« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の17件の投稿

2004/07/31

ブレンダンに関する記事・インタビューなど(海外サイト) #1

日本では、まだまだ人気爆発とはいかないブレンダン。やっぱり本国の方がインタビュー記事や紹介サイトはたくさんありますよね。でも、英語分からないとかなりツライ。ウーウーウー(苦)。とりあえず、第一弾。

The One Network "Looney Tunes: Back In Action : Brendan Fraser Interview"
4分19秒の動画。インタビューに表情豊かに手振りを交えて答えるブレンの様子が見られます。最後にはチラッと鼻歌まで…。(話している内容はワタシに聞かないで!)

Latino Review "Interview with Brendan Fraser"
The Tenth Victimについて、ちと語ってる部分あり。そーいえば、このプロジェクトはどーなったのかしら。

CelebrityWonder "Brendan Fraser Profile and Gossips"
ここのトリビアが面白かったので。ほとんど知ってるネタだったけど、ブレンのお兄さんの"ショーン"が『青春の輝き』の街角のシーンに登場しているというのは知らなかったゾ。ヘェヘェヘェ~。

About.com "Looney Tunes Back in Action Movie - Brendan Fraser Interview"
インタビュー自体は短い。でも、リンク辿っていくと他にもオモシロそうな記事がありそう…な気がするのでメモっておきます。

Cinema.com "The Mummy Returns-interview"
翻訳ツールは必須。英語習いたいッスよ、まったくもう(泣)。ブレンダンは「スターウォーズを約19回観た」って。翻訳ソフトがそう言ってました。

Hollywood.com "Bedazzled:Brendan Fraser Interview"
ここのページのリンク"Bedazzled" Cast Interview Videoをクリックすると、ブレンとエリザベス・ハーレー嬢のインタビューが動画で見られます。何故かワタシの環境ではWMPで観られなかった。

E! Online "Q&A-Brendan Fraser"
ここのページ開くとジョージの雄叫びが…。深夜の場合はボリュームに要注意。30秒程の動画もあります。ブレンがジョージのスイングについて"何か"言ってる…。とにかくキュート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

7月10日 NOAH DEPARTURE TV観戦記

ようやく「G+」でNOAHの東京ドーム大会の試合が放映され始めました。日テレでも既に放送されていて何試合かは観たのですが、G+の方は試合直前、直後の選手のインタビューなどがあり、もちろん試合もノーカット。見応えバッチリです。これは保存版にしなくちゃ、だなァ。

観た試合から感想を書いていきます。正直、プロレスからかなり離れていたので、明後日なコト書いているかも。

★第1試合 ○百田光雄 VS 永源遥×

ドーム大会といえども、この2人のシングルマッチを第一試合に持ってくるなんてあたりが、NOAHらしさというか全日本の流れをそのまま汲んでいますよね。なんてゆーのか、こーゆー試合があるからこそ、メインイベントの小橋・秋山戦の激しさが活きてくるのではないでしょうか。レフェリーは御馴染みのマイティー井上。ワタシも会場で「マイティー」って叫びたいナ。

それにしても、百田・永源両選手とも50歳を過ぎているのに頑張りますね。百田さんはまだまだ動けるし、永源さんのツバもまだまだ飛ぶ飛ぶ(笑)。ジャイアント・スイング20回転は見てるコッチがハラハラしましたよ。


★第4試合 ×橋・斎藤 VS スコーピオ・スリンガー○

スリンガー選手、ドーム大会だってんで家族を日本に呼んだそうです。前日はディズニーランドで家族サービスしたんだって。レスラーってタフだなァ。そーゆー意味もあり、個人的には外国人組を応援しながら観てました。だって、家族の前で負けるのはカワイソウじゃん…。

