかなり重かった…)。

予告編を観た感想…。いろいろな意味でボヨヨーンでした。ボヨヨヨーンです。

最初に言っちゃいますが、『愛の落日』はブレン出演作史上、一番ボヨヨーンな気がします。ボヨヨーン・ブレンを初めて見る方、ご注意くださいませ。しかも、水の中にボヨヨヨーンだし(予告に入れちゃうのね、あのシーンを)。

いやいや、ワタシはブレンの演技が好きなのよ。ボヨヨーンでもいいのよ、ホントに。役作り、役作り。ぼよよ~ん。(太りすぎとか言わないで~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/16

『マクベス巡査』がおもしろい

7月から始まったMysteryChannelの『マクベス巡査』が意外とおもしろくってハマってます。

スカパーの番組表を見ていたら"ロバート・カーライル主演"の文字を見つけて、「お、"フル・モンティ"の情けないオジサン役の人?」って少し興味を持ったんです。とりあえず録画だけしておきました。

4話まで録画していたのを連休中にまとめて観ました。とりあえず一言。「ロバート・カーライル、カワイイ~♪」

1995年の作品だし若いってのもあるんだろうけど、あのヒョロヒョロの体に角張った顔が何とも可愛いです。

日本でも昔のドラマなんかには"町のおまわりさん"が必ず出てきたと思うけど、このドラマはまさしくソレ。村人達と一緒に暮らし、罪を犯した村人も裁くことはせず、自ら悪さもする。都会に出ていった彼女には未練タラタラなんだけど、誘われちゃったら他の女性にもホイホイくっついていく。しかも特売のお酒をまとめ買いして、借金まみれだし。

頼れるんだか頼りないんだか。マクベスってば憎めないヤツです。

4話まで観たけど、殺人事件があったのは最初の1話目だけ。小さな村でそんなに毎回殺しがあったら困るけどね~(笑)。

『マクベス巡査』はロバート・カーライルが英国で注目されるキッカケとなった作品だそうです。彼のファンサイトさんも賑わっておりました(自分で検索しよう!)。IMDbみたら待機中の出演作も目白押し。

主演も脇役も出来る、いい俳優さんって感じですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパとマチルダ(A SIMPLE TWIST OF FATE) ★★★

製作:1994年アメリカ
監督:ギリーズ・マッキノン
ジャンル:ドラマ

出演:スティーヴ・マーティン、ガブリエル・バーン、キャサリン・オハラ、ローラ・リニー

【STORY】 愛する妻の裏切りにあい、心に深い傷を負ったマイケル。それ以来彼は、世間と隔絶した生活を送っていた。だが、ある雪の夜、歩くのもやっとの少女を拾い、マチルダと名付けて養女にする。彼女との幸せな生活が続くなか、突然実の父だという男が現われる。
-------------------------------------

スカパーの番組表を見たら、「スティーヴ・マーティン主演」と書いていたので、てっきりコメディだろうと観始めたのですが…。くー、やられた。いい話でした。スティーヴ・マーティンってばコメディだけじゃないのね。

よくある養父と養女のストーリーなんだけれど、お涙頂戴って感じじゃなかった。もちろん、ホロッとはするんだけど、スティーヴ・マーティンが製作総指揮と脚本も手がけたってコトなので、きっとそうなったのかもしれないですね。

妻に裏切られ、信じられるモノは"金(GOLD)"だけの男。そんな彼が大切にしていた金を盗まれ落胆していた頃、小さな女の子が家にやってくる。この子はとっても悲運な子。

とにかく、この少女を育てる為に奮闘するパパがステキなんです。心を閉ざしていたマイケルがマチルダと出会って変化していく様子。パパの愛情いっぱいで育てられたマチルダも素直でオシャマで可愛い女の子に成長。良かったなァ。

ラストは「そんなバカな!」って感じもするけど、ハッピーエンド大好きだからいいや(笑)。結局、正直に生きていれば、必ず自分自身に返ってくるってコトなんでしょうね。

この作品、日本では劇場公開されていないんですって。やっぱり、日本ではスティーヴ・マーティンの知名度がそれ程でもないってコトなのでしょうか。DVD化もされていないし…。もったいないな~。

(2004年8月・CS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/15

SNLのアダム・サンドラー観た~♪


サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ・アダム・サンドラー を観ました。

アダム君のSNLレギュラー時代の活躍ぶり、見たかったんですよ。2004年7月14日にDVD発売。でも値段が高いのでレンタルで我慢。

あ、アダム・サンドラーって誰?って思った方の為にコチラ↓オフィシャルサイトです。全部英語ですが(笑)
The official Sandler Site ADAMSANDLER.COM

いや~、アダム・サンドラーの映画の原点を見た感じ。ってゆーか、SNL時代があって今も人気が続いているんでしょうね。(日本だって、お笑い芸人が映画やドラマに出たらヒットするもんネ)。なんつーか、この当時のキャラクターがそのまま映画になってる感じだモノ。

噂に聞いていた「オペラマン」が最高でしたよ。アダム君、やっぱり歌上手いのね。「トム・ハンクスはバカンスに行っちゃって~。その代わりにビリー・マジソンをアカデミー賞に…」なんて、こっそり宣伝してるトコロとか可愛かった。

あと、マイク・マイヤーズも同時期にレギュラーだったんですね。ゲスト(というかホスト)も知ってる人がたくさん出てました。(というか確固たる自信はないのだけど)マイケル・キートン、カースティ・アレイ、デヴィッド・ドゥカヴニー(?)などなど。あと、アダム君の映画で観たコトのある人がレギュラーだったり。結構、楽しめました。

でもね、DVDとしてはお粗末。片面一層だし、アダム君のバイオグラフィーすらないのね。値段が高いんだから、もっと充実させてもいいのになァ。結局、日本におけるアメリカのコメディの扱いって、この程度ってコトなんでしょうね。DVDになっただけでも有難や~。

+++8/17 追記+++
Amazon.comで調べたら、"Saturday Night Live - The Best of Adam Sandler"というDVDタイトルが発売されているようです。たぶん、中身は一緒みたい。だから、内容的に物足りないっていう愚痴は間違ってるってコトです。ごめんなさい。ところで、1999年発売の"Saturday Night Live - The Best of Adam Sandler"と収録内容は違うのかな。英語が不自由なので全然分からない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/11

「フラッシュ・ゴードン」が再び映画に


FLiX Movie Siteより

2004/08/10 「フラッシュ・ゴードン」が再び映画に
1934年に誕生したアメリカの人気コミック、「フラッシュ・ゴードン」の映画化権を、『ヴァン・ヘルシング』のスティーブン・ソマーズ監督が買い取り、劇場版を製作する方向へ進んでいる。「フラッシュ・ゴードン」は、1980年にマイク・ホッジス監督により映画化され、クイーンが音楽を担当した。今回の作品では、ソマーズ監督が脚本も担う予定。
eiga.com
伝説の「フラッシュ・ゴードン」。リメイク計画が始動

Coming Soon.net
Stephen Sommers Adapting Flash Gordon --Thursday, August 5, 2004

『ハムナプトラ(The Mummy)』の続編を待ち焦がれている皆さまにご報告。スティーブン・ソマーズ監督はどうやら『フラッシュ・ゴードン』にご執心のようデス!

ホント、ハリウッドってアメコミを映画化するの好きですね。実はこの噂、ブレンダンのファンサイトではかなり前から話題に出ていました。正式にソマーズ監督が映画化の権利を買い取った、というコトなので噂ではなく、ホントの話になったようですネ。

ところで"フラッシュ・ゴードン"って何なんでしょう。"スーパーマン"なら知らない人はいないだろうけど、フラッシュ・ゴードンって人の名前…?

1980年に製作された作品はDVD化されていますので、興味ある方は是非どうぞ。Amazonのレビューには"あのジョージ・ルーカスも映画化を夢見た"なんて文句が入っています。ホントかしら。

そーなると、ますます『ハムナプトラ3』の話は遠くなりそうな気がします。(ホントのコトいうと、ハム3は無くてもいいやって思ってるワタシ) でも、あのシリーズが好きで続編を期待しているファンが多いコトも事実なんですよね。

今年の7月、ブレンダンがハムナプトラの続編について、こんな風に言っていたそうです。(翻訳は自分でしてネ~)

Cinema Confidential News: 07/01/04 - Brendan Fraser talks "The Mummy 3"

Says Fraser: "I know Stephen Sommers is taking the summer to have a think about it, and by the fall I will have an answer. But one way or the other, it would be a lot of fun to do."
フラッシュ・ゴードンについてもスーパーマン同様、動向をチェックしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/10

『愛の落日~The Quiet American~』公式サイト更新

ブレンダンのファンのみならず、マイケル・ケインのファン、はたまた原作ファンにも大変不評な邦題『愛の落日』。どうして、こんなダサダサ邦題にしちゃったんでしょうか。配給会社は真面目に売る気あるのかしら。

『愛の落日~The Quiet American~』
日本の公式サイトが少し更新されていました。FLASHなんて使っちゃってるし、結構カッコイイじゃん。でも『愛の落日』だけど…。

