« 一体どうなるの? 『スーパーマン5』 | トップページ | 『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』DVD発売日決定 »

2004/07/17

Mr.デーヴ(The Wrong Guy) ★★★

製作:1997年カナダ
監督:デヴィッド・スタインバーグ
ジャンル:コメディ

出演:デイヴ・フォーリー、ジェニファー・ティリー、コルム・フィオール

【STORY】 間抜けなサラリーマンのネルソンは、職場で起こった殺人事件の犯人として自分が疑われていると勝手に判断。監視カメラが真犯人を捕らえていたにも関わらず逃亡の旅に出るが、行く先々で真犯人とニアミスし…。
-------------------------------------

ブレンダンの(熱狂的な)ファンなら誰でも知っているデイヴ・フォリーさんの主演作を観ました。日本では劇場未公開。渋い作品を放映してくれるシネフィル・イマジカに感謝! 

デイヴさんはカナダ出身で"Kids in the Hall"という超人気コメディグループの一員だったそうです。他、声のお仕事も多数されていて『バグズ・ライフ』『トイ・ストーリー2』『サウスパーク無修正映画版』などにも出演。(『サウスパーク』はこの前観たけど気付かなかった…)

前半はツボ入りまくりで大笑い。中盤以降はちょっとテンポが悪かったかな~という感じ。でも、トータルとしてはコメディ好きには楽しめる作品となってました。

どうやら、ヒッチコック映画のパロディが随所に盛り込まれているらしいのですが、ヒッチコック作品はほとんど観たコトないので全然分からなかったです。それらしい部分は何とな~く分かったけれど…。

しっかし、デーヴさん。この作品ではとっても可愛い顔してます。色素薄い~。しかも、かなりの"なで肩"さん。タモさんと比べてみたいなァ。作品中でも何度も女性に間違われていたけど、もしかしてネタなのかな?

それにしても、この邦題はヒドイ。『Mr.ビーン』のヒットに便乗して付けられたタイトルでは…とのコト。そもそも、主人公の名前はネルソン・ヒバートだし、「ほら、主演はあのデーヴよ」と日本で言って分かるのだろうか…。

監督がデヴィッド・スタインバーグ、主演(脚本)がデイヴ・フォーリー、脚本がデイヴ・ヒギンス、撮影がデヴィッド・A・メイキンとなってたけれど、ここから「デーヴ」が来ているのならシャレてるかも…(つーか、どっちにしてもワカンネ~ヨ)。

シネフィル・イマジカって、作品のデータを詳しく紹介してくれるところが好きです。(ただし、ムービープラスの方が観る機会が多いのだけど)

この作品で一番興味深かったのは、作品紹介の中に「ジム・キャリー、マイク・マイヤーズ、ダン・エイクロイドなど、カナダ出身者には米国で活躍する喜劇人も多いが、一方で【カナダ人をバカにする】ことも米国人の生理でもある」という一文が…。やっぱり、そーだったのか。

『サウスパーク無修正映画版』でカナダ人を思いっきりバカにしてたんだけど、やっぱりそーゆー風潮があるんだァ。

シネフィル・イマジカの作品紹介の最後に『サウスパーク無修正映画版』で声を担当したデイヴさんを「洒落の分かる粋人」と評してました。うーん、素晴らしい。

カナダ出身のブレンダンとデイヴさんが実生活でもお友達ってゆーのは、そんなところからも来てるのかな、と思った次第です。

(2004年7月・CS)

|

« 一体どうなるの? 『スーパーマン5』 | トップページ | 『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』DVD発売日決定 »

映画の感想--マ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/1637507

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.デーヴ(The Wrong Guy) ★★★:

» Mr.デーヴ [レモン・カレー]
この映画を紹介すると必ず、大統領の替え玉になるあのアメリカ映画「デーブ」と間違われるのですが、違います。これはそんなメジャーではありません。 出会いは学生時代、徹夜でレポートをしてた時に、息抜きがてら偶然つけたTVでやっていたのが、この「Mr.デーヴ」です。 ..... [続きを読む]

受信: 2008/06/08 13:42

« 一体どうなるの? 『スーパーマン5』 | トップページ | 『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』DVD発売日決定 »