橋クン、頑張って欲しいんですよ。秋山選手のイイおもちゃ状態なんだけど、この2人のやりとりは微笑ましくって大好き。というか、スターネスにいつの間に復帰許されたの?(その辺の試合、全然観てないのですよ) どうも橋クンって気合の割りにもう一歩なんですよネ。頑張ってるのはすごく伝わってくるんだけど、秋山が歯がゆく思う気持ちも分かるなァ。うーん、結局負けましたね、橋クン。

それよりも、試合後の斎藤の発言がメッチャ気になります。「ドーム大会の後、行動を起こす」ってさ。ま、大体は予想つくけどねェ。


★第10試合 ○小橋建太 VS 秋山準×

この試合を観た天国の馬場さんは泣いているでしょうか? 試合後、2人とも生きていて良かったです。ハイ。

秋山はですね、やっぱイイ男だと思う。久々に無精ヒゲ剃ってスッキリしてました。サービス精神はあるし、茶目っ気も充分。好きだわ~。ちょうど秋山がデビューした頃、プロレスにハマり出し、それ以来ずーっと見続けているから秋山が何をしようが、何を喋ろうが彼のコトは許せます。

選手としての資質は小橋より秋山は上なんじゃないかな。秋山が天才で小橋は努力家。秋山も好きなんだけど、それ以上に小橋のコトも好き。日本で一番熱いプロレスバカだと思うのです。もう、どっちが勝っても良かったんですよ、この試合。生きてさえいてくれたらネ。

試合はホントに"2人の世界"でしたね。リングに向かう小橋を見ながら、秋山が二ヤッて微笑んでいたのをワタシは見逃さないゾ。解説席にいた高山が「この2人、愛し合ってる」って言ってたけど確かにそんな感じ。試合後に「こういう2人がいるからこそ、フリーになってもここ(NOAHのリング)にくる」って言ってましたね。うんうん、高山さん。そんなあなたのコトも好きですよ~(全日参戦した当時は好きじゃなかったケド)。

試合内容はうまく語れません。観ているコッチが疲れる…。生観戦した人は大満足間違いなし、だったでしょうね。

それにしても、小橋は相変わらず"しゃべり"が下手です(笑)。いまだにプロレスバカで青春の握り拳野郎です。そうだと知らない人には「うわ、なんや。この熱い兄ちゃんは…」って思えちゃうかもしれないけれど、いーんですよ、いーんですよ。あれが小橋なんだもの。「準、お前、最高だよ」っていうマイクパフォーマンス。テレビで観ると恥ずかしいでしょ?(会場は盛り上がったと思うケド) でも、あれが小橋の本心なんだもの。

試合後、三沢社長にダメ出しされなかったかな~? 試合じゃなくて、しゃべりの方ね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

ハリウッドの気になるニュースやウワサを抜粋

eiga.comから、過去2ヶ月のMicharaが気になるニュースを抜粋してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

『スーパーマン5』、ブライアン・シンガー監督で決定!

FLiX Movie Siteより引用

2004/07/23 ブライアン・シンガー、『スーパーマン5』を監督
メガホンを取る予定だった『チャーリーズ・エンジェル』のマックジーが降板したことで脚本家を始め、プロデューサーまでも去ってしまったワーナー・ブラザースの『スーパーマン』シリーズ5作目。同作を、「ずっと、ずっと昔からスーパーマンに興味があった」という『X-メン』シリーズのブライアン・シンガー監督がメガホンを取ることが決まり、脚本は『X-MEN2』のマイケル・ドハティとダン・ハリスが手掛けることが明らかにされた。撮影は今年末からオーストラリアで開始される予定だ。

「ブライアン・シンガー、X-MEN3もあるしスーパーマンの監督はやらね~べ」と思っていたのに既に決定していたそうです(苦笑)。eiga.comの記事によるとX-MEN3を蹴ったらしい…。これは本気だぞ。

ブライアン・シンガー監督といえば、イアン・マッケランをお気に入り(ん?イアン様がブライアンを? カムアウト仲間?)。イアン様がキャスティングされるなんてビックリがあったら面白いんだけどな~。何気にまだ、ブレンダンの影もチラチラとしている『スーパーマン5』なので期待しちゃいます。

でも、スーパーマンを誰が演じるのか、まだ決まっていませんよね? 誰になるのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

"BIG BUG MAN"のオフィシャルサイトにブレンの名前が…!

Big Bug Man - The Movie

おおっと。"BIG BUG MAN"のオフィシャルサイトにブレンの名前が入ってます。というコトは決定したってことでしょうか。

結構、アメリカっぽい絵柄とキャラクターですね。これまた公開は2006年春とのコト。先は長いなァ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

ブレンダン写真集

プレミアや授賞式、イベントなどに参加したセレブ達のお写真が掲載されるサイトです。大きい画像で見るには支払いが必要なので小さいので我慢。

サイト名をクリックするとブレンダンの画像にリンクしてます♪ 可愛いのから可愛くないのまで(笑)、たくさん見られますよ。(オデコはあまりジッと見ないよーに)

WireImage
Rex Features
Daily Celeb.com
Red Carpet PICTURES
Getty Images Editorial
CelebrityPhoto.com

好きな俳優さんの名前を入力して検索してみると意外なお写真が見つかるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』DVD発売日決定


Yahoo!DVDショッピングによると(ここが本家WARNERよりも早かった!)

『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』のDVDが2004年10月15日に発売決定したっぽいです。随分、遅れました。8月か9月だと思っていたのに…。

価格は3129円(税込)。初回発売にしては安い気がするのだけど、まさか特典とか削られたってコトじゃ~ないよね? 気長に待ちます~。

WARNER HOME VIDEO

とりあえず、8月は"『ロード・オブ・ザ・リング』一人で3部作フルマラソン"やる予定だし、9月は『スクール・オブ・ロック』でジャック・ブラックに会えるから我慢出来ると思います…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

Mr.デーヴ(The Wrong Guy) ★★★

製作:1997年カナダ
監督:デヴィッド・スタインバーグ
ジャンル:コメディ

出演:デイヴ・フォーリー、ジェニファー・ティリー、コルム・フィオール

【STORY】 間抜けなサラリーマンのネルソンは、職場で起こった殺人事件の犯人として自分が疑われていると勝手に判断。監視カメラが真犯人を捕らえていたにも関わらず逃亡の旅に出るが、行く先々で真犯人とニアミスし…。
-------------------------------------

ブレンダンの(熱狂的な)ファンなら誰でも知っているデイヴ・フォリーさんの主演作を観ました。日本では劇場未公開。渋い作品を放映してくれるシネフィル・イマジカに感謝! 

デイヴさんはカナダ出身で"Kids in the Hall"という超人気コメディグループの一員だったそうです。他、声のお仕事も多数されていて『バグズ・ライフ』『トイ・ストーリー2』『サウスパーク無修正映画版』などにも出演。(『サウスパーク』はこの前観たけど気付かなかった…)

前半はツボ入りまくりで大笑い。中盤以降はちょっとテンポが悪かったかな~という感じ。でも、トータルとしてはコメディ好きには楽しめる作品となってました。

どうやら、ヒッチコック映画のパロディが随所に盛り込まれているらしいのですが、ヒッチコック作品はほとんど観たコトないので全然分からなかったです。それらしい部分は何とな~く分かったけれど…。

しっかし、デーヴさん。この作品ではとっても可愛い顔してます。色素薄い~。しかも、かなりの"なで肩"さん。タモさんと比べてみたいなァ。作品中でも何度も女性に間違われていたけど、もしかしてネタなのかな?

それにしても、この邦題はヒドイ。『Mr.ビーン』のヒットに便乗して付けられたタイトルでは…とのコト。そもそも、主人公の名前はネルソン・ヒバートだし、「ほら、主演はあのデーヴよ」と日本で言って分かるのだろうか…。

監督がデヴィッド・スタインバーグ、主演(脚本)がデイヴ・フォーリー、脚本がデイヴ・ヒギンス、撮影がデヴィッド・A・メイキンとなってたけれど、ここから「デーヴ」が来ているのならシャレてるかも…(つーか、どっちにしてもワカンネ~ヨ)。

シネフィル・イマジカって、作品のデータを詳しく紹介してくれるところが好きです。(ただし、ムービープラスの方が観る機会が多いのだけど)

この作品で一番興味深かったのは、作品紹介の中に「ジム・キャリー、マイク・マイヤーズ、ダン・エイクロイドなど、カナダ出身者には米国で活躍する喜劇人も多いが、一方で【カナダ人をバカにする】ことも米国人の生理でもある」という一文が…。やっぱり、そーだったのか。

『サウスパーク無修正映画版』でカナダ人を思いっきりバカにしてたんだけど、やっぱりそーゆー風潮があるんだァ。

シネフィル・イマジカの作品紹介の最後に『サウスパーク無修正映画版』で声を担当したデイヴさんを「洒落の分かる粋人」と評してました。うーん、素晴らしい。

カナダ出身のブレンダンとデイヴさんが実生活でもお友達ってゆーのは、そんなところからも来てるのかな、と思った次第です。

(2004年7月・CS)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一体どうなるの? 『スーパーマン5』

allcinemaのHEADLINEによると

「スーパーマン5」、新監督はブライアン・シンガー?
このたび、ワーナーのスポークスパーソンから正式にマックG監督の「スーパーマン」最新作プロジェクトからの脱退が発表された模様。これを受けて、早くもワーナー幹部が「X-MEN2」のブライアン・シンガー監督にオファーを出したとの情報が一部メディアで報じられている。
マックG監督がスーパーマンのプロジェクトから完全に脱退したということがワーナーのスポークスマンから正式に発表されたそうです。

マックG降板の理由はFLix Movie Siteより

2004/07/15 マックジー、『スーパーマン5』の監督を降板
『チャーリーズ・エンジェル』のマックジーがメガホンを取る予定だった『スーパーマン』シリーズ5作目の監督を降板した。降板理由はスタジオ側と監督との間の意見の違いで、ニューヨークで撮影したいマックジー監督に対してスタジオ側はオーストラリアでの撮影を希望していたことや、製作費の問題、キャストなど双方の溝は埋まらなかったようだ。代わりの監督については、一部噂では『X-メン』シリーズのブライアン・シンガーが挙がっている。
ブライアン・シンガーは引き受けないような気がしますが…。どうでしょうか。

それにしても、スーパーマン役もはっきりせず、監督も決まらない。一体、どうなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

スパイダーマン2(SPIDER-MAN 2) ★★★★

製作:2004年アメリカ
監督:サム・ライミ
ジャンル:アクション/ドラマ

出演:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、アルフレッド・モリーナ、ジェームズ・フランコ

【STORY】 心優しい青年ピーター・パーカーが、スパイダーマンとなりグリーン・ゴブリンとの死闘を繰り広げてから2年、ピーターは新聞社でバイトしながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。しかし、愛するメリー・ジェーンは念願の舞台女優の道を歩み始め少しずつ距離ができてしまい、親友のハリーは父の仇を取るためスパイダーマンへの復讐に燃えていた。複雑な人間関係に悩みが増すばかりのピーターには体の変化が起き始め…。
-------------------------------------

劇場に行くかどうしようか悩んでいたのですが、予告編を見たら「アルフレッド・モリーナが出てる!」というコトに気付きまして、本日観に行きました。

無料で開放している駐車スペースを期待して車で行ったのですが、やっぱり金曜日の夜は空いてませんでした。結局、30分160円の有料駐車場しか見つからなかったのです。女性1000円DAYで良かったよォ~(泣)。合計1,960円になりましたが、損した感じはなかったですね。楽しめました。

前作はDVDで観たのですが、期待していた以上に楽しめたんですよね。「全米大ヒット」の言葉に反感を抱いていたワタシはま~ったく観るつもりなかったのですが、『サイダーハウス・ルール』のトビー君があまりにも可愛かったので(笑)。

これはDVDで観るよりも劇場で観た方が絶対に楽しめる作品だと思いました。スパイダーマンがビルの谷間を飛ぶシーンは大きなスクリーンで観ると気持ちがいいです。

トビー君は「あ、アゴ割れてる」と思い始めたら、そこが気になってしまって(笑)。悩み苦しむピーターに「いい加減に腹決めろ!」とちょっとイライラしたワタシってひどい女かしら。それにしても、相変わらず頭はいいけど、ドジでおたくでイジメられっ子を演じさせたら、トピー君はピカイチですね。来年は30歳になるのにネ。

Dr.オクのアルフレッド・モリーナは『ショコラ』やブレンダン主演の『ダドリーの大冒険』で憎めない悪役を演じているのを観て、とっても印象に残っていた俳優さん。ヒゲのないのは初めて観た! 今回もすごくイイ味出してました。映画デビュー作は『レイダース/失われたアーク』でインディーの敵役を演じられたそうです。観てるはずなんだけど思い出せないな~。

レイトショーだったせいか、観客はかなり少なかったです(田舎だし)。ワタシ的には笑える細かいジョークがたくさんあったんだけど、周りはシーンとしていたなァ…。スパイダースーツを洗濯しているトコロとか、エレベーターのシーンなんて、かなりツボだったけど。

(2004年7月・映画館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

『AIRHEADS』のサントラCDが届いた!


またまたブレン・ネタです。

ブレン主演作の『ハードロック・ハイジャック(AIRHEADS)』のサントラCDをオークションで購入しました。1994年の作品なので現在は廃盤。

実はワタクシ、「ブレンダン祭り」を現在開催中なんです。3ヶ月くらい控えていたんですけどね。ブレンのDVD観るのも我慢してたのですが、今月に入ってから解禁しました。ほれ、ワッショイ!

『ハードロック・ハイジャック』はブレン主演作の中でも「そんなん面白くないなァ。ロック知らないし」と思っていた作品。…なのですが、何度か観直しているうちにツボが分かってきました。

ブレンダン本人が歌ってる曲が収録されてるってゆーし、サントラも手に入れとかなくちゃネって訳で…。祭りだし(笑)。

早速、ブレンが歌っている「Degenerated」を聞きました。ギャハハー、カワイイ♪ 「上手」とは言わないけど、メチャクチャ可愛い。一生懸命、ロックっぽく歌ってるところもカワイイ。

それにしても、歌手でもなければダンサーでもないのに、歌ったり踊ったりするシーンが多いブレンダン。ファンはそこが好きなんだけど。監督さんも分かってて、そーゆーシーンを入れるのかな? 今度、ブレンのダンスや歌について特集してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレン出演作のDVDが999円だ

20世紀FOX「キュ!キュ!キュッ!第2段!!」にブレンダンのコメディ2作品がラインナップされています。

 ★ハードロック・ハイジャック(1994)
 ★モンキーボーン(2001)

7月16日発売予定で期間限定です。DVDが1枚999円ですよ。やっすぅ~。お買い得ですネ。両作品とも少しクセのあるユニークな作品だと思います。

それにしても投げ売り? 在庫一掃セール? 違うよねェ? この際だから、ジャンジャカ売れて欲しいです。

ワタシはこの2作品のDVD、買うのに苦労したんですよ。同じ店舗に2作品揃っての在庫が無くて、FOX定番のキャンペーン「1枚買ったら1枚タダ!」で観もしない作品と組み合わせて買ったんだもん。

movie.gifハードロック・ハイジャック(AIRHEADS)

製作:1994年アメリカ
監督:マイケル・リーマン
ジャンル:コメディ

出演:ブレンダン・フレイザー、スティーブ・ブシェミ、アダム・サンドラー、エイミー・ロケイン


【STORY】 ロックスターを夢見る売れないバンド "ザ・ローン・レンジャーズ"はボーカルのチャズ、ベースのレックス、ドラムのピップの3人組。売り込み作戦はいつも失敗ばかりで何をやっても報われない。強攻策とばかりにおもちゃの銃を片手にラジオ局に乗り込むが、ロス警察やSWATまで出勤する大事件に発展してしまう。
-------------------------------------

まったりオバカコメディ。ロック好きは観た方がいいかも。ワタシはロック全然知らないので分からないんだけど、モーターヘッドのレミーやホワイト・ゾンビなど本物のロックバンドがカメオ出演しているそーです。

ロックを知らない映画ファンはブレンダン、ブシェミ、アダム君という超豪華共演を楽しみましょう。長髪のブシェミが何気にカッコイイしワイルド。

movie.gifモンキーボーン(MONKEY BONE)

製作:2001年アメリカ
監督:ヘンリー・セリック
ジャンル:コメディ

出演:ブレンダン・フレイザー、ブリジット・フォンダ、ウーピー・ゴールドバーグ、デイビッド・フォーリー、クリス・カッテン


【STORY】 売れっ子アニメーターのステュの最新作"モンキーボーン"の完成披露パーティが盛大に開催されていた。しかし当の本人は華やかな世界にも新キャラクターを描くのにもうんざり。ステュは恋人のジュリー)とパーティ会場を抜け出すが、途中で自動車事故に遭い昏睡状態に・・・。ステュが目覚めると、そこには歌い踊る生身のモンキーボーンがいた。ステュは人間の悪夢で成り立ったダークタウンに迷い込んでしまったのだ。
-------------------------------------

配給会社に見捨てられ、ほとんど宣伝されなかった作品だそうです。歴代赤字映画ランキングのTOP10の中に入ってたりします。(今はどーなっているのかしら)

しっかし、ワタシはこの作品好きなんですよね。オバカコメディ大好きだし、出演者も全員楽しそうに演技しててオモシロイと思うんだけどなァ。後半の体操選手が出てくるところなんて最高だし。売り方さえ間違わなければ、そこそこヒットした作品だと思います。

ブレンダンが『ハムナプトラ』2作の間にこんなオバカコメディ出てるってだけでも笑えちゃう。ものすごく楽しそうに演技しててカワイイのです。

| | コメント (10) | トラックバック (4)

2004/07/12

ブレンダン・フレイザー、アニメ映画へ声の出演か?

FLiX Movie Siteより引用

2004/07/09 ブレンダン・フレイザー、アニメ映画へ声の出演か?
ブレンダン・フレイザーが、アニメーション映画『ビッグ・バグ・マン』(原題)で主人公の声の吹き替えをするかもしれない。主人公はキャンディー会社に勤めている哀れな男で、ストーリーは主人公が奇妙な力を持った虫に咬まれたことから展開していく。監督は人気アニメーシリーズ「シンプソンズ」のボブ・ベンデソンとピーター・シンがあたり、脚本はベンデソンが手掛ける。

ComingSoon.net
Brendan Fraser is a Big Bug Man

この作品、先日亡くなったマーロン・ブランドの最期のお仕事になったそうです。しかも、本人の希望で老婦人役だったんですって。声の吹き込みが終了しているというコトは作品自体はかなりカタチになっているのでしょうね。公開予定は2006年。まだまだ先ですねェ…。

それにしても、「ブレンダン、○○に出演か?(←?に注目)」という記事はたくさん見ますが、どーゆー訳か新作出演が決まらないブレンダン。仕事選んでるのかしら。それとも何か事情があるのかしら。

どんなオバカな役だって、ワタシは全然平気よ~。一生ついていくからね~。ゲイのスパイだって演じちゃってくれていいのよ~。

ブレンダンって声に特徴があるし、彼のファンじゃない人にも「声がイイ」と褒められるコトも多いので、声のお仕事もたくさんやってもらいたいなァとワタシは思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安いと侮ることなかれ(DVDプレイヤー)

DVDのおかげで映画をたくさん観るようになりました。何といっても、早送りや巻き戻しの煩わしさがないのは気の短い人間には有難い。しかも好きなシーンだけ何度も何度も観たいタイプなので、チャプターは便利です。VHSのようにテープが伸びて画質が劣化することがないのもいいですよね。

当初はPS2でDVDを再生していました。純正のリモコンまで買ったのに、ある日突然、セルDVDが再生出来なくなりました。ゲームは出来るのに…。

フトコロ寂しい時期だったので、近くのホームセンターで7千円くらいの安いDVDプレイヤーを買ったんです。同僚には笑われましたけどね。「そんな安モン買って」って。

ところがね、こいつがなかなか頑張ってくれるんですよ。

まず、メディアはDVD±R、DVD±RW対応。RWも再生出来るのはホントに有難いんです。

そして、今日も助かったのが国内一流ブランドのプレイヤーで再生出来ないようなメディアでも問題なく再生してくれちゃうこと。

職場ではAIWAのプレイヤーで読み込めなかったメディアを簡単に再生。AIWAのプレイヤーでは「メディアが汚れています」っていうエラーが出てまったく再生出来なかったんです。

今日は東芝のDVD+HDDレコーダーでは途中でエラー表示が出てしまうメディアを何てことなく再生してくれちゃいました。

DVD+HDDレコーダーを購入したので、安いDVDプレイヤーは必要ないかなと思っていたのですが、全然手放せないんですよね。レコーダーが録画中もこいつでDVDが観れちゃうし。

ホント、バカにしたもんじゃありませんよ。確かに値段の高いプレイヤーと比べると、画質・音質に差はあるのかもしれないけれど、そこまで気にしないしね。

その名も[AVOX ADP-002S]。リモコンもチープな感じがとってもステキです。こいつが壊れたら、また激安プレイヤーを1台購入しちゃうもーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

日本盤DVDの画質は悪い・・・?


ワタシの好きな俳優さん2人が共演している大好きな作品『ゴッドandモンスター』。主演は『ロード・オブ・ザ・リング』でガンダルフを演じたイアン・マッケラン。そして、共演者にはブレンダン・フレイザー。

ブレン出演作ではいまだに"最高の演技"とも言われている作品でもあります。(ワタシにとっては、どのブレン作品も最高の演技なんだけどネ)

日本盤DVDを持っているのですが、3回観た頃から「今どき、サイズが4:3ってヘンだな」と思ったんですよ。あと、「色彩がボヤけている。わざとこーゆー風に撮ったのかなァ」とも。

日本盤には特典映像も無かったし、どうしてもワイドスクリーンで観たかった事もあり、米国盤(リージョン1)のDVDを購入してしまいました。

それ観て愕然…。画質も全然違うじゃないのヨ。何なのよ、この色合いの違い。日本盤の方は激しく茶ばんでいるんです。「日本ではビデオスルーとなり、ファンの署名活動で何とか劇場公開までに至った」というこの作品の経緯は知っていたので、「まさかDVDの扱いも粗雑なのでは」と思ってはいたのですが、これってそーゆーコトなのかな?

まァ、ゲイのオジイチャンが主人公ですし日本市場では売れないと見込んで、予算を掛けられなかったのかもしれません。(どーゆー風にセルDVDにするのか分からないので何とも言えませんが…)

でもね、ホント泣きたくなりました。海外作品のDVDは画質が悪い場合もあるとは聞いていたのですが、こんなに違うなんて。それとも米国盤の方がデジタル処理か何かをして綺麗になっちゃっているとか…?

もし、この作品が大好きという方は是非とも一度、リージョン1のDVDをご覧になって下さい。送料掛けても日本盤より安いですし、画質・特典映像ともに絶対に満足出来ます。(もちろん専用のプレイヤーやDVDドライブのリージョンコード変更などしないと観られません)

まぁ、もっとも高い壁は全部英語って事なんですけどねェ…。英語分からないので、結局日本盤のセルも放り投げられないのですよ。英語堪能な人はいいなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

ブレンダン来日記者会見の様子 (日本語サイト)

ブレンのインタビューや記者会見の様子が掲載されているページをブックマークしておこうっと。ちなみに日本語のサイト限定。やっぱり、2001年ハム2のジャパン・プレミアのインタビュー記事が多いです。

ユニバーサル・ジャパン 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
ブレンダンが喋ってる~。動いてる~。でも、この頃なぜか老けて見える。ホントはもっと可愛いのにね。働きすぎ?
(2001年5月 ジャパンプレミア&記者会見オンデマンド配信)

CINEFEX 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
最終ページ、ブレンの写真の下に「ひとつひとつの質問にじっくり考え、丁寧に答えてくれたシャーリズ・セロン。」というコメントが…。なぜ?
(2001年5月 来日記者会見の様子)

MOVIE Watch 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
ブレン眠いの~? 1ページ目の写真の顔、トローンとしてます(笑)。
(2001年5月 来日記者会見の様子)

DVD映画ポータル 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
こちらは写真がいっぱいあります。ブレンの大きさが分かるワ。
(2001年5月 来日記者会見の様子)

ユナイテッド・シネマ 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
2001年来日記者会見の中では、ここの写真が一番キュートに写ってます。そうそう、これがブレンの表情なのよ~。撮影された方がお上手なのね(笑)。記事を書かれた方のコメントも優しくってステキです。
(2001年5月 来日記者会見の様子)

産經新聞 Cinema Clip 『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』
ここの写真がカワイイ~♪ とても30歳には見えません。右上の写真はちょっぴり営業スマイル? これがまたキュート。
(1999年6月 来日記者会見の様子)

CINEFEX 『ジャングル・ジョージ』
最終ページのブレンの写真が好き~♪ ブラックスーツが相変わらず決まってる~。でも、記事の中に「サイアン・マッケネン」っていう人が出てくる…。"サー"だよ、"サー"。ショボーン。
(1997年12月 来日記者会見の様子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

クリスマス・キャロル(A CHRISTMAS CAROL) ★★★★

製作:1938年アメリカ 監督:エドウィン・L・マリン 
出演:レジナルド・オーウェン、ジーン・ロックハート、テリー・キルバム

【STORY】1世紀前のロンドンのクリスマス・イヴ。商社を営むスクルージは金持ちなのに寄付金も断るケチな男だった。貧しくとも明るい笑顔を交わす善意の人達と、未だ目覚めぬ暗く強欲非情の人とが、クリスマス・イヴに共に喜びを分かち合う。(ドラマ)
-------------------------------------

今まで人の気持ちを顧みるコトのなかった人間がわずかな時間でそこまで変われるのだろうか? そんなに簡単なモノ?

きっと、クリスマスだから全てが許されるんでしょうね。日本人はクリスマスに特別な想いは持っていませんので理解し難いところもあるけれど、クリスマスは世界中のすべての人に幸せが訪れる奇跡の起こる日なのですよね。

ものすごい暑い日にダラダラ汗を流しながら観たのですが、なぜだか涙も一緒にボロボロと出てきちゃいました。ビル・マーレーの『三人のゴースト』は昔テレビで観たことがあるので、『クリスマス・キャロル』のストーリーは知っているのですが、古い作品のせいか何もかもが素朴でとっても良かったです。コメディタッチで笑えるトコロも一杯あったし。

こーゆー作品を観て、たまには優しい気持ちにならないといけないな~って思いますね。

(2004年7月・CS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »