« ブレンダン・コレクション | トップページ | サウスパーク 無修正映画版(SOUTH PARK: BIGGER, LONGER & UNCUT) ★★★ »

2004/06/21

二十日鼠と人間(OF MICE AND MEN) ★★★★

製作:1992年アメリカ
監督:ゲイリー・シニーズ
ジャンル:ドラマ

出演:ジョン・マルコビッチ、ゲイリー・シニーズ、レイ・ウォルストン、ケイシー・シーマツコ、シェリリン・フェン


【STORY】 1930年、大恐慌時代のカルフォルニア。小柄で頭の切れるジョージと、巨漢だが知恵遅れのレニーの2人は、農場から農場へ渡り歩きながら労働に明け暮れる日々を送っていた。レニーは気持ちの優しい男だが、他愛のない失敗でよく面倒に巻き込まれるのが日常茶飯事だった。そんなレニーを聡明なジョージ何かとかばい、レニーは行動の全てをジョージに支持してもらい頼りきっていた。いつかは牧場主になるという夢を楽しそうに語る2人。そして彼らは、次の働き場所タイラー牧場へと向かうが…。
-------------------------------------

どーやらワタシ、ゲイリー・シニーズが好きみたいなんです。ハイ…。

顔はどっちかというと悪役顔ですよねェ。でも、ヒーロー演じてもバッチリとハマっちゃうんですよね。主役も出来るし、クセのある脇役も出来る。いい俳優さんだと思います。

ジョン・マルコビッチもジョン・マルコビッチだと意識して観たのは、この作品が初めてでした。顔は怖いのに、子供みたいに無邪気なレニーを本当に上手に演じてました。舌足らずで「ジョージ↑」って呼ぶところとか、ウサギの話をするところとか、本当に子供みたいで可愛らしかったな。これからも注目したい2人の俳優を見つけた作品になりました。

それにしても、ラストは想像出来たけど、「ハァ…」って感じ。あれしか方法は無かった訳だけど、途中までジョージやレニーと幸せになる夢を一緒に見ちゃっただけに切なかったなァ。

死んだネズミの話やおじいさんの飼っていた犬の話がラストに繋がるとは…。あと、冒頭の逃げている赤い服の女性も全部が伏線ですね。ぼんやりと観ていると、「何だか盛り上がりに欠ける映画だな」って思ってしまうかも。その位、淡々と物語が進んでいきますから。

こーゆー作品ってモノローグが多くてイライラする場合が多いのですが、ラストは何にも語らずに余韻だけを残しています。うーん、ゲイリー・シニーズ監督やりますね。

それにしても、ゲイリー・シニーズって勝手に大男だとイメージしていたのですが、意外に華奢だったので驚きました。IMDbによるとジョン・マルコビッチが188cm(185cm説もあり)、ゲイリー・シニーズ178cmだそうです。

(2004年6月・DVDレンタル)

|

« ブレンダン・コレクション | トップページ | サウスパーク 無修正映画版(SOUTH PARK: BIGGER, LONGER & UNCUT) ★★★ »

映画の感想--ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37680/3192902

この記事へのトラックバック一覧です: 二十日鼠と人間(OF MICE AND MEN) ★★★★:

« ブレンダン・コレクション | トップページ | サウスパーク 無修正映画版(SOUTH PARK: BIGGER, LONGER & UNCUT) ★★★ »