「映画の森てんこ森」幸さんのレヴュー
こちらでは日本公開前の2003年6月に既に作品レビューを書かれていて、10点満点中8点という高得点を付けておられます。「全然異なる邦題になってしまった」と嘆いていられるのが印象的。(レビューにはネタバレもかなり含まれていますので、内容を知りたくない方はご注意を)

The Quiet American (Original Motion Picture Soundtrack)


国内版DVDの発売はいつになるんでしょうかネ。とりあえず、Amazon.co.jpで探せる関連商品はサントラCD(輸入盤)だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/08

ブレンダンのファンサイト 海外編

日本でもブレンダンのファンサイト、たくさんあります。Micharaもよく行ってますし、BBSにも書き込みしています。ですので、興味のある方は検索してみてくださいネ(リンク張れない理由は、自分のサイトで好き勝手書きすぎているので...ご理解下さい)

という訳で、今回は海外のブレンダン・ファンサイトを集めてみました。残念ながら、ブレンが長くお仕事お休みしていたので、結構活動を止めちゃったサイトもたくさんあるんですよネ(女心ってそんなモンでしょ?)。

ですので、現在アクティブで面白いコンテンツがあるサイトを中心に整理しました。ブレンの大ファンの方は既に知っているサイトばかりだと思います。

ちなみに、↓コチラはブレン本人のオフィシャルサイト。でも、更新が止まってるよ、お兄さん…。
Brendan Fraser.com

The BFFC
日本のファンサイトでも超有名。[Discussion Boards]ではほぼ毎日、ブレンに関する話題や最新情報でたくさんのブレンファンが盛り上がっています(英語分かればね、プンッ)。

Absolutely Brendan
[NEWS]はブレンの最新情報がきれいにまとめられています。[ARTICLES]には日本ではまず見られないブレンのインタビューや特集記事が年度毎に整理。[IMAGES]にはテーマ毎にまとめられたブレンの写真がたくさんありますヨ。

BRENDAN FRASER - THEN AND NOW
ワーイわーい、見つけた。「サタデー・ナイト・ライヴ」でのアマゾネス・ブレン。チャーリー・ブラウンならぬチャーリー・ブレンも…。本当に"お笑い"が好きなのね~。コンテンツの[SNL]をクリック!

The Unofficial Brendan Fraser for Superman Club
Bren&Supermanで検索中に見つけたサイト。「ブレンダンをスーパーマンに!」とまだ頑張って言い続けています(笑)。[FAQ]では「サイトの目的、ブレンダンをスーパーマンにしたい理由」などを説明していて、かなり面白いです。

The Best Of Brendan Fraser
英国から発信。ここの[Photo Album]でひどくブクブクなブレンを見ちゃったんですよ~。ファン初心者はご注意ください。見る場合は心して見て下さい(笑)。可愛いのもカッコイイのもたくさんあるんだけどネェ。それにしても、これだけ顔が定まらない俳優さんってのも珍しい。赤ちゃんかヨッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

"The Dragon Rider"--ブレンダンが朗読(したらしい)


The Dragon Rider

ファンサイトなどで結構話題になっておりました、コルネーリア・フンケ(Cornelia Funke)著の『The Dragon Rider』。この児童書の朗読をブレンダンが担当したそうです。そのカセットが2004年8月24日に発売予定。

一応、ワタシも予約注文しました。でも、日本のAmazonではブレンダンが本当にナレーションしたのか分からないんですよね~。一応、Amazon.comで検索すると、"by BRENDAN FRASER(Narrator)"って入ってます。

散々、「英語分からない」って言っているワタシがブレンダンの為にこんなモノまで買っちゃうなんて。でも、対象年齢が9-12歳児とのコトなので頑張れば何とかなるような気がしています。が、もちろんカセットと本、セットですよね?違うの?

コルネーリア・フンケさん。どうやら、ブレンダンのファンらしいのです。2004年2月には"Inkheart"のサイン会にブレンダンが出席。その時の模様はコチラ

何でも、この"Inkheart"の主人公Meggieの父親Moは、ブレンダンのコトを想像しながら書いたとか。本を朗読すると、登場人物に息が吹き込まれる不思議な声の持ち主なのだそうです。

で、このInkheartの映画化の権利をニュー・ライン・シネマが獲得したらしいです(2004年2月の情報で少し古いですが)。
New Line to do film based on "Inkheart"

もちろん、フンケさんはブレンダンをキャスティングするコトを望んでいるんですって。
New competition for Lord Of The Ringsより抜粋

She has admitted to writing the novel with Hollywood actor Brendan Fraser in mind.
She is hoping to cast Brendan Fraser (The Quiet American, The Mummy, The Mummy Returns), saying, 'He's a real actor -- not just a movie star. He has a special voice, which is of vast importance to the character.'
そんな繋がりから、"The Dragon Rider"の朗読をするコトになったのでしょうかね~。それより何より映画化の際は作者の希望通り、是非ともブレンダンをMo役にお願いしたいですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/04

『ロード・オブ・ザ・リング』…終わりはまだヨ


『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』コレクターズエディションが発売されました。もちろん発売日に購入。ワタシは1作目と2作目をDVDで観て、指輪の世界にハマった口なんです。3作目はもちろん劇場で観ましたよ。

クーッ。1度観てるハズなのに何でこんなに泣けちゃうんだろう。メリーとピピンのシーンは全部ウルウル。フロドとサムのシーンよりか涙ボロボロでした。"王の帰還"で一番オイシカッタのはピピンだとワタシは思っています。

DVD発売されたら、とにかくピピンの歌が聞きたかったんです。歌声もビリー・ボイド本人なら作曲も彼自身がしたんですって。澄んだ歌声と物悲しいメロディ。本当に良かったですよね。

本当の指輪完結は12月発売予定のSEE(スペシャル・エクステンデット・エディション)までお預け。楽しみは先の方がいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/03

NOAH Departure 7.10のDVD発売

PRO-WRESTLING NOAH Departure 7.10 東京ドーム大会のDVDが8月25日発売(5,040円税込)されます。

収録内容は

・収録時間:約183分
・収録試合:
 1.GHCヘビー選手権試合 小橋建太vs秋山準
 2.GHCタッグ選手権試合 三沢・小川vs 武藤・ケア
 3.IWGPタッグ選手権試合 高山・鈴木vs森嶋・力皇

ちなみにワタシはG+を録画して保存版にしてます...。

個人的には"のあのあ"が欲しい。エロ三沢社長と、今Micharaのお気に入りNo1の鼓太郎ちゃんと、大してイケメンではないのにすっかりイケメン扱いのKENTAの作り笑顔がムッチャ気になる。買えばいいんだけどさ、お金もあるけどさ。想像してるうちが一番楽しいのよねェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/02

『スターゲイト SG-1』…キャラクターが良いのよネ


『スターゲイト』は昨年の秋から、AXNで連続放送が始まったのを機に第1シーズンから第6シーズンまでほとんど観ました。(途中、ビデオに録画し忘れなどもありましたが…)

人気のないドラマは即打ち切りというコトもあるアメリカで、第6シーズンまで続いているというコトはどれだけ人気のあるドラマか分かりますよね。

登場人物も多いし、スターゲイト用語はバンバン出てくるし、1度観ただけでは理解しきれない部分もあります。(第6シーズン見終わってから大分経つので、ワタシも既に色々忘れてますヨ)

でも、そんなコトをちゃんと理解していなくても楽しめちゃうのが『スターゲイト』。どんな苦境に立とうとも軽口は忘れないオニール大佐。頭脳明晰・才色兼備のカーター少佐。時々オチャメなティルク。見てるとイライラしちゃうダニエルとジョナス。部下思いで頼りになるハモンド将軍。

とにかく、全てのキャラクターが立っているんですよね。敵役だって個性がいっぱいだし。SF苦手な人でも楽しめるのではないでしょうか。

人気ドラマだけにオフィシャルサイトも充実。AXNでは現在、シーズン2が連続放送中です。Micharaも時間に余裕が出来たら、またシーズン1から観直したいなァ。

MGM:Stargate SG-1
オフィシャルサイト。当たり前ですが全部英語です。

SCIFI.COM|Stargate SG-1
Sci-fi Channelによるスターゲイトのページ。Sci-fi Channelっていうのは、「SF、ホラー映画、サイエンスドキュメンタリー」などを専門に放映しているケーブルテレビ・チャンネルのコトのようです。(英語)

AXN|スターゲイト
キャラクターやキャスト紹介からスターゲイト用語集まであって内容盛り沢山。

TVGROOVE.com スターゲイト
アメリカンTV&海外ドラマ専門情報・コミュニティサイトです。スターゲイト以外の海外ドラマの情報もたくさん。スターゲイト・ファンの祭典「Gatecon2003」のレポートや公式サイトのリンクもここから。(日本語)

Richard Dean Anderson Web Site
オニール大佐役リチャード・ディーン・アンダーソンさんのファンサイト。[PHOTO GALLERY]には若い頃のお写真が…。カッコエエ~。(英語)

IMDb - "Stargate SG-1(1997)"
SG-1の俳優さん達、他にはどんな出演作があるのかしら。[Complete credited cast:]から気になる俳優さんの名前をクリックするとFilmographyが見られます。(